このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】緑茶で洗髪! 緑茶の成分に含まれる育毛効果

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛が気になり始めるとドラッグストアに立ち寄って育毛剤や育毛シャンプーを探す方は少なくないでしょう。実は古来から日本人が愛飲してきた緑茶にも、育毛によい成分が含まれているのです。最近では緑茶に含まれる成分が育毛を促し、ある程度薄毛の予防に繋がることがわかってきました。今回のAGAタイムスは緑茶の効果・使用方法をご紹介します。

カギを握るのは緑茶に含まれる“カテキン”

緑茶にはカテキンをはじめカフェインやテアニン、ビタミンやミネラルなど体によいとされる成分がたくさん含まれています。中でも最も効能が高いとされる主成分のカテキンは、お茶特有の“渋味”を引き出しています。このカテキンは赤ワインやコーヒーなどの飲料に含まれているポリフェノールという成分の一種です。

カテキンを更に細かく分類すると、エピカテキン、エピガロカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキンガレートの4種類に分けられ、緑茶の抽出液に最も多い割合で含まれているのはエピガロカテキンガレートです。このエピガロカテキンガレートは、体内で脂肪の吸収を抑える効果を持っています。さらにカテキンは悪玉コレステロールに働きかけて血中コレステロールを低下させたり、体の細胞を衰えさせる活性酸素を抑制する力も持っています。

苦味を引き出すカフェインには疲労感を除去する覚醒作用や、体内の解毒に有効な利尿作用もあります。お茶の旨味を引き出しているテアニンには神経毒性を防御する作用や向精神作用、リラックス効果があるとされています。

緑茶で髪を洗う効果

緑茶は飲料なので飲んで摂取するのが普通です。しかし薄毛・抜け毛の改善や予防の一つとして、洗髪時に緑茶を頭皮に直接使用する方法があります。

薄毛や抜け毛の原因の一つとしてジヒドロテストステロン(DHT)といわれる男性ホルモンの一種が大きく関わっています。DHTはホルモンの一種であるテストステロンと、5αリダクターゼといわれる酵素が結合することによって生成されます。

緑茶に含まれるカテキンは、DHTを生成する上で必要となる5αリダクターゼを抑制する働きがあるとされています。そのため薄毛や抜け毛の原因となっているDHTの生成を阻害することにも繋がり、薄毛・抜け毛予防や育毛効果が期待できるのです。

他にも緑茶洗髪で期待できる髪の毛への効果として頭皮の毛穴詰まりに対する洗浄効果の高さがあります。カテキンには脂肪を分解する作用もあり、育毛の妨げになりがちな余分な皮脂や汚れなど毛穴詰まりの解消にも繋がります。このように洗髪でも効果を期待できる緑茶ですが、頭皮のためにシャンプーやトリートメント等の使用を避けている湯シャン派の方にとっても、シャワーと併用することで更によい洗髪方法になるでしょう。

緑茶洗髪の方法

実際に緑茶を使った洗髪方法をご紹介します。今回の洗髪方法は、シャンプーやトリートメントを併用して行います。

  • 1. シャンプー前に緑茶を頭皮にかけ、頭皮の皮脂を浮かせるために軽くマッサージします。
  • 2. 浮かせた皮脂や汚れを通常通りシャンプーで落とします。
  • 3. 最後に再度緑茶を頭皮にかけて殺菌効果を高めましょう。

自動販売機やコンビニで気軽に購入できる緑茶よりも、粉末タイプで販売されている緑茶が低コストです。粉末タイプは比較的低価格で、一度の購入で何度も緑茶を作ることができます。茶葉から抽出して緑茶を作る方法もありますが、茶葉から抽出する方法は茶殻の部分にカテキンの40%が残ってしまうといわれています。カテキンを意識する場合は、粉末タイプの緑茶を使用するとよいでしょう。

飲んでも育毛効果は期待できる?

緑茶洗髪だけでなく、普通に緑茶を飲むことでも薄毛・抜け毛の改善や育毛効果を期待できます。緑茶を飲むことで期待できる主な効果はビタミンCによる肌環境の向上や改善、ビタミンEの抗酸化作用による頭皮の老化防止や血行促進による髪の毛への栄養素の供給があります。さらに髪の毛の生成に必要となるミネラル類の摂取など、薄毛・抜け毛の予防や育毛へ期待できる効果が多くあります。

しかし緑茶に含まれるカフェインには利尿作用により体を冷やす働きや、逆に交感神経を刺激して体温を上昇させることもあります。また血管収縮作用もあるため飲み過ぎには注意しましょう。できれば冷たい緑茶よりも温かい緑茶の方が体を冷やさないのでおすすめです。

緑茶であれば比較的簡単に用意できるので、育毛に興味がある方は飲料としてだけでなく、洗髪での活用も試してみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について