このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】アボカドは薄毛対策に効果的? その高い栄養と効果を知る

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

濃厚な味わいと、とろっとした食感で果物の中でもちょっと異色なアボカド。そのアボカドには育毛効果があるという噂があります。油っぽい食べ物は髪の毛にあまりよくないようなイメージもありますが、いったいアボカドのどのような部分が髪の毛によいのでしょうか。今回のAGAタイムスではアボカドの栄養と育毛効果についてご紹介します。

栄養価の高い果物、アボカド

アボカドは数ある果物の中でも特に栄養価が高く、アボカド1個に含まれるカロリーはご飯1.4杯分ほどと言われています。栄養の面では各種ビタミンやマグネシウム、リン、カリウムなどのミネラルを含んでいます。またコレステロールの量の調節を助ける不飽和脂肪酸であるオレイン酸やリノレン酸、リノール酸なども含んでおり、たった1個でも豊富でバランスのとれた栄養を含んでいる果物です。

血行を促進させるビタミンE

アボカドに含まれているビタミンEは、その働きから「若返りのビタミン」「血管の掃除屋さん」などの異名を持っています。髪の毛に対しての作用としては、頭皮の毛細血管を保護したり、血行を促進する作用があります。また過酸化脂質という皮膚の細胞を傷つける物質の生成を抑える役割も持っています。

育毛において特に重要なのが血行促進です。髪の毛は血液から栄養分を受け取って成長しますが、人の体の中でも頭皮は末端部分にあるため、十分な量の栄養がなかなか届きにくい部位です。血行が促進されると毛細血管に流れる血液の量が増えます。そして毛乳頭細胞が毛細血管から受け取る酸素や栄養の量が血液量に比例して増加し、毛母細胞に送られる栄養素や酸素の量も増えます。

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取することで、その効果は上がるといわれています。ビタミンEのみを過剰摂取した場合は、頭痛や胃の不快感などの副作用を起こす例もあるので、適正量の摂取に留めておきましょう。

髪の毛の材料作りを助けるビタミンB6

髪の毛のほとんどはタンパク質でできています。ただしタンパク質を豊富に含んだ食品を食べれば髪の毛が増えるというわけではありません。体内にタンパク質を摂取しても、そのタンパク質はそのまま髪の毛にはならないのです。

髪の毛を作っているのは「ケラチン」という種類のタンパク質です。一度摂取したタンパク質を、体の中でケラチンに変化させなければ髪の毛にはなりません。その際に必要な栄養素が亜鉛です。ビタミンB6は亜鉛の持つ、タンパク質をケラチンに変える働きを助ける効果があります。その他にもビタミンB6は細胞分裂や成長促進などにも力を発揮します。

育毛という観点ではビタミンB群の中でも特にビタミンB6に注目が集まりますが、ビタミンB群にはビタミンB1からビタミンB12まで種類があります。ビタミンB6に限らず、これらの種類をバランスよく摂取することが大切です。ビタミンB 群は過剰摂取をしても副作用はほとんど起きませんが、皮膚を紅潮させることもあるので適度な摂取を心がけましょう。

うるおいを生み出すオレイン酸

アボカドに含まれるオレイン酸は人の皮脂におよそ40%含まれており、肌や頭皮に潤いを与えます。オレイン酸は動物性の脂肪や植物油にも多く含まれており、酸化されにくい不飽和脂肪酸の作用によって育毛効果が期待できるといわれています。髪の毛や肌によいだけでなく動脈硬化を防いだり、過酸化脂肪の生成を抑制する作用もあるといわれています。

日本では古くから、髪の毛を結う際に椿油を使っていました。昔の人が椿油を髪の毛に使用していた理由は、このオレイン酸にあると思われます。椿油にはオレイン酸が8割以上含まれています。そのため髪の毛や頭皮によいということを、昔の人々は経験則として知っていたのでしょう。

オレイン酸を他の食べ物から摂取するには?

アボカドに多く含まれているこの有能なオレイン酸ですが、アボカド以外でもオレイン酸を含む食品はあります。例えばマカダミアナッツ、アーモンド、カシューナッツなどのナッツ類。さらにごま油、ココナッツオイル、オリーブオイル、ひまわり油、べにばな油などの植物性の油にも多く含まれています。鶏肉や牛肉、豚肉といった肉類もオレイン酸を多く含みます。様々な食品に含まれているので、普段の食事でも摂取しやすい脂肪酸といえるでしょう。

このようにアボカドには髪の毛によいとされるビタミンE 、ビタミンB6、オレイン酸など豊富な栄養素が含まれています。ただしアボカドを食べるだけで薄毛が改善されるかというと、それは難しいでしょう。仮に薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)のようにホルモンが影響している場合には、AGA・薄毛治療の専門病院などで治療を受ける方法が安心です。その上で生活習慣の改善プログラムの一環としてアボカドを加えてみるのもよいでしょう。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院です。医師による診察や相談を無料で行っており、薄毛治療が初めての方でも受診しやすい環境が整っています。薄毛が気になる場合には食生活の改善とともに医師の診察を受け、的確な治療を始めてみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴