このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】出産後の抜け毛は女性ホルモンの乱れが原因?女性の身体にはある変化が起きていた!

治療用シャンプーの効果とは
サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

出産後に抜け毛が増え、頭髪全体の薄毛に悩む女性は、決して珍しくないといわれています。出産後の女性に起こる抜け毛は「出産(分娩)後脱毛」と呼ばれ、程度に個人差はあるものの多くの褥婦(じょくふ)が経験するものです。しかしどんな理由であれ、若い女性にとって薄毛が心身に大きな負担を強いることは、想像に難くありません。

そこで今回のAGAタイムスでは、産後に起こる抜け毛問題の原因と対策を詳しく解説します。妊娠中の方、産後の抜け毛でお悩みの方はもちろん、パートナーが妊娠・出産を迎えた男性も、是非ご一読ください。

【原因その1】産後に変化する女性のホルモンバランス

妊娠から産後にかけて、女性の身体は大きな変化を起こします。妊娠中に増えた女性ホルモンが出産とともに急激に減少することで、その変化により不調をきたす恐れがあります。症状としては、むくみ、肌荒れなど様々なものがありますが、抜け毛の問題もそのひとつといわれています。

産後に起こる抜け毛や薄毛は、妊娠中に女性ホルモンが増加した影響で成長期に留まっていた髪の多くが、産後に女性ホルモンの急激な低下によって休止期に入ることで起こる「休止期脱毛」によるものです。

通常であれば休止期の髪は頭髪全体で10%程度なのに対し、休止期脱毛では40%程度まで上昇するといわれています。薄毛を自覚しだすのは、20%程になる頃とされていますので、その倍の量となってしまいます。休止期脱毛は平均して産後4カ月以内に始まり、半年ほど脱毛が続いたのち徐々に回復するのが一般的です。

【原因その1】産後の生活習慣の変化

ホルモンバランスの変化以外にも、産後の生活習慣も抜け毛の要因のひとつといわれています。女性は出産直後から子育てに邁進しなくてはならず、睡眠も栄養も十分に取れない生活が続く場合があります。

生活習慣が乱れた状態が続くとホルモンバランスがさらに崩れやすくなり、抜け毛につながる可能性があります。さらには、増え続ける抜け毛を気にすることがストレスとなり、それによってますますホルモンバランスが乱れてしまうという悪循環を生む危険性もあるのです。

抜け毛を減らしていくには栄養ある食生活を

産後の抜け毛や薄毛を改善するため、まずは食生活から見直していきましょう。育毛効果が期待できる食品の一部をご紹介します。

1. 大豆
大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、IGF-1といわれる髪の成長を促す因子を増加する作用が報告されています。育毛と関係性が深い栄養素なので、納豆や豆腐など積極的に食べると良いでしょう。また大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た分子構造を持っていることから、更年期症状の緩和や骨粗しょう症の予防などの効果も期待できます。
2. 肉、魚、卵
髪はケラチンと呼ばれるたんぱく質から作られているので、たんぱく質が不足すると切れ毛や抜け毛を招く恐れがあります。前述の大豆にも豊富なたんぱく質が含まれますし、もちろん肉や魚、卵からも摂取することができます。
3. まぐろ、カツオ、豚肉、レバー
たんぱく質と一緒に摂取したいのが、ビタミンB群です。髪を構成する主な成分であるケラチンを合成するためにはビタミンB6が必要不可欠なので、たんぱく質とセットでビタミンB群を摂取することが効果的なのです。まぐろ、カツオ、豚肉、レバーは、ビタミンB群とたんぱく質をどちらも摂取できるので特におすすめです。

産後でも睡眠の質は大切

食事のほかに気をつけていただきたいのは睡眠です。とはいえ、子育て真っ最中の方はどうしても睡眠時間が短くなってしまいます。そこで、短い睡眠時間でも良質な眠りを得るための方法をご紹介します。秘訣は「セロトニン」と呼ばれるホルモンを増やすことにあります。セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、心の安定をもたらす効果があり、安眠効果が期待できます。セロトニンは日常生活で増やすことができるのです。

1. 食事でセロトニンを増やす
牛乳、チーズといった乳製品、豆腐や納豆といった大豆食品、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類はセロトニンの分泌を助けますから、積極的に摂取しましょう。
2. 日光を浴びる
セロトニンは日光を浴びることでも増加します。育児の合間に短時間でも外に出て、日光を浴びるようにしましょう。ただし、長時間日光を浴び続けると紫外線がお肌や頭皮にダメージを与える可能性もあるため程々におこなうのが良いでしょう。またどうしても外出できない場合には、カーテンを開けて外の光を部屋に入れるだけでも効果的なので是非試してみてください

その他にも髪が長かったり、シャンプーの回数が2日に1回よりも少かったりと、頭髪を清潔に保っていないこと。髪を束ねたりパーマをかけたりしているなど、頭髪への負担や刺激がある女性は、薄毛が進行してしまう可能性があるので注意が必要です。

産後脱毛も治療できます

通常、産後の抜け毛や薄毛は、半年~1年で自然に治るといわれているため必要以上に心配することはありません。しかし、一刻も早く改善したい方は、是非今回ご紹介した対策を実践してみてください。

特に、エストロゲン様作用を持つ大豆イソフラボンを含んだ大豆食品はおすすめの食材です。豆腐や納豆から「大豆イソフラボン」と「たんぱく質」を同時に摂取して、積極的に産後の抜け毛対策をしていきましょう。それが、女性の大切な髪を守ることにつながります。

また東京・秋葉原に位置するAGAヘアクリニックでは女性の薄毛に効果的なお薬を処方しています。診察や相談は無料で行なっておりますので、もし出産後の抜け毛が気になる場合には医師に相談してみることも一つの手段として考えておきましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について