このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛サプリメントは薄毛や抜け毛に効果がある? AGA治療薬、それぞれの効果と役割

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

育毛サプリメントの主な目的は、髪のもとになる栄養素を効率的に補給して薄毛の予防・改善を目指すことです。現代人の食生活で不足しやすい栄養素は、たんぱく質、ビタミン類、亜鉛など、いずれも健康な髪の生成に欠かせない大事な栄養素。ときにはサプリメントで補給することもあるでしょう。

しかしサプリメントだけでは薄毛を改善できる望みは高くありません。本当に薄毛を改善したいのなら、医療機関で適切な処置を受けることが一番です。

そこでAGAタイムスは、市販の育毛サプリメントと医療機関で処方されるAGA治療薬の効果を比較し、どのような違いがあるのかまとめてみました。薄毛治療についてお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。

主な育毛サプリメントの種類

育毛において、食事で栄養をバランスよく摂取することは大切です。しかし学業やアルバイトで多忙な学生や、残業続きの社会人であれば、ダメだとわかっていても規則正しい生活を送れないこともあります。育毛サプリメントは、そのような人たちにとって不足しがちな栄養素を補うのに役立つアイテムといえます。育毛サプリメントの主成分の中でも、とりわけ知名度が高いのは以下の3つの育毛成分です。

1. ノコギリヤシ
AGA(男性型脱毛症)の原因とされるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するといわれる成分です。天然ハーブの一種で、前立腺肥大に効果があるともいわれています。実験においては男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼ阻害作用や、アンドロゲン受容体阻害作用なども証明されています。市販の育毛サプリメントの中ではとてもよく知られている成分です。化学物質ではなく天然の成分なので、ホルモン剤などと違い副作用は少ないですが、妊娠中の方の摂取には注意が必要です。
2. 亜鉛
髪を構成する成分のひとつにケラチンがあります。亜鉛には摂取したたんぱく質をケラチンとして再構成する働きがあり、極端に不足すると薄毛につながる可能性があります。亜鉛は食物繊維と結合しやすく、結合すると食物繊維とともに体外へ排出されやすい特徴があります。亜鉛を摂取する際には、亜鉛などのミネラル類を包み込んで体内吸収しやすくしてくれるクエン酸、あるいはクエン酸の吸収力をアップしてくれるビタミンCと同時に摂ると、より効果的だといわれています。
3. コラーゲン
コラーゲンは代表的な保湿成分で、頭皮の潤いを保ち乾燥を防ぐ効果が期待できます。育毛の土台となる頭皮の環境を整えたり髪の毛の細胞を活性化させるためにも、コラーゲンは有効な栄養素の一つとして育毛サプリメントに含まれていることが多くあります。しかしコラーゲンは消化の際にアミノ酸に分解されてしまうため、ほとんどの場合そのまま吸収することはできません。

代表的な3つの育毛成分以外にもビタミン類やミネラルなど、育毛に効果があるとされている様々なサプリメントがあります。ただしビタミンやミネラルなど栄養素の過剰摂取は、体に悪影響を与える可能性もあるので必ず適量を守って服用しましょう。

専門クリニック処方薬の種類

次に医療機関で処方されるAGA治療薬についてご紹介します。「AGA専門クリニック」と呼ばれる医療機関はAGA治療に特化しており、患者の状態に応じた治療を施しています。多くのAGA専門クリニックで取り扱っているAGA治療薬には、以下のようなものがあります。

1. フィナステリド配合内服薬(プロペシアなど)
Ⅱ型5αリダクターゼを抑制することで、AGAの進行を抑える効果が期待できる治療薬です。主に乱れた毛周期を正常に戻す目的で処方されます。AGA治療薬として厚生労働省に認可され、日本皮膚科学会が発行するガイドラインでも成人男性のAGA治療において最高推奨度を得ている内服薬です。ただし、未成年や女性は副作用の恐れがあり使用が認められていません。「プロペシア」などのように、多くの医療機関で処方される薬をはじめ、AGA専門クリニックでは、オリジナルで調剤したフィナステリド配合内服薬を取り扱うところもあります。
2. デュタステリド配合内服薬(ザガーロなど)
こちらもAGA治療薬として厚生労働省から認可を得ている治療薬です。Ⅱ型5αリダクターゼの他にも、フィナステリドでは抑制できなかったⅠ型5αリダクターゼも抑制できる大きな特徴があります。またⅡ型5αリダクターゼを抑制する効果も、フィナステリドの約3倍といわれており、より高い効果が期待されています。また発毛促進効果もフィナステリドの約1.6倍あるとされています。製薬会社が販売している「ザガーロ」を取り扱う医療機関もありますが、フィナステリド同様、AGA専門クリニックがオリジナルのデュタステリド配合治療薬を扱っている場合もあります。
3. ミノキシジル外用液および内服薬
元々は高血圧患者向けの降圧剤として開発されていた治療薬です。しかし副作用として発毛効果が確認されたことを発端に、AGA治療薬として注目されました。AGA患者に対する試験で有効性が認められたことから、AGA治療薬として開発が進みました。AGAによって短縮されてしまったヘアサイクルの退行期への移行を抑制し、成長期を伸ばす効果があります。そのほか増殖因子の産生を高め、発毛を促す働きもあります。ミノキシジルには内服薬と頭皮に直接塗布する外用液があり、現在国内で認可されているのは市販の外用液のみです。AGA専門クリニックではFDAで認可されたミノキシジル内服薬を処方するところもあります。

サプリメントと処方薬、どちらがおすすめ?

結論として、サプリメントと処方薬はその目的や効果が異なるため「どちらがよい」と単純に言い切ることはできません。育毛サプリメントは日常生活で不足しがちな栄養素を補うものです。しかし発毛を促したり、脱毛症の原因を抑制するような効果は薄いのが事実です。

それに対して専門クリニックで処方される治療薬は、脱毛症の原因を抑制したり様々なメカニズムにより発毛効果が期待できます。しかし栄養不足で身体が不健康な状態であれば、その効果を十分に発揮することは難しいとも考えられます。つまりサプリメントと処方薬は比較するものではなく、自身の薄毛の原因がどこにあるのかを知った上で使い分ける。もしくは併用するものだといえます。

まとめ

AGAの症状が進行している場合は育毛サプリメントのみで改善することは難しいため、まずはAGA治療専門のクリニックで診察を受けることをおすすめします。そのうえで栄養不足や頭皮環境の悪化を指摘された場合には、生活習慣の改善やサプリメントの服用を選択してもよいでしょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックは診察を無料で行っております。薄毛の症状を診るだけではなく、薄毛に関する生活習慣のアドバイスも無料で受けることができます。薄毛はサプリメントだけでは解決できない部分もあるので、薄毛を改善したい場合には一度医師の診察を受けしっかりと薄毛治療に取り組んでみると良いでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
AGAヘアクリニックの特徴へ

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について