このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】抜け毛予防はアンチエイジングのひとつ! 加齢と薄毛の関係とコラーゲンの重要性

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

昨今よく耳にする「アンチエイジング」という言葉。アンチエイジングとは“加齢による老化には予防が可能である”という考えから生まれた「抗加齢・抗老化医学」のことをいいます。言葉の意味から女性の美容のための医療分野だというイメージが強いかもしれません。しかし、抜け毛予防もアンチエイジングのひとつ。薄毛が気になる男性にも関心のある分野でしょう。今回のAGAタイムスは、加齢と薄毛の関係や、体内のコラーゲン維持によって得られる効果などをご紹介します。

加齢により低下する体の機能

加齢による老化現象には個人差がありますが、一般的にはシミやシワ、筋肉量の低下、脂肪の蓄積、薄毛などが挙げられます。これらの現象は、生活習慣の乱れによる細胞の機能低下や体内タンパク質の糖化、活性酸素による細胞の酸化、男性ホルモン・女性ホルモンの減少など、様々な要因によって引き起こされるといわれています。

老化が進行すると体内の機能が徐々に低下していきます。体の機能が低下すると、髪の成長に関わる細胞の働きなども低下し、その結果薄毛や抜け毛が進行してしまう恐れがあります。

老化が進むと髪の毛も抜ける?

毛根の根元である毛球には、頭皮の毛細血管と繋がる「毛乳頭」があります。この毛乳頭の周りには「毛母細胞」という髪の元となる細胞が存在し、毛乳頭細胞から発毛のシグナルを受け取って細胞分裂を行ないます。この細胞分裂によって髪が成長します。毛母細胞は毛根部にある「毛包幹細胞」という幹細胞から自己複製されます。この毛包幹細胞はコラーゲンの一種である「17型コラーゲン」によって維持されています。

加齢によりヘアサイクルが進行し細胞分裂が繰り返されると、DNAに損傷を与えてしまいます。若くて健康な内はDNAが持つ自己修復機能によってダメージを修復することが可能です。しかし、加齢により機能が衰えるとDNAを修復するために毛包幹細胞の中で「好中球エラスターゼ」という、本来作られるはずのない酵素が作られます。この酵素はたんぱく質を分解するとされ、その影響で17型コラーゲンが分解されると考えられています。

コラーゲンの助けを失った毛包幹細胞は枯渇し、自己複製機能が消失され角化細胞へと分化。やがてフケや垢となって剥がれ落ちます。その結果、ヘアサイクルが短縮されて毛包が消失し、髪の毛が生えなくなってしまいます。これが加齢によって薄毛が進行する原因であると考えられています。

老化の原因のひとつ「活性酸素」とコラーゲンの関係

老化の原因のひとつとされる「活性酸素」は、日常的に体内で作られており、正常な量であれば細菌などから体を守ってくれます。しかし、ストレスや紫外線、喫煙、生活習慣の乱れなどが原因で活性酸素が異常に増加すると、コラーゲンにダメージを与え、髪の成長に関わる細胞にまで影響を及ぼす可能性も。ただし、毛包幹細胞は急激に減少・消滅するわけではありません。細胞の老化が起こる前に体内のコラーゲンをできるだけ維持することで、抜け毛や薄毛の抑制に繋がるでしょう。

前述の通り、老化による薄毛はヘアサイクルの進行によって17型コラーゲンが必要以上に分解され、毛包幹細胞の自己複製機能が消失することで起こるといわれています。つまり、逆をいえば毛包幹細胞の機能を維持するために17型コラーゲンを体外から取り入れることができれば、加齢による薄毛や抜け毛を抑制することができると考えられます。しかし、残念ながら現在の医学では17型コラーゲンを人工的に作るのは困難です。17型コラーゲンの減少をこれ以上加速させないためには、体内でのコラーゲン生成を促進させることが大切です。

アミノ酸を摂取してアンチエイジングを図ろう

コラーゲンは体内でアミノ酸に分解されるため、コラーゲンの経口摂取は困難とされています。そのためコラーゲンの原料となるアミノ酸を多く摂取して、コラーゲンの生成を促す事が大切です。肉や魚、豆など、アミノ酸を含む食材を食事に取り入れると良いでしょう。

コラーゲンは酵素の力でその構造を維持しています。この酵素を補助する役割を担っているのが「ビタミンC」です。この成分もコラーゲンの生成に必要不可欠であるといわれているため、ビタミンCを摂取することで、コラーゲンの減少予防にも期待ができます。

加齢による抜け毛や薄毛に対するアンチエイジングとして、まずは食事などの生活習慣を見直し、健康的な体づくりを実践することが大切です。しかし、健康状態や頭皮環境が良好にも関わらず抜け毛が進行している場合には、AGA(男性型脱毛症)など別の原因が考えられます。AGAは早期治療で改善されるといわれています。抜け毛や薄毛が気になる方は、一度AGA治療専門の病院で医師に相談してみてはいかがでしょうか。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では各種AGA治療薬を取り揃えており、患者様一人ひとりに合わせた治療プランをご提案します。薄毛のご相談や診察は何度でも無料ですので、お気軽に当院へご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について