このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】髪の成長に必須!「ビタミン」と薄毛の関係性とは

治療用シャンプーの効果とは
サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

健康的な髪を育むには、規則正しい生活を送ることが大切です。十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動など、日々の生活においても、育毛のために見直せるところは少なくないでしょう。

そのなかでも、健康な髪の毛を作るために必要な栄養素を、積極的に摂取することは重要といえます。しかし多忙な生活を送るうちに、ついつい食事をおろそかにしてしまうこともあるでしょう。そんな時に重宝するのが、「育毛サプリメント」と呼ばれる育毛効果が期待できる数種類の栄養素を含んだ栄養補助食品です。

髪も体の他の細胞と同じく、栄養素や酸素を取り込むことによって成長するので、栄養が不足した状態では育毛に悪影響を及ぼす恐れがあります。育毛に関連する栄養素は多くありますが、今回はその中でも欠かせない栄養素である「ビタミン」をはじめとした、いくつかの栄養素について詳しく解説していきます。

薄毛や抜け毛を予防したい、健康な髪を保ちたいという方は、ぜひ参考にしてください。

育毛に効果的な栄養素とは

健康的な髪の毛を作るために大切な栄養素は色々ありますが、その中でも特に必須なものはタンパク質、亜鉛、ビタミンの3つといわれています。

髪の毛の成分はその大半がタンパク質でできており、体内で作り出すことのできないアミノ酸が主原料となっています。そのため、タンパク質が足りないと、髪を作るもとがなくなり、髪が細くなったり薄毛や抜け毛の原因になる恐れがあります。肉や魚などの動物性タンパク質と、豆腐や納豆などの植物性タンパク質をバランスよく摂取する必要があります。

そして、摂取したタンパク質を髪の毛に変える働きをするのが「亜鉛」です。亜鉛はタンパク質をサポートする働きがあるため、いくらタンパク質を摂取しても亜鉛が不足していると髪の毛は正しく作られません。さらに、亜鉛やタンパク質の吸収率を高めてくれる栄養素が「ビタミン」です。いくら栄養を摂取しても、吸収されずに体外に排出されてしまっては意味を成しません。

そういった意味で、ビタミンは重要な役割を持っているといえるでしょう。またビタミンには頭皮の新陳代謝や血行を促進し、髪の毛が育ちやすい環境を整える効果もあります。亜鉛とビタミンは体内で生成できないため、意識的に摂取することが大切です。

髪の毛の生成を助けるビタミン類

ビタミンの中でも、特に髪の毛に良い影響を与えるものをご紹介します。適した量を継続的に摂取することで、頭皮環境の乱れを予防・改善する効果が期待できます。

ビタミンA
頭皮の新陳代謝を促進します。不足すると皮膚の乾燥を招く恐れがある一方、過剰に摂取するとかえって抜け毛を増やす場合があるので注意が必要です。
ビタミンB群
頭皮を健康に保つうえで欠かせない栄養素です。細胞の代謝や血行を促すだけでなく、皮脂の分泌をコントロールする働きもあります。
ビタミンC
健康的な太い髪を作るために必要な、コラーゲンの生成や鉄分の吸収をサポートする働きがあるといわれています。また抗酸化作用により、老化を引き起こす活性酸素から身体を守る働きがあります。
ビオチン(ビタミンB7)
アミノ酸の代謝やコラーゲンの生成をサポートし、髪や頭皮の健康を維持する働きが期待できます。また新陳代謝を活発にして、白髪を予防する効果もあるといわれています。

ビタミンサプリ摂取にあたっての注意点

ビタミンがいかに髪の毛にとって大切な栄養素か、ご理解いただけたかと思います。できることなら普段の食事で意識して摂取することが理想的ですが、難しい場合にはサプリメントを活用しましょう。ビタミンサプリを利用する上での注意点をご紹介します。

1. ビタミンA、ビタミンEの過剰摂取は厳禁
先ほどご紹介したような、ビタミンの過剰摂取によって起こる症状のことを「ビタミン過剰症」と呼びます。特にビタミンAの過剰摂取は頭痛や吐き気のほか、頭皮の乾燥をまねいて抜け毛や薄毛に発展してしまうこともありますので注意が必要です。一日の推奨摂取量は約800μg程度とされています。また、ビタミンEの過剰摂取は胃もたれや頭痛をまねくことがあります。一日の推奨摂取量は100mg~300mg程度にしましょう。
2. ビタミンだけでなく、タンパク質や亜鉛もバランスよく摂取する
ビタミンを十分に摂取しても、タンパク質や亜鉛が不足しては十分な育毛効果が期待できません。先述したタンパク質や亜鉛はもちろん、その他のミネラルや炭水化物、脂質などの栄養素をバランス良く摂取することが、薄毛や抜け毛を予防することにつながります。

サプリと並行して治療も検討の余地あり

バランス良く、適した量の栄養素を摂取することは、育毛だけでなく健康増進においても大切なことです。仕事やプライベートが忙しく、バランスの良い食事が困難な時は、育毛サプリメントで補うのもひとつの手段といえるでしょう。

しかし、サプリメントはあくまで不足しがちな栄養素を補うことを目的としたものであり医薬品ではありません。ですから、服用したからといってすぐに薄毛や抜け毛が改善できるわけではないことを承知のうえで使用してください。

また、あまりにも安価な商品の中には身体によくない添加物が含まれていたり、少々ずさんな製造方法で作られていたりするケースもあるようです。かえって身体に悪い影響をもたらすこともあるので、サプリメント選びは慎重に行うことが大切です。体に異常を感じたら、ただちに服用を中止して医師の指示を仰ぎましょう。

サプリメントは健康増進や育毛のサポートとしては有効かもしれません。しかしどうしても抜け毛を改善したいと思う場合には薄毛治療で薄毛の根本から改善していく方法が最も有効であるといえます。東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では患者様一人ひとりの症状に合わせた治療法をご提案しております。もし薄毛や抜け毛が気になる場合にはサプリメントでの健康管理と併せて医師の診察を受けてみると良いでしょう。当院は診察が何度でも無料です。いつでもお気軽にご来院ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果