このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛への近道! 頭皮の健康を考えるなら知っておきたいシャンプーの種類・洗髪方法

シャンプーケア

日々のシャンプーは頭皮環境の健康維持に必要であり、育毛にとっても大切な習慣です。そのため自分にあったシャンプーや洗髪方法を見つけることで、頭皮環境の改善が期待できるでしょう。そこで今回のAGAタイムスは、シャンプーの種類や特徴、頭皮に良いとされる洗髪方法をご紹介します。

薄毛とシャンプーの関係

薄毛に悩む成人男性のほとんどが該当するとされるAGA(男性型脱毛症)。男性ホルモンの影響で発症するAGAは内服薬や外用薬での治療で改善を見込むことができますが、頭皮環境が整っていないと治療の妨げになり、薄毛を悪化させてしまう恐れがあります。シャンプーによって頭皮環境を良好に保つことは薄毛予防にも繋がるのです。

シャンプーの種類

近年は様々な種類のシャンプーが出回っており、配合されている洗浄成分によって特徴が異なります。しかし中には成分が肌に合わず頭皮環境を悪化させてしまう可能性がある商品もあるので、自身の肌質にあったシャンプーを選ぶことが大切です。

シャンプーに含まれる洗浄成分(界面活性剤)には代表的な3種類があります。1つ目は高級アルコール系シャンプーです。一般的に石油系シャンプーともいわれており、比較的安価で購入できる特徴があります。洗浄力が強いとされるため、頭皮がべたつきやすい方や整髪料を常用される方には良いかもしれません。その反面、高い洗浄力が原因で皮脂を落とし過ぎてしまうというリスクがあり、乾燥肌や敏感肌の方には頭皮に負担をかけてしまう恐れがあるでしょう。

2つ目は界面活性剤にアミノ酸を使用した、アミノ酸系シャンプーです。アミノ酸は人体を構成するタンパク質の一種であり、高級アルコール系シャンプーに比べて穏やかな洗浄力で頭皮に優しいといわれています。

3つ目は高級アルコール系シャンプーと同等の高い洗浄力を持つ石鹸系シャンプーです。石鹸はアルカリ性であるため肌への刺激が強い傾向にあり、乾燥肌やアトピー性皮膚炎がある方は使用を避けたほうが良いかもしれません。

【シリコン配合とノンシリコン】

シャンプーを分類する上で考慮しておきたい成分に「シリコン」があります。シリコンは耐油性・耐熱性・耐酸化性の高い合成化合物であり、シリコン配合の有無によって洗髪の際に髪や頭皮に与える影響が変わってきます。

シャンプーに含まれるシリコンは傷んだ髪の表面を滑らかにするコーティング剤の役目を果たしています。シリコン配合のシャンプーは手触りやツヤが良くなる特徴があり、シリコン無配合のノンシリコンシャンプーは洗い上がりに指通りの悪さや軋みを感じることがあります。ただしシリコン配合シャンプーによる影響は、あくまで髪の表面に施しているコーティングの効果によるもので髪自体のダメージが修復されるわけではありません。

女性専用の薄毛治療について

正しいシャンプー方法とは?

薄毛対策や育毛に効果が期待できる正しいシャンプー方法をご紹介します。

【シャンプー前の下準備】

◯髪の毛を濡らす前にブラッシング
髪の毛に付着した皮脂汚れや整髪料をブラッシングで浮かせてシャンプー時に落としやすくします。
◯湯船に浸かる
湯船に浸かって体を温めることで、頭皮の毛穴が開き皮脂や汚れを落としやすくなります。
◯ぬるま湯で予洗い
40度以下のぬるま湯で2分間ほど予洗いすると、頭皮の汚れや皮脂を大半落とすことができるといわれています。また予洗いをすることによってシャンプーの量を少なく抑えることもできるでしょう。

【シャンプーの手順】

◯シャンプーを少量手に取り泡立てる
500円玉程度のシャンプーを手に取り手のひらで軽く泡立て、髪の毛に馴染ませるように洗います。
◯指の腹で地肌を洗う
頭部全体にシャンプーの泡が行き届くように洗います。生え際から頭頂部に向けて指の腹で頭皮をマッサージするように洗うことで血行促進効果が期待できます。
◯しっかりと洗い流す
シャンプーの洗い残しは雑菌の繁殖や頭皮の痒みなどの原因となる可能性があるため、しっかりと洗い流しましょう。

シャンプーを使わない「湯シャン」

湯シャンとは、シャンプーやコンディショナーなどを一切使わず、お湯だけで洗髪する方法です。頭皮の洗浄をお湯だけにすることによって皮脂を適度に残し、本来髪や頭皮が持っているバリア機能を取り戻すことができると考えられています。

【湯シャンの方法】

◯湯シャンは下準備が大切
湯シャンをする前に、まずはブラシで髪のホコリや汚れを落としておき、シャワーの温度は頭皮の負担を軽減するため40度以下のぬるま湯に設定しましょう。
◯ゆっくりと時間をかけて洗髪
頭全体をぬるま湯ですすぎ、指の腹を使ってマッサージをするように3~5分程度ゆっくりと洗髪します。髪の毛が長い方はヘアブラシや手ぐしで優しくブラッシングしながら洗うと良いでしょう。ヘアブラシを使用する際は、頭皮を傷つけないように先端が丸いものやシャンプー用ブラシを使用することをおすすめします。
◯しっかりと水分を拭き取る
洗髪を終えたら髪と地肌を優しく抑えるようにして水分を拭き取ります。水分を拭き取るときは強く擦らないように注意しましょう。
【湯シャンの際のポイント】
湯温が高いと乾燥しやすくなりフケや痒みを助長する恐れがあるため、乾燥肌の方は湯温を高く設定しないようにしましょう。

湯シャンは健康的な髪や頭皮の本来ある機能を取り戻すことを目的としています。正しい方法によって頭皮本来の機能を取り戻すことができれば健康で丈夫な髪が生えやすくなるため、薄毛予防の期待もできます。しかし効果には個人差があり、場合によっては湯シャンによって頭皮トラブルに陥る可能性もあります。自分自身の頭皮の状態を見極めた上でベストな方法を選択しましょう。

薄毛が気になる方はAGA治療専門クリニックへ

正しいシャンプーで頭皮環境が整っても抜け毛や薄毛が気になる場合は、AGAを発症している恐れがあります。薄毛が気になる方は一度AGA治療専門クリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)はプライバシーに配慮した完全予約制のAGA治療専門クリニックです。診察からお会計まで全て個室で対応しているため、人目が気になる方も安心して治療を受けることができます。また当院では頭皮環境を整えるオリジナルシャンプー・コンディショナーの取扱もございます。相談・診察は何度でも無料ですので、薄毛や頭皮環境に不安やお悩みがある方は是非一度、当院へお越しください。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について