このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛と発毛は違う? 育毛サプリで髪は生えないといわれるワケ

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛や抜け毛が気になり始めると、まずは市販のヘアケア商品で予防・対策を始める人が多いでしょう。ドラッグストアには多くの育毛剤や育毛シャンプーが並んでいますが、これらの商品はある程度の効果を求めると高額になりがちです。一方で「育毛サプリメント」は比較的手頃な値段で購入できます。育毛によいとされる栄養素が豊富につまった育毛サプリは、飲むだけという手軽さも魅力の一つです。

しかしただ育毛サプリを服用するだけでは新たに髪は生えてきません。今回のAGAタイムスでは、育毛サプリでは髪が生えないといわれる理由を解説するとともに、「育毛」と「発毛」の違いについてもご説明します。育毛サプリを服用中の方はもちろん、これから服用を検討している方も参考にしてください。

「育毛」と「発毛」の違い

育毛と発毛。この2つの言葉は同じ意味に捉えられがちですが実は異なる効果を示しています。

まずは「育毛」についてご説明します。育毛とは頭皮環境を整えることで、今生えている髪を育てることです。頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌、血行不良などを改善して頭皮環境を整えることが、育毛につながるといわれています。一方で「発毛」とは髪が生えるように働きかけることです。髪のもとになる細胞を刺激して、細胞分裂を促すような作用は発毛に分類されます。

育毛と発毛は渾然一体です。どちらかが疎かになると効果的な薄毛・抜け毛対策にはならないと考えられています。いくら発毛効果が期待できる薄毛治療薬を使用しても、頭皮が乾燥などにより炎症を起こしている状態では、有効成分の効果を十分に得られない可能性があります。反対に頭皮環境が育毛に適した状態であっても、発毛にかかわる機能の働きが低下していれば「髪が生えた」と実感するのは難しいでしょう。

育毛サプリは文字通り、育毛に対して効果を発揮する商品です。頭皮環境を整える効果は期待できますが、発毛を促すような有効成分は含まれていないといえます。

育毛に必要な栄養素

薄毛や抜け毛の改善にはまず原因を知ることが大切です。原因を特定できると適切な治療の方向性を定めやすくなります。

もし薄毛の原因が頭皮環境の乱れや栄養不足にあった場合、育毛サプリは有効な改善手段になる可能性はあります。健康的な髪を育てるための栄養素を摂取できることはもちろん、血行状態や頭皮トラブルを改善する効果が期待できます。

必須ミネラルのひとつである亜鉛、血行を促す働きを持つビタミンEやビタミンCなどは、育毛サプリに含まれる代表的な成分です。髪を構成する成分の多くがケラチンというタンパク質です。亜鉛にはケラチンの合成をサポートする働きがあるといわれています。亜鉛や一部のビタミンなどが不足すると、頭皮環境の悪化を招く恐れがあります。栄養素は食事から摂取することが望ましいですが、仕事やプライベートで忙しく食事がおろそかになってしまうときは育毛サプリを活用するのもよいでしょう。

ノコギリヤシと呼ばれる成分が配合されている育毛サプリもあります。このノコギリヤシは薄毛に悩む成人男性の多くが発症しているといわれるAGA(男性型脱毛症)を、抑制する効果が期待できるといわれています。

育毛サプリのみで発毛を期待するのは難しい?

亜鉛欠乏症によって薄毛や抜け毛が起きているのなら、育毛サプリや亜鉛サプリで症状をある程度改善できる可能性はあります。しかし原因が栄養不足でないのなら、サプリメントだけで発毛を期待するのは難しいでしょう。

頭皮環境は栄養や血行の状態以外にも様々な影響で変化していきます。睡眠不足や運動不足、喫煙、飲酒など、頭皮環境と関連性がある生活習慣は挙げればキリがありません。また体質に合わないシャンプーを使っていると、乾燥や皮脂の過剰分泌などを招く恐れがあります。つまり頭皮環境を整えるためには、健康や頭皮によくないことを総合的に見直していく必要があるのです。育毛サプリさえ服用していれば大丈夫ということはありません。

またAGAなどの脱毛症が原因で薄毛になっている場合も、育毛サプリだけでは改善が難しいといえます。AGAは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が、髪の成長サイクルに悪影響を及ぼす病気です。育毛サプリにノコギリヤシにはAGAを抑制する働きがあるといわれていますが、医薬品として承認はされていません。

育毛サプリに期待できる効果は、あくまで頭皮環境や体調を整えるためのものです。すでに抜けてしまった髪をよみがえらせたり、脱毛症を改善するような効果を期待するのなら、別のアプローチが必要です。

AGA治療には専門クリニックの処方薬が有効

薄毛の原因にもよりますが、薄毛・抜け毛の効果的な治療を望むのなら一度AGA治療専門の病院「AGAヘアクリニック(以下、当院)」へお越しください。

当院は東京・秋葉原に所在する、その名の通りAGA治療を専門におこなう病院です。薄毛に悩む成人男性は、その多くがAGAの影響を受けているといわれています。まずは薄毛の原因がAGAかどうかを、医師に診察してもらうのがよいでしょう。当院に在籍する医師は薄毛治療の知識と実績を兼ね備えています。仮に薄毛の原因がAGAでない場合でも適切なアドバイスをいたします。無理な治療のお勧めはいたしません。

当院でおこなう薄毛治療は内服薬と外用薬によるものです。内服薬でAGAを抑制し、外用薬を患部に塗布することで発毛を促します。それだけではなく薄毛の進行具合や体質に合わせて調剤し個々に対して適切な治療を施すことも当院の特徴といえます。

本格的な薄毛治療を望むのなら育毛サプリだけでは物足りないかもしれません。頭皮のトラブルや円形脱毛症が原因であれば皮膚科で、AGAの疑いがあればAGA治療専門のクリニックで適切な治療を受けることが、薄毛・抜け毛改善の近道といえるでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について