このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】ビーツで育毛促進? “奇跡の野菜”と呼ぶにふさわしい栄養素

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

日本ではあまり馴染みのない野菜「ビーツ」。ロシア料理のボルシチなどに使われる赤い根菜で、豊富な栄養素を含むことから“奇跡の野菜”“食べる輸血”などともいわれており、近年ではスーパーフードとしても注目が高まっています。

ビーツに含まれる栄養素には様々な作用があり、中でも血流を改善させる作用は育毛を助長する働きがあるといわれているため、薄毛予防にも期待が持てます。今回のAGAタイムスでは、ビーツに含まれる様々な栄養素や育毛への影響をご紹介します。

ビーツとは?

ビーツは根菜の一種で、アカザ科のサトウダイコンという種類に含まれます。見た目は赤カブに似ていますが実はホウレン草の仲間で、品種によっては砂糖の原料となる「甜菜」として扱われるものもあります。原産地は地中海沿岸部で、英語では「テーブルビート」や「ビート」など、日本では「火焔菜(カエンサイ)」とも呼ばれています。ビーツはその栄養価の高さから「スーパーフード」にも認定され、最近では日本でも注目が高まっています。

スーパーフードとは食材と健康食品の用途を併せ持ち、栄養価・栄養バランスに優れた食品だけが認定される称号のこと。ビーツにはカリウムやマグネシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、鉄といったミネラルが豊富に含まれているほか、ナイアシン、ビオチン、ビタミンA、C、葉酸、食物繊維、ベタシアニン、パントテン酸といった成分も豊富に含まれています。この栄養価の高さは古代ローマの時代から重宝され、便秘や発熱の治療にも用いられていたといわれています。

《ビーツに含まれる栄養素1》カリウム

ビーツに含まれる豊富な栄養素のひとつ「カリウム」は、塩分の排出に欠かせない栄養素です。塩分の過剰摂取は血流の悪化や高血圧症、肥満などの生活習慣病を招く恐れがあります。血流が悪化すると頭皮に繋がる毛細血管まで十分に栄養素が行き渡らなくなり育毛を阻害する可能性も。

健康な髪を維持するには健康な体を維持することが大切です。過剰な塩分を排出できるカリウムを摂取することで、健康維持や育毛に期待できるでしょう。

《ビーツに含まれる栄養素2》鉄分

鉄分は体内で「ヘモグロビン」という物質に変換されます。ヘモグロビンは体内で酸素の運搬役を担っており、生命活動の維持にも大切な酸素を循環させて細胞の活性化や細胞分裂を促しています。しかし鉄分が欠乏してヘモグロビンが減少すると、体内に十分な酸素が巡らなくなる恐れがあります。

また鉄分が過度に不足することで鉄欠乏症になることも考えられます。鉄欠乏症になると、全身の器官や組織に酸素が十分に行き渡らなくなり、めまいや動悸など様々な症状を引き起こすことも。髪の毛が細く弱くなったり異常に抜けやすくなったりと、育毛が妨げられることもあるため、鉄分は薄毛予防にも有用な栄養素であるといえます。

“食べる輸血”とも称されるビーツには鉄分が豊富に含まれています。適量を積極的に摂取して鉄分不足を防ぎ、健康体の維持や細胞の活性化を促進させることができるでしょう。

《ビーツに含まれる栄養素3》葉酸

「葉酸」は、ビタミンB群の一種であるビタミンB9のことを指します。葉酸は細胞の生成に必須の「核酸」を合成するほかビタミンB12と共に赤血球の生成を行なっており、葉酸が不足すると貧血になる恐れがあります。

葉酸を摂取することで貧血を防ぎ細胞の生まれ変わりに必要な核酸の合成を促すことができるため、育毛にも効果が期待できます。

一酸化窒素(NO)の血管拡張作用

ビーツに含まれている無機硝酸塩(NO3)を摂取すると、体内で一酸化窒素(NO)が生成されます。一酸化窒素は神経伝達物質としての作用や血管拡張作用、降圧作用があるといわれています。

一酸化窒素によって血管が拡張されると頭皮の毛細血管まで栄養素が行き渡りやすくなるため、育毛の効果が期待できます。また動脈硬化の予防や冷え性の改善、むくみ防止などにも役立つとされています。

健康体を維持しても薄毛が進行する場合は「AGA」の可能性も

ビーツには健康や髪に良い影響を与える栄養素が豊富に含まれているので、髪の毛や体の健康のためにもビーツの摂取は効果的であるといえるでしょう。

ただしビーツはあくまでも栄養価の高い食材であり、ビーツを摂取したからといって必ずしも薄毛や抜け毛が改善される訳ではありません。健康な体を維持し頭皮環境を改善しても抜け毛や薄毛が進行する場合は、AGA(男性型脱毛症)である可能性があります。薄毛でお悩みの方は、一度AGA治療の専門病院などで医師に相談すると良いでしょう。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックも薄毛治療専門病院の一つ。医師による診察や相談は無料で行っておりますのでぜひ一度、診察を受けてみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について