このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】アミノ酸が発毛に効果的ってホント? その答えはケラチンにあり!

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛や抜け毛に悩み、育毛シャンプーや育毛剤など色々な方法を試してきたのに「一向に効果が出なった」という経験はありますか? たしかに良質な育毛シャンプーや育毛剤には、一定の育毛を促す効果があるといわれています。しかし体の健康に十分な栄養素が足りていない場合には、健康な髪を作る効果が発揮されない可能性があります。

健康な髪の元となる栄養素は、ビタミン、亜鉛など色々ありますが、今回はその中でも大切な栄養素の1つであるアミノ酸に焦点を当て、アミノ酸の効果と、サプリメントで効率的に摂取する方法をご紹介します。育毛シャンプーや育毛剤で効果が出なかった方は参考にしてください。

栄養不足と薄毛の関係

忙しいとついついコンビニやファストフードで食事を済ます方も少なくないでしょう。しかし健康な髪を作るためには、必要な栄養素をしっかり摂取することが何より大切です。その理由は、私たち人間の体の仕組みに隠されています。

食事によって体内に栄養が蓄えられると、その栄養はまず生命活動を維持するための部位(心臓や血管、筋肉など)に使われます。そして残った栄養が、爪や髪の毛などの生命維持に直接関係のない部位に送られます。そのため、もし栄養が不足した場合には、髪の毛には栄養が送られなくなる可能性があります。髪に栄養がいかなくなると、当然髪の成長は阻害されて、結果的に薄毛や抜け毛へと繋がってしまうのです。

いくらシャンプーや薬を使って外から薄毛対策を行ったとしても、ベースとなる栄養素が足りていなければ十分な効果が発揮されません。そして髪を育てるのに特に必要となる栄養素というものが存在します。そのひとつが「アミノ酸」です。

アミノ酸が毛髪に与える影響

私たちの髪の毛はどんな成分で構成されているかご存知ですか? その答えは「タンパク質」です。より詳しく説明すると、18種類のアミノ酸が結合したタンパク質である「ケラチン」という物質によって構成されています。アミノ酸が不足すると、このケラチンが十分に生成されなくなるため、ハリやコシのない細い髪の毛を作ってしまったり、薄毛や抜け毛の原因になってしまう可能性があるのです。18種類のアミノ酸の中でも、特に意識して摂取したい2つのアミノ酸をご紹介しましょう。

《シスチン》
ケラチンを構成するアミノ酸の中で、もっとも多く含まれる成分です。シスチンは人間の体内、主に肝臓で生成することができますが、加齢とともにその量は減少します。シスチンを豊富に含む食べ物としては、魚介類ならイワシ、マグロ、カツオ、エビなど。野菜ならブロッコリー、たまねぎ、芽キャベツなど。果物では柿や栗などが挙げられます。
《メチオニン》
体内でシスチンを生成しているのがこのメチオニンとセリンです。髪の毛を構成する18種類のアミノ酸の中でも、特に重要なものの一つといわれています。メチオニン自身は体内で生成することができないため、食べ物で摂取する必要があります。メチオニンを豊富に含む食べ物としては、魚介では、アサリ、しじみ、カキ、アジ、昆布など。野菜ではキャベツ、ほうれん草、にんじん、大豆、白菜など。その他、牛乳やチーズといった乳製品にも含まれています。

アミノ酸をきちんと摂取するために

アミノ酸を摂取するには、前述の食物を食事の中で取り入れることが望ましいですが、忙しい日々の中で食事をコントロールすることが難しい方も少なくないでしょう。そういった場合には、サプリメントの活用もおすすめです。サプリメントを摂取する際に気をつけたいのは、特定のアミノ酸だけを過剰に摂取するのではなく、色々なアミノ酸をバランスよく摂取することです。

アミノ酸の特徴として、特定のアミノ酸のみを大量に摂取してアミノ酸全体のバランスが崩れると、本当は十分な量のアミノ酸を摂取していても、相対的にアミノ酸が不足していると体が錯覚してしまいます。これは「アミノ酸インバランス」と呼ばれるもので、この状態が長期的に続くと脂肪肝など思わぬ悪影響を及ぼす恐れもあります。

アミノ酸をサプリメントで摂取する際は、各種アミノ酸がバランスよく含まれた製品をちゃんと調べ、選ぶようにしましょう。

その他気をつけたいこと

他にも、いくつか気をつけてほしいことがあります。まずひとつは過剰摂取です。アミノ酸の過剰摂取は、腎臓や肝臓に負担をかけます。腎臓や肝臓に障害がある方、または妊婦の方もサプリメントを摂取する際は医師に相談しましょう。

次にサプリメントだけに頼らないように意識するということです。薄毛の背景には過剰な喫煙・飲酒、睡眠不足といった生活習慣の乱れが潜んでいる可能性があります。サプリメントによって栄養を摂取しているからと油断せず、生活習慣全体を見直して根本から薄毛や抜け毛を改善していきましょう。

本当に薄毛を改善したいならなにをすればよいのか

アミノ酸は健康な髪の毛を作る上で非常に大切な栄養素です。サプリメントはアミノ酸を手軽に摂取できて大変便利ですが、摂り方を誤ると体に悪影響を及ぼすリスクもあります。どんな栄養素もバランスが大切です。偏ったり過剰な摂りすぎは控え、賢くサプリメントを活用しましょう。

栄養バランスを考えサプリメントを常用している場合でも、薄毛がなかなか改善されないこともあります。もし薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)の場合は医師の診察を受けた上で的確な治療を受ける方法が最も効果的であるといえます。東京・秋葉原にある薄毛治療専門の病院「AGAヘアクリニック」は診察を無料で行っています。まずは薄毛の原因を知るためにも医師の診察を受けてみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について