このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】育毛シャンプーでは発毛しない! 本来の目的と効果とは

シャンプーケア

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛にお悩みの方の中で、薄毛対策に育毛シャンプーを使用している人は多くいらっしゃいます。しかし育毛シャンプーの本来の目的は「発毛」ではないため、育毛シャンプーによる発毛・増毛効果は期待できません。では、育毛シャンプーには一体どのような効果があるのでしょうか。今回のAGAタイムスでは育毛シャンプーの本来の目的や一般的なシャンプーとの違い、正しい洗髪方法などをご紹介します。

育毛シャンプーで髪の毛は生えてこない!

「発毛」と「育毛」には明確な違いがあります。発毛とは脱毛した部分の毛母細胞を活性化させて毛根から新しい髪の毛を生やすことをさし、育毛とは今生えている髪の毛を健康的に育てることをいいます。育毛シャンプーには発毛を促す成分が入っているわけではないため、育毛シャンプーで発毛したり薄毛が治ったりすることはありません。

【健康的な髪の毛を育てるには頭皮環境を整えることが大切】

髪の毛の成長に必要な栄養素や酸素は血液によって頭皮の毛細血管まで運ばれます。そのため健康的な髪の毛を育てるためには髪の毛の土台となる頭皮の環境を正常に保ち、頭皮の血流を良好にすることが大切です。しかし生活習慣の乱れや過度なシャンプーなど様々な影響で頭皮環境が悪化すると、頭皮の乾燥やフケ、かゆみ、皮脂の過剰分泌などの頭皮トラブルを引き起こす可能性があります。

頭皮の皮脂が過剰に分泌されて毛穴に皮脂や汚れがつまると栄養素や酸素が頭皮の毛細血管まで十分に行き渡らなくなり、育毛が阻害されて細く弱い髪になってしまう恐れも。また皮脂や汗が分泌されると皮膚の常在菌であるマラセチアが異常に繁殖し脂漏性皮膚炎を招く場合があります。脂漏性皮膚炎によって頭皮に炎症が起こると抜け毛にも繋がりかねません。

育毛シャンプーはこのような頭皮トラブルを防止し、今生えている髪の毛が健康的に育つような頭皮環境をつくることを目的としたシャンプーです。発毛効果は期待できないとはいえ髪の毛を育てるのに大切な頭皮を健康的に維持する効果が期待できるため、結果的に薄毛や抜け毛の予防に繋がるでしょう。

育毛シャンプーに含まれる成分とその効果

ここで育毛シャンプーに含まれる代表的な有効成分をご紹介します。

【育毛シャンプーに含まれる代表的な有効成分】

●クララエキス
マメ科植物「クララ」の根から抽出される成分で、漢方では「苦参(クジン)エキス」とも呼ばれています。この成分は髪の毛の生成に関わる毛母細胞を活性化させる働きがあるといわれているほか、殺菌・抗菌作用、男性ホルモンの抑制作用など様々な作用があるとされているため、育毛促進効果が期待できます。
●センブリエキス
リンドウ科植物「センブリ」から抽出される成分のこと。「当薬(トウヤク)」とも呼ばれており、生薬にも用いられる成分です。抗炎症作用や血行促進作用、抗酸化作用、細胞分裂を活発にさせる作用などがあるといわれています。
●ヒバマタエキス
ヒバマタ科の海藻から抽出されるエキスで、育毛に良いとされるミネラルやアミノ酸が多く含まれているのが特徴です。主に血行促進作用のほか保湿効果や皮膚再生作用があることから、頭皮環境の改善に期待できます。
●ローズマリーエキス
抗菌作用、抗酸化作用、消炎作用などによりフケやかゆみなど育毛の妨げになりうる諸症状の改善が期待できます。

育毛シャンプーは様々な有効成分などが含まれていることから、一般的なシャンプーよりも値段が高い傾向にあります。しかしこれらの有効成分は頭皮トラブルを抑制して頭皮環境を良好に保ったり、血行促進作用による育毛効果が期待できる成分が含まれています。そのため「今のうちから薄毛予防をしておきたい」「頭皮のかゆみを抑えたい」という方に育毛シャンプーは有用であるといえます。

商品によっては上記のような成分以外のものが様々含まれている場合があります。育毛シャンプーを購入する際はボトルの裏面に記載されている成分表を確認してみてると良いでしょう。

頭皮に良いシャンプーの選び方

シャンプーには「界面活性剤」という洗浄成分が含まれています。この成分は水と油に馴染みやすい性質があり、これによって髪の毛に付着した汚れや皮脂汚れなどを浮かせて洗い落とすことができるのです。

界面活性剤は一般的なシャンプーだけでなく育毛シャンプーにも含まれていますが、界面活性剤の種類によっては洗浄力が強く自分の肌に合わない場合があり、人によっては頭皮トラブルを招く恐れがあります。もしも「今使っているシャンプーが肌に合わない」「頭皮がかゆくなる」「髪の毛が軋む」など何らかのトラブルがある場合、自分の肌に合うシャンプーを選ぶことをおすすめします。

【界面活性剤の主な種類と特徴】

界面活性剤は様々な種類がありますが、シャンプーに使用される界面活性剤は大きく分けて高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類に分けられます。

◯高級アルコール系
石油由来の界面活性剤が含まれる高級アルコール系界面活性剤は、市販されている一般的なシャンプーのほとんどに含まれています。洗浄力が高く泡立ちも良いため、汚れをしっかりと洗い流すことができるのが特徴です。しかしその洗浄力の高さゆえに必要な皮脂まで余分に洗い流し、頭皮のバリア機能が低下する場合があります。
  • 《高級アルコール系界面活性剤の代表的な成分》
  • ・ラウレス硫酸Na
  • ・ラウリル硫酸Na など
◯石鹸系
石鹸系の界面活性剤はヤシ油などの自然由来の成分で作られていますが、このタイプのシャンプーも比較的洗浄力が高く人によっては乾燥などの頭皮トラブルが起る可能性も。頭皮は弱酸性ですが石鹸はアルカリ性であるため場合によっては髪の毛のゴワつきや軋みが生じることもあります。
  • 《石鹸系界面活性剤の代表的な成分》
  • ・カリ石けん素地
  • ・脂肪酸Na など
◯アミノ酸系
オーガニックシャンプーや育毛シャンプーに多いとされる、アミノ酸系の界面活性剤。上記2種類の界面活性剤に比べ洗浄力が穏やかなため、頭皮の皮脂の分泌量をコントロールする効果が期待できます。髪の毛の主成分と同じアミノ酸由来のため頭皮や髪への刺激が少ないとされていますが、アミノ酸系シャンプーを使うことで髪の毛が太くなったり毛量が増えたりするわけではありません。
  • 《アミノ酸系界面活性剤の代表的な成分》
  • ・ココイルグルタミン酸K
  • ・ラウロイルメチルアラニンNa など

正しいシャンプーとブローの方法

薄毛や抜け毛予防で意外と見落としがちなのが、シャンプー方法です。髪の毛や頭皮のケアは毎日の積み重ねが大切です。少し面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、誤ったシャンプー方法を続けていると頭皮トラブルを招く可能性があります。これを機に今までのシャンプー方法を見直してみてはいかがでしょうか。

◯入浴前に髪をブラッシングする
入浴前に髪の毛に付着した汚れやホコリなどをブラッシングである程度取り除くことで、シャンプーの泡立ちがよくなります。
◯シャンプー前にしっかりとぬるま湯で髪の毛を洗う
乾いた頭皮にいきなりシャンプーをつけるのはよくありません。まずはぬるま湯でしっかりとすすいで頭皮の汚れやホコリを取り除きましょう。それによって使用するシャンプー量も少なく済むため、頭皮への刺激を抑える効果も期待できます。また湯温が高いと頭皮の乾燥や炎症を招く場合があるので気をつけましょう。
◯シャンプー液は一度手のひらで泡立てる
シャンプーを泡立たせることで汚れが落ちやすくなるため、シャンプー液は一度手のひらの上でしっかりと泡立てシャンプーの泡が髪全体に行き渡るように洗います。
◯ゴシゴシ洗いは厳禁
ゴシゴシと爪を立てて洗うと頭皮が傷ついたり、頭皮の皮脂を取り過ぎてしまう可能性があります。なるべく指の腹でマッサージをするように、やさしく洗いましょう。
◯すすぎも念入りに
シャンプーが頭皮に残らないよう、しっかりすすぎましょう。ただし、ここでゴシゴシ洗うのも厳禁です。ゆっくり丁寧に洗い流してください。

【髪の毛の乾かし方にも注意しよう】

◯タオルでやさしく水分を拭き取る
ドライヤーを使用する前に、髪の水分をタオルでしっかりと拭き取ります。ゴシゴシと力任せに拭くのは厳禁です。髪が長い人はタオルで髪の毛をはさみ込むようにして軽く押さえ、やさしく水分を拭き取ります。このときの力加減は軽くたたく程度がよいとされています。
◯髪とドライヤーとの距離を離して根元から風をあてる
髪の毛を手ですくい、持ち上げるようにして温風をあてます。キューティクルは根元から毛先に向かって髪の表面を覆っているため、その流れに沿うようにして温風をあてることで髪にツヤが生まれやすくなります。このとき髪とドライヤーとの距離は20cm以上離しましょう。またドライヤーの口を振るように使用すると、髪や頭皮の表面温度が高くなりすぎなくなります。毛先は特に傷みやすいうえに根元からの熱伝導で次第に乾いてくるので、毛先をドライヤーで直接乾かすのは短時間にとどめましょう。
◯温風から冷風に切り替える
7~8割ほど髪の毛が乾いたら、ドライヤーを冷風に切り替えます。こうすることでキューティクルが引き締まり、髪にツヤがでやすくなるほか指通りも滑らかになります。最後にヘアブラシで髪を整えて終了です。このとき、髪の毛がしっかりと乾いているかチェックしておきましょう。髪の毛が濡れた状態のままヘアブラシを使うと、ヘアブラシの摩擦でキューティクルを傷めてしまう恐れがあります。

本当の発毛ケアは薄毛の原因を知ることから

薄毛の原因は様々ありますが、成人男性の薄毛に多いとされるAGA(男性型脱毛症)は悪玉男性ホルモンが主な発症原因であるといわれています。そのメカニズムは男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」によって、髪の毛の生え替わりの周期「ヘアサイクル」が乱されて薄毛が進行するというもの。そのため抜け毛を防ぎ発毛を促すためには、乱れたヘアサイクルを正常に戻さなければなりません。つまり、頭皮環境を整える育毛シャンプーだけでは薄毛の根本の原因を解消することができないのです。

AGAを改善するためには根本的な治療も必要ですが、治療効果を発揮するには頭皮環境が整っていることも必須条件であるといえます。育毛シャンプーには発毛効果やAGAなどの薄毛に対する直接的な改善効果はないものの、頭皮環境の改善効果などがAGA治療の効果を高めることは期待できるでしょう。

◯発毛には「ミノキシジル」が有効

ミノキシジルはAGA治療に使用されている有効成分の一種で、髪の毛の生成に関わる毛母細胞を活性化させることで発毛を促す働きを持っています。AGA治療に使用されるミノキシジル含有治療薬は内服薬と外用薬の2タイプ。血中から薬効を発揮する内服薬に対し、外用薬は体の外部の頭皮から薬剤を浸透させて薬効を発揮します。有効成分は同じでもそれぞれ異なる面から作用するため、内服薬と外用薬を併用した治療も行われることがあります。

ミノキシジル含有の治療薬は基本的にAGA治療専門クリニックなどで診察を受けたのち医師の処方により手に入れることができます。最近では診察を受けずに個人輸入で海外から仕入れる人も増えているようですが、インターネット上には偽造された治療薬が出回っているのも現実です。偽薬である場合のリスクや副作用の程度など様々な危険性を孕んでいるため、ミノキシジルに限らず医薬品の個人輸入はおすすめできません。

またAGA治療専門クリニックであれば発毛効果のあるミノキシジルのほかにも「フィナステリド」や「デュタステリド」といった成分を含んだ治療薬を処方してもらうことができます。有効成分のフィナステリドやデュタステリドはAGAの原因である5αリダクターゼを抑制する働きがあるため、AGAによる抜け毛の改善が期待できます。AGA治療専門クリニックであればミノキシジルと併用してフィナステリドやデュタステリドを処方してもらえるため、より高いAGAの改善効果が期待できるといえるでしょう。

薄毛治療はAGAヘアクリニックにご相談ください

薄毛の悩みはなかなか人に相談しにくく「育毛シャンプーなどのセルフケアでなんとかしたい」と思っている方は少なくないかもしれません。しかし育毛シャンプーの役割には限界があり、薄毛の原因がAGAである場合根本的な治療をするためには医師の処方薬が必要です。AGA治療の値段や効果が気になる方は、AGA治療専門クリニックなどで医師に相談することをおすすめします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下当院)では、ミノキシジルやデュタステリドをはじめ様々なAGA治療薬をご用意しております。カウンセリングや診察、お会計、治療薬の処方などは全て個室で実施しているため「人目が気になる」という方も安心。診察やカウンセリングは無料なので、薄毛治療に興味のある方は当院までお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について