このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛に効果あり? キウイに含まれた栄養素とその効果

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

毎日の生活で私たちが口にしている食べ物には、様々な栄養素が含まれています。なかには育毛や抜け毛予防に効果的だといわれている食べ物もたくさんあります。キウイフルーツもそのひとつです。キウイは調理する必要がなく、生のまますぐに食べられる果物ですが、じつは薄毛改善や育毛に良いとされている栄養素が豊富に詰まっています。

季節を問わず手軽に購入できるキウイですが、どのような栄養素が薄毛や育毛に効果的だとされているのでしょうか? そして実際の効果は期待できるのでしょうか? 今回のAGAタイムスでは、キウイに含まれる栄養素や育毛に対する効果を説明します。

薄毛の原因は様々

髪の毛は毛乳頭の指示により毛母細胞が分裂してできるものです。髪の毛はある一定の期間を過ぎると自然に抜け落ち、そこからまた新しい髪の毛が生えるサイクルを繰り返しています。これをヘアサイクルと呼びます。薄毛に悩んでいる方の多くはAGA(男性型脱毛症)と言われていますが、AGAの症状には、ヘアサイクルを乱す働きがあります。ヘアサイクルの乱れの原因には男性ホルモンの影響や生活習慣、ストレスなど複数の要因が挙げられます。

このようにAGAだけでも原因は様々で、それ以外の抜け毛や薄毛の症状も合わせると、種類も対策方法も多種多様です。キウイを食べたからといってすべての薄毛改善につながるとはいえません。しかし、育毛していく過程で食生活の改善は大切な要素の一つといえます。そこで次からはキウイに含まれている育毛をサポートする栄養素について紹介します。

育毛に効果的な栄養素その1. ビタミンC

キウイに含まれる栄養素のうち、ビタミンCは人間の体には大切な栄養素の一つです。肌のエイジングケア効果も期待できることから関心の高い栄養素ですが、美肌効果や健康面への良い影響だけではなく、育毛のサポートにも効果を発揮するといわれています。

ビタミンCは細胞の活性化や新陳代謝を促し、健康な皮膚や血管を作る重要な栄養素です。ビタミンCが足りなくなると、体の隅々にまで栄養を届ける毛細血管が弱くなってしまうため、養分の運搬がスムーズに行われなくなる可能性があります。育毛を妨げる要因の一つとして血行不良の影響も懸念されており、ビタミン不足は育毛にとっても避けたい状態といえます。またビタミンCはストレスをやわらげる副腎皮質ホルモンを作るためにも必要な栄養素です。ストレスは育毛の妨げに繋がる可能性があるため、ビタミンCはやはり育毛においても良いといえるでしょう。

キウイには黄色い果肉と緑の果肉の2種類がありますが、これらのうちビタミンCの含有量が高いのは黄色の方です。緑のキウイに含まれるビタミンCはおよそ70mgに対して、黄色いキウイは1個あたりおよそ140mgといわれています。ビタミンCの1日の摂取量目安は100mgですから、黄色いキウイなら1日1個食べれば1日分のビタミンCの摂取が期待できます。

育毛に効果的な栄養素その2. ビタミンE

発毛や育毛のためには、髪の毛を作る部分に必要な栄養素を届ける必要があります。髪の毛を作る部分とは先ほどご説明した毛乳頭がある部分で、毛細血管も通っている場所です。つまり血行が悪いと上手に養分を運ぶことができない可能性が考えられます。

キウイに含まれるビタミンEは抗酸化作用が強く、毛細血管を拡張する働きがあるといわれています。毛細血管が拡張されれば髪の毛を作る部分に、発毛や育毛に不可欠な栄養素を送り届けるサポートを、よりスムーズに行う可能性がでてくるわけです。またビタミンEはビタミンCと一緒に摂取すると、相互作用で抗酸化力がアップするともいわれています。

そもそも抗酸化作用には一体どんな効果が期待できるのでしょうか。人の体には、過剰なストレスや紫外線、生活習慣の乱れによって大量の活性酸素が作られます。これらの活性酸素は本来必要不可欠なものですが、量が増えすぎると体を錆びつかせ、細胞を傷つけるようになるといわれています。体が酸化すると、育毛や頭皮への悪影響にもつながる恐れがあります。それを防ぐためにも抗酸化作用は重要といえます。キウイは育毛にも大切な抗酸化作用を持つビタミンEとビタミンCを、それぞれたくさん含んでいます。

育毛に効果的な栄養素その3. カリウム

薄毛や抜け毛を改善する一つの手段は血流を良くすることで、ビタミンEには血管を広げてくれる働きがあることはご紹介しました。しかしその血管を流れる血液がドロドロだと栄養素の運搬はスムーズに行われない恐れがあります。そこで注目したいのがカリウムです。

キウイに含まれるカリウムは、塩分の排出を促して高血圧をある程度抑制する効果があります。果物のなかでカリウムの含有量が比較的多いのがキウイです。慢性的な高血圧は心筋梗塞など血管の病気を引き起こすリスクがあります。また血流が悪くなることで育毛に影響がでる恐れもあります。

キウイに過信は禁物!

ここまでご紹介してきたように、キウイには育毛や抜け毛改善に役立つといわれる栄養素が豊富に含まれています。しかし一度に多量を摂取したからといって症状が劇的に改善されるわけではありませんし、長期的に食べ続けてもそれだけで抜け毛が治まり髪が生えるわけではありません。

あくまでも毎日の食事の栄養補助として摂取していくことが大切です。これはキウイに限った話ではなく、その他の食品やサプリメントにも同じことがいえます。薄毛や抜け毛には、原因別にそれぞれ違った対処方法が必要です。

特にAGAの場合は、男性ホルモンの作用による疾患であるため、薄毛を自然治癒することは難しいといえます。どんどん症状が進行してしまう前に、医療機関で診断してもらうことが薄毛改善の一番の近道です。最近はAGA治療に特化した病院もたくさんあります。東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)もその一つ。薄毛治療を専門に扱う当院では診察やカウンセリングを無料で行なっています。まずは医師やカウンセラーに薄毛の悩みを相談して、ご自身の薄毛の原因を知ったうえでに対策を講じてみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について