このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】薄毛予防に効果はある? 栄養素タウリンのパワー

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

魚介類に多く含まれており、疲労回復をしてくれる栄養素として知られている「タウリン」。タウリンは人の体内で合成ができ、他の生体内にも多く存在している成分の一種です。そのタウリンには薄毛予防に効果が期待できるという説があります。今回のAGAタイムスではタウリンと薄毛予防の真相について説明します。

タウリンが持つパワー

タウリンは硫黄を含む「含硫アミノ酸」の一種のシステインやメチオニンから合成することができる栄養素です。よくタウリンは含硫アミノ酸に分類されることがありますが、アミノ酸に必須のカルボキシル基を持たないため、正確には狭義でも広義でもアミノ酸ではありません。ただし栄養学上では便宜上、含硫アミノ酸と呼ばれる場合があります。

タウリンの効能は多岐に渡ります。主な役割は胆汁酸の分泌を促すことで肝臓の働きを活発にし、体内の毒素を排出することです。また血中コレステロール値を下げたり、血圧を調節する働きもあります。さらにタウリンの上昇によって神経伝達物質のドーパミンやアドレナリンが減少するほかにも、老化や肌トラブルの原因となる活性酸素から身を守る効果もあるとされています。加えてメラニンの生成をおさえ肌のターンオーバーを促すことから、シミやくすみの予防にも効果があるといわれています。

人体の心筋や筋肉、目の網膜、脳、骨髄などにもタウリンは存在しており、体内の全タウリン量のおよそ半分以上は筋肉に存在するといわれています。そのためタウリンが不足すると様々な疾患を招くリスクが高まります。 しかし残念なことに、人間の体内で生成できるタウリンの量はごくわずか。そのため食材で補うことが推奨されています。タウリンは魚介類に多く含まれており、十分に摂取することで健康をサポートする力が期待できます。

タウリンと薄毛予防の関係

人間の体に様々な良い影響を与えてくれるタウリンですが、気になる薄毛との関係性はどうでしょうか。

●コレステロール値を下げて育毛に最適な健康体に
コレステロール値が高いと体内の中性脂肪が増えるため、動脈硬化や脳梗塞など重大な疾患を招きやすくなります。また血中脂肪によって血液がドロドロした状態になり、冷えや血行不良などの不調を招いたり体内の循環が通常より鈍くなる恐れがあります。その結果、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が頭部の毛細血管にまで届きにくくなる可能性が出てきます。
血行不良など体内循環の悪化が抜け毛の直接的な原因になることは考えにくいものの、正常な育毛が妨げられる可能性はあります。そのためコレステロール値を下げる効果を持つタウリンを摂取することで血行促進に繋がり、結果的に育毛促進が期待できるという考え方もできます。何事も基本となるのは健康的な体です。育毛や発毛だけに捉われず、健康的な体づくりも意識しながら薄毛改善に取り組むとよいでしょう。
●タウリンには毛髪の修復効果も
「タウリンが含まれた溶液の中に、傷んだ毛髪を入れると毛髪のダメージが修復された」という驚くべき研究結果が報告されています。まだ研究段階ではありますが、確実にメカニズムが解き明かされたなら、今後はトリートメント等のヘアケア製品にタウリンが使用される将来が来るかもしれません。

  

タウリンが多く含まれる食品

人間の体内で生成できるタウリンの量はごくわずかなため、食べ物から摂取することが大切です。特にタウリンは魚介類に多く含まれています。

タウリンが豊富に含まれている食材(100gあたりの含有量:単位mg)

  • ●サザエ……およそ945〜1,500mg
  • ●牡蛎……およそ70〜1,130mg
  • ●ハマグリ……およそ550〜1,080mg
  • ●ホタテ……670〜1,000mg
  • ●タコ……およそ830〜1,670mg
  • ●イカ……およそ700mg
  • ●アサリ……およそ210〜420mg
  • ●しじみ……およそ110mg
  • ●カツオ……およそ160〜830mg
  • ●牛肉……およそ0.14mg〜1.3mg
  • ●鶏肉……およそ0.7〜3.6mg

食材の旬の時期や部位、種類によって多少バラつきはありますが、基本的に貝やタコ、イカなどの魚介類にタウリンは多く含まれています。肉類にもタウリンは存在しますが、魚介類と比較すると含有量は低くなります。タウリンは水溶性のため水に溶けやすく熱に弱い性質を持っています。

タウリンの過剰摂取に注意

サプリメントや栄養ドリンクなどによるタウリンの摂取方法もありますが、過剰摂取はよくありません。様々な食材が手軽に入手できる現代では、特別な理由がない限り特定の栄養素が欠乏することはほとんどないといわれています。そのためサプリメントは食事の栄養バランスが著しく偏っている場合などに、栄養補助として活用するとよいでしょう。また栄養ドリンクは糖質など他の成分も多く含んでいるため、その点での注意も必要です。

仮にタウリンを摂取しすぎた場合でも、汗や尿となって分泌されるため、普段の食事における過剰摂取の心配はないとされています。しかしサプリメントやドリンク剤などから過剰に摂取した場合、嘔吐や下痢、腹部不快感、便秘、食欲不振、アレルギーなどの副作用を引き起こす可能性があります。日頃からサプリメントを用いるのは一つの手段ではありますが、過剰摂取には気をつけましょう。

含硫アミノ酸の一種から作られるタウリンは様々な作用を持ち、人体には欠かせない栄養素です。不足しないよう常に補っていくことで育毛を促進できる可能性もあります。食材から上手く摂取し、健康的な体や髪の毛を育む環境を整えていきましょう。

育毛に適した体づくりは薄毛改善の第一歩といえます。しかし、男性ホルモンが関わるAGA(男性型脱毛症)などの場合は、治療薬での改善が効果的だといわれています。抜け毛や薄毛が気になる方は、健康体を保ちつつ、まずはAGA治療専門の病院やクリニックで診察を受けてみるのも良いかもしれません。

AGA治療専門の病院であるAGAヘアクリニックでは薄毛に関する診察や相談を無料で行なっております。東京・JR山手線「秋葉原」駅から徒歩4分、または東京メトロ日比谷線「末広町」駅から徒歩4分のオフィスビル内に所在するため人目にもつきにくく通いやすい病院です。また遠方で通うのが難しい方のためにテレビ電話を使用したオンライン診療も行なっております。遠方にお住まいの方もお気軽にお問い合わせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴