このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】コラーゲン不足は薄毛を招く? その理由とコラーゲンの効果的な摂取方法

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

スーパーやコンビニ、薬局などに並ぶ様々な商品パッケージでよくみかける「コラーゲン配合」の言葉。なんとなくお肌やアンチエイジングに有効な気がして、ついつい手に取る方も少なくないでしょう。

コラーゲンがお肌のコンディションを整えるのに効果的なことは一般的にもよく知られていますが、実はコラーゲンは髪の毛にも深く関係しています。コラーゲンが不足すると育毛が妨げられ、薄毛を助長する可能性が高くなるといわれています。

今回のAGAタイムスでは、そんな薄毛や育毛を左右するコラーゲンの働きと、効率的な摂取方法をご紹介します。

コラーゲンとは

コラーゲンは美容のための特別な栄養素というわけではありません。人体には欠かせないたんぱく質の一種です。人間の体は約20%がたんぱく質で作られています。そのたんぱく質を構成するうちの約30%をコラーゲンが占めています。また体内のコラーゲンは全身へと張り巡らされています。約40%が皮膚に、約20%が骨や軟骨になり、その他のコラーゲンは血管や内臓と広く分布していきます。肌の真皮層は70%がコラーゲンで作られているほど、肌や頭皮にはとても深い関わりを持っている成分です。

コラーゲンは主に、体内で細胞と細胞を結びつける働きを持っています。肌や頭皮においては、弾力性や柔軟性、保湿力といった「肌のハリ」を保つ働きがあります。また関節の軟骨にも存在し、軟骨に弾力を持たせる役割を担っています。このようにコラーゲンは、関節の動きを円滑にしたり全身の骨や血管を丈夫に保つなど、体には欠かせない大事な成分です。

コラーゲンが不足するとどうなるのか

体内のコラーゲンが減少すると、乾燥などにより肌の状態が悪化します。体内のコラーゲンは20歳をピークに減少する傾向にあるため、何も対策をしなければ肌のハリや保湿性はどんどん失われていくといわれています。

さらに最近の研究では、発毛メカニズムと密接な関係にある「毛包幹細胞」を維持するためにもコラーゲンが必須ということがわかりました。減少すれば頭皮の状態が維持できず、結果として薄毛を助長するリスクが考えられます。髪の毛は「毛母細胞」の細胞分裂によって表皮上へと生み出されます。その毛母細胞は毛根部に潜む「毛包幹細胞」と呼ばれる幹細胞から作られます。そしてその毛包幹細胞を維持しているのがコラーゲンの一種というわけです。

ヘアサイクルが進行し、何度も細胞分裂を繰り返していると、DNAが少しずつ損傷されていきます。この損傷は年齢が若くて健康なうちは自己修復が可能です。しかし加齢によって自己修復力が衰えると、DNA修復のために「エラスターゼ」という酵素が毛包幹細胞の中で作られます。本来なら作られないはずの酵素が毛包幹細胞内で間違って作られてしまうため、その影響によりコラーゲンが分解されてしまうと考えられています。

そしてコラーゲンの助けを失った毛包幹細胞は枯渇し、幹細胞としての機能を失って細胞分裂ができなくなります。そのまま皮膚の表面へと追いやられることとなり、やがてフケや垢となって剥がれ落ちていきます。その結果、毛包幹細胞が完全になくなってしまうため、その部分からは二度と髪の毛が生えなくなってしまうのです。またコラーゲンの消失は、加齢による薄毛の要因のひとつとしても考えられています。

コラーゲンにはビタミンCが必須

年齢を重ねるごとに繰り返されるヘアサイクルの進行。その影響によって減少してしまうコラーゲンを、どのように維持し、どのように補えばよいのでしょうか。食事やサプリメントによって摂取したコラーゲンは、体内ではアミノ酸に分解されてしまうため、コラーゲンとしてそのまま摂取することができないといわれています。しかし最近の研究では、コラーゲンペプチドと呼ばれる分子量の小さいコラーゲンの一種を摂取することで、全てがアミノ酸に分解されるわけではなく、その一部は血中に吸収されたのち、全身へ巡っていくことが明らかになりました。

コラーゲン生成に必要不可欠といわれているのが「ビタミンC」です。ビタミンCはコラーゲンの構造を保つための酵素を助ける働きを持っています。そのためビタミンCを摂取することで、コラーゲンの減少を防ぐ効果が期待できます。仮にコラーゲンのみを一生懸命摂取していても、ビタミンCが不足している場合にはコラーゲンを正常に保つ力が衰えてしまいます。するとコラーゲンの効果が十分に発揮できないと考えられるでしょう。

また体内に「活性酸素」が発生すると、それを除去するためにビタミンCやアミノ酸が使用され、コラーゲンの維持や育毛に必要な成分が不足する場合があります。活性酸素はストレス、喫煙、過度な飲酒、激しい運動などで発生するといわれています。そのような生活習慣がある方は、日々の生活を見直すことからはじめましょう。

コラーゲン維持のために摂りたい食材

コラーゲンは体内に摂取されるとアミノ酸に分解されてしまうものの、アミノ酸自体もたんぱく質を構成する重要な成分のひとつです。そのためコラーゲンの含まれた食材を摂取しつつ、ビタミンCも積極的に取り入れるとよいでしょう。これらの成分を多く含む食材には、以下のようなものがあります。

【コラーゲン】
・動物性食品
肉類の中でも、手羽先や軟骨など、鶏肉の皮や骨、腱にはコラーゲンが豊富に含まれています。また豚バラ肉や豚足、牛すじなども鶏肉同様コラーゲンが多い食材として知られています。
・海洋性食品
コラーゲンの王様として名高いフカヒレは、コラーゲン摂取に有効な食材のひとつです。サケ、アジ、ウナギ、サンマ、アンコウなどの魚も動物性食品と同じく皮や骨に多くのコラーゲンが含まれているので、皮ごと食べるのがおすすめです。
【ビタミンC】
・野菜
パプリカやパセリは野菜の中でもビタミンCが特に豊富な食材です。その他にもケールやモロヘイヤ、芽キャベツなども、ビタミンCが多いといわれています。
・果物
ビタミンCを多く含んでいる果物を代表するのがアセロラとレモンです。また果皮の部分にこそ多くのビタミンCが含まれているといわれています。ほかにもカキやイチゴにも多くのビタミンCが含まれています。

まとめ

「最近抜け毛が増えた」「肌に潤いがなくなった」などの症状は、体内のコラーゲン不足が関係している可能性もあります。今回ご紹介したように体内に摂り込めるコラーゲンは、食事からだけでは十分な量を吸収することは難しいので、コラーゲンを生み出す働きをサポートするビタミンCも積極的に摂取しましょう。

またコラーゲンが関わる抜け毛は、主に加齢や栄養不足が原因で起こるものです。AGA(男性型脱毛症)などの脱毛症や頭皮環境の悪化で起こる抜け毛には、別の原因や特化した治療方法があります。「まだ薄毛になる年齢じゃないのに……」とお悩みの方は、一度AGA専門クリニックなど医療機関に相談するのも良いでしょう。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックは薄毛や抜け毛のお悩みに対応する薄毛治療専門の病院です。診察や相談は無料で行っており、食生活や栄養面についてもアドバイスを受けることができます。薄毛や抜け毛が気になる場合には一度医師に相談してみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について