このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】インスタントラーメンが薄毛を招く? 噂の真相を詳しく検証

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

インスタントラーメンに限った話ではありませんが、「ラーメン=太る」というイメージは割と世間に浸透していると思います。肥満がさまざまな病気を招くことは周知の事実なので、カロリーや塩分の多いインスタントラーメンを食べないという方もいるでしょう。さらに肥満と薄毛の関係が噂されたり、インスタントラーメンの食べ過ぎが体臭に影響するといった話もあり、それらを気にしながら食べている人もいるでしょう。

今回のAGAタイムスでは、インスタントラーメンがなぜ太りやすいといわれているのかを解説するとともに、薄毛や体臭への影響などの噂についても検証します。

インスタントラーメンの主成分とは

インスタントラーメンの影響を考えるにあたって、まずは主な成分を見てみましょう。商品によって違いはあるものの、含有されている成分は主に以下の通りです。

  • ・炭水化物
  • ・脂質
  • ・たんぱく質
  • ・ナトリウム
  • ・カルシウム
  • ・灰分(かいぶん)
  • ・水分

これらの成分に加えて、商品ごとのトッピングや食品添加物なども含まれている場合があります。

太る原因は血糖値の急激な上昇

商品によって差はあるものの、インスタントラーメンのカロリーはおおよそ300〜500kcalです。この数値だけ見ると、太りやすいといわれている割には意外とカロリーは少ないと感じるのではないでしょうか。実は太る太らないの決め手は単純にカロリーの数値だけではありません。インスタントラーメンが太るといわれる理由は、それが「ほとんど炭水化物」である点です。

炭水化物のみの食事というのは、食後の血糖値を急激に上昇させてしまいます。血糖値が上がると体内でインスリンという物質が分泌され、血糖値を一定に保とうと働きかけます。しかしこのインスリンは血中の余った糖分を脂肪に変えてしまう働きも同時に持ち合わせているため、これによって脂肪が蓄えられてしまうのです。

肥満は薄毛を招く?

炭水化物のみの食事やカロリー過多は肥満になる可能性が高いといえます。肥満はいくつかの悪影響を体に及ぼしますが、薄毛もそのひとつであると考えられています。

肥満になると血糖のコントロールが乱れ、糖尿病のリスクが増したり血管内にプラーク(血管内にできたコブのようなもの)ができてしまう恐れがあります。プラークは血の流れに悪影響を及ぼす可能性も。髪は頭皮の毛細血管から栄養を受け取ることで成長するため、血行不良の状態が慢性化すると髪の成長を妨げてしまう場合があるのです。

その他にも肥満気味の方は頭皮が脂性になる傾向があります。このような状態は脂漏性皮膚炎や脂性フケなどの頭皮トラブルにつながりかねません。このような頭皮環境の乱れも薄毛を招く要因のひとつと考えられます。

もちろんすべてのケースで肥満が薄毛につながるわけではありません。仮に肥満が原因で血行不良気味になったとしても、必ずしも薄毛や抜け毛を招くとはいえません。しかし肥満が健康被害のリスクをはらんでいることは確かです。「少し太ってきたかも」と思ったら生活習慣を見直すことをおすすめします。

過酸化脂質が体臭の原因?

インスタントラーメンはノンフライ麺などの一部製品を除いては、麺を一度油で揚げているので「過酸化脂質」と呼ばれる成分が含まれています。過酸化脂質とは油が酸素と結合することで生成される物質で、大量に摂取すると体質によっては下痢や嘔吐などの症状を引き起こす恐れがあります。

さらに過酸化脂質は加齢臭の原因のひとつともいわれています。皮脂とともに分泌される「9-ヘキサデセン酸」が過酸化脂質の影響で酸化すると、加齢臭独特の臭いを発するのです。体臭が気になる方の場合には、その原因がインスタントラーメンや揚げ物の食べ過ぎによるものである可能性も考えられます。

生活習慣の改善で肥満予防

肥満を招く恐れのある生活習慣とその改善策もご紹介します。肥満は体に負担をかけるだけでなく、育毛にもよくない影響を及ぼす可能性があります。

1. 偏った食生活
脂質や糖質に偏った食生活は、肥満だけでなく栄養失調や血行不良などの悪影響につながる恐れがあります。それらの影響が重なり、結果として薄毛や抜け毛を招く可能性は否定できません。野菜や魚などバランスの取れた食事をとることが大切ですが、仕事や学業の都合でなかなか自炊ができない場合は、栄養サプリメントで不足しがちな栄養素を補う方法もあります。
2. 運動不足
消費エネルギーに対して摂取エネルギーが多ければ、当然脂肪は蓄積されていきます。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は消費エネルギーを増やすだけでなく、血行を促進する効果もあるのでおすすめです。
3. 睡眠不足
人は睡眠不足の状態だと、高カロリーな食事を好む傾向にあるという研究結果が出ています。つまり十分な睡眠時間と質のよい眠りを確保できれば、それらの欲求を抑える効果が期待できます。また睡眠は「光」と密接な関係にあり、強い光を浴びると眠気が起こらないといわれています。寝る直前までテレビやスマホなど強い光を放つディスプレイを見続けていると、寝付きが悪くなることも考えられるため注意しましょう。

薄毛・AGAの改善には専門病院へ

肥満と薄毛の関連性については無関係ではないものの、肥満が必ずしも薄毛の大きな原因ではないというのが事実です。成人男性の薄毛は多くの場合「AGA(男性型脱毛症)」が影響しているといわれています。この症状はDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンがヘアサイクルに悪影響を及ぼして、薄毛や抜け毛を招くものです。そのため生活習慣の見直しだけでは不十分といえます。症状を抑えるためにはAGA専門クリニックなどの病院で治療を受けることが有効です。

薄毛にお悩みの場合はAGAヘアクリニック(以下、当院)へお越しください。薄毛治療専門の病院で東京・JR秋葉原駅から徒歩4分の当院は、オフィスビル内に所在しているため人目を気にせず来院していただくことができます。また診察や相談は無料で行っておりますので薄毛にお悩みの場合はぜひ一度、当院の医師に相談しにいらしてみてください。遠方にお住まいの方はスマホのテレビ電話を使用したオンラインでの診察も可能です。オンライン診療に関してご質問やご不明点がある場合にはお電話にてお問い合わせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
AGAヘアクリニックの特徴へ

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
AGAヘアクリニックの特徴へ