このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】女性のための薄毛改善に効果的な食べ物

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

多くの女性が髪の毛やヘアスタイルにこだわりを持っていると思います。ヘアスタイルが決まっていると、それだけで気分が上がるという方もいるでしょう。女性の気持ちに大きな影響を及ぼす髪の毛ですが、近頃は薄毛で悩む女性も増えてきました。

女性の薄毛の原因はいくつもあり、原因に合わせて対処することが重要です。薄毛を改善するためにはいくつかの方法がありますが、その中でもバランスのよい食事は大切です。栄養バランスの偏りは、育毛の妨げや抜け毛の要因につながる恐れがあります。そこで今回は、女性の薄毛の原因。そして薄毛に効果的な食品・栄養素についてご紹介します。薄毛を改善させたい方は、参考にしてみてください。

女性の薄毛の症状と原因

女性の薄毛は様々な原因によって引き起こされます。その中でも特に、ストレス、加齢、ホルモンバランスの乱れなどが主な原因として考えられています。まずは女性に起こりやすい抜け毛をいくつか見ていきましょう。

1. びまん性の脱毛
女性の脱毛で比較的多く見られるのが、びまん性脱毛です。びまん性とは「病変がはっきりと分からず、広範囲に広がって起こる状態」という意味であり、その名の通り頭髪が全体的に薄くなるのが特徴です。しかし原因が特定されておらず、加齢による女性ホルモンの減少やストレス、過度なダイエットで起こる栄養失調などが原因で発症するといわれています。
2. 円形脱毛症
10円玉サイズの脱毛が1箇所に生じる「単発型」がよく知られています。しかし症状にはいくつか分類があり、2箇所以上に生じる「多発型」、さらに難治性と言われる「蛇行型」や「全頭型」などがあります。また頭髪だけでなく、眉毛や体毛など全身に広がるケースも報告されています。以前はストレスによって引き起こされるという説もありましたが、現在では自己免疫疾患が原因といわれています。しかし、いまだ完全には解明されていません。また、円形脱毛症を発症する方の約40%にアトピー素因があるとする論文や、アトピー素因を有する患者の方が重症度が高いといわれています。そのためアトピー性皮膚炎との関連性も疑われています。
3. 産後脱毛
妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンが増加するため、ヘアサイクルが成長期(髪が成長する時期)にとどまり髪が抜けづらくなります。しかし出産に伴いそれらの髪が一斉に休止期(髪が抜ける時期)に移行し、一時的に脱毛が増えることが産後脱毛の症状です。一般的には出産から約6ヶ月程度で症状はおさまるといわれていますが、育児によるストレスや生活習慣の乱れで長引くケースもあるようです。
4. 脂漏性皮膚炎による脱毛
脂漏性皮膚炎とは皮膚の常在菌であるマラセチアによって起きる病気です。皮脂が大量に分泌されることで、皮脂を餌としているマラセチアが増殖してしまう場合があります。過剰に増えたマラセチアの排泄物によって炎症を起こし、その結果頭皮環境が悪化して脱毛につながることもあります。
5. 牽引性脱毛症
女性に多い脱毛症で、ポニーテールやお団子ヘアなど髪を一定方向に引っ張り続けるへアスタイルによって頭皮に負担がかかり、髪が抜けてしまう症状です。また髪の分け目が長期間変わらない場合も、分け目部分の脱毛が進行する可能性があります。

女性の薄毛に効果的な栄養素

前項でご紹介した通り、女性の薄毛は様々なものが原因として考えられます。発症した場合は医療機関で適切な処置を受けることをおすすめしますが、まずは身近なところで生活習慣、とりわけ食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

以下の栄養素は育毛によい効果をもたらすといわれています。普段の食事から意識的に摂取し、不足しがちな場合はサプリメントなどで補うとよいでしょう。

1. たんぱく質
髪を構成するのは、ケラチンと呼ばれるたんぱく質です。たんぱく質には植物性と動物性があり、植物性たんぱく質は豆類などの食品に、動物性たんぱく質は肉や魚、乳製品にそれぞれ多く含まれています。たんぱく質が不足すると育毛にも影響がでてしまう可能性があります。特に薄毛に悩んでいる場合は、過度な食事制限によるダイエットは見直したほうがよいでしょう。
2. ビタミン類
ビタミン類は頭皮の状態を整え、育毛に適した環境作りをサポートする効果が期待できるといわれています。野菜や果物に多く含まれており、栄養バランスの偏った食事では、ついつい不足しがちです。サラダや果物を、いつもの食事に追加するなどして栄養バランスを意識しましょう。
3. 亜鉛
亜鉛には、食事から摂取したたんぱく質が体内でケラチンに再構成される際に、それをサポートする働きがあります。そのほか新陳代謝の促進など、育毛に対しても大切な役割を担っていることから、多くの育毛サプリメントに配合されています。食材では、牡蠣、豚レバー、牛もも肉などに多く含まれています。
4. イソフラボン
イソフラボンは体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするといわれており、ホルモンバランスの乱れが原因の薄毛を抑制する効果が期待されています。豆腐や豆乳などの大豆食品に多く含まれています。

これらの栄養素をサプリメントで摂取する場合は、過剰摂取によって身体に悪い影響を与える可能性もありますから、摂取量に注意し、用法用量を守って正しく使いましょう。

まとめ

女性は男性と違い、頭頂部や前頭部が禿げ上がってしまうことはないとされています。しかしホルモンバランスや生活習慣が乱れると、頭髪全体のボリュームが低下してしまい、薄毛に繋がる可能性があります。また、女性の薄毛の場合はほかの原因も考えられます。異変を感じたらまずは医療機関で相談してみましょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛治療専門の病院です。男性の薄毛だけではなく女性の薄毛治療にも対応しており、これまでにもたくさんの治療実績を残してきました。女性の薄毛には女性に適した治療法があります。当院は診察を無料で行なっておりますので、ぜひ一度薄毛のお悩みを医師に相談しにいらしてみてください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ