このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

都民も知らなかった! 東京都屈指の生産量を誇る野菜に秘められた育毛パワーとは

サプリ・栄養

日本の首都、東京。高層ビルが立ち並び人で溢れているなど、都会のイメージが多いのではないでしょうか。実は、そんな大都市東京にも屈指の生産量を誇る野菜が存在するのです。それも育毛に良いとされる栄養が入った野菜ばかり。今回のAGAタイムスでは、東京で栽培されている生産量が多い3つの野菜について、育毛の観点からご紹介します。

東京都の農業事情

東京都の耕地面積は約7,400ヘクタールほどといわれており、総面積のおよそ3.4%に相当します。各県の総面積に対する耕地面積比率の平均は12.1%で、東京都の総面積比は全国でも最小。しかし多摩地区を中心に比較的広大な農地が残っており、東京都の離島である小笠原諸島などでも農業が営まれています。

奥多摩地区では野菜や果樹の栽培をはじめ酪農など幅広く行われています。一方で年間を通して温暖な気候が続く小笠原では里芋や明日葉の栽培など、その気候を活かした農業が行われています。

東京には「江戸東京野菜」と呼ばれる農作物が存在します。江戸東京野菜は“種苗が昭和中期頃からの在来種であること”などが定義とされており、練馬大根や城南小松菜などをはじめ45品目が登録されています(2016年現在)。

東京都が生産量上位の作物 その1:唐辛子

江戸東京野菜の一種でもある唐辛子。東京都の唐辛子生産量は2010年時点で日本全体のおよそ1/4を占めていました。小笠原をはじめとする東京都島嶼部(とうきょうととうしょぶ)で多く生産されています。

小笠原で生産されるキダチトウガラシは「硫黄島トウガラシ」とも呼ばれ、小ぶりで非常に辛いのが特徴。また新宿地域のブランド野菜である「内藤とうがらし」は一度は生産が中止されましたが、内藤とうがらしの復興プロジェクトとして生産を再開。2013年には東京江戸野菜に認定されました。

唐辛子には辛味成分のカプサイシンをはじめ、ビタミンAやビタミンE、カリウム、鉄分などを豊富に含んでいます。特にカプサイシンは血行促進作用に優れており、冷え性や血行不良の改善にも効果的とされています。育毛に適した頭皮環境や健康体を維持するためにも、血行促進は大切な要素のひとつです。そのため、唐辛子は正常な育毛を促すための体づくりにも効果が期待できるといえるでしょう。

東京都が生産量上位の作物 その2:ルッコラ

唐辛子に続き生産量が多いルッコラ。別名「ロケットサラダ」とも呼ばれ、若い葉は「ベビーリーフ」の名で販売されています。ゴマのような香りと微かな香りが特徴で、海外でもポピュラーなハーブとして人気を博しています。

ルッコラは主に西東京市や江戸川区などで栽培されており、日本全体のおよそ1/4の生産量を誇ります(2010年現在)。日本国内では東京のほか静岡や千葉などでも生産されています。

ルッコラの辛味成分である「アリルイソチオシアネート」には、抗酸化作用や殺菌作用をはじめ血流促進、整腸作用など様々な効果があるといわれています。このほかにもコラーゲン生成の手助けをするビタミンCも豊富なため、頭皮環境を整える効果も期待できます。さらに日常生活で不足しがちな鉄分やカルシウムも多く含まれているので健康維持のサポートにも役立つでしょう。

東京都が生産量上位の作物 その3:小松菜

東京都の江戸川区は小松菜発祥の地といわれています。その昔徳川家の将軍が鷹狩りに訪れた小松川村(現在の江戸川区西部)で名前のない野菜の味に満足した将軍が村の名前をとって「小松菜」と名付けたことが名前の由来とされています。東京では江戸川区のほかにも葛飾区や足立区、西東京市などでも広く栽培されています。

小松菜にはβカロテンやビタミンC、ビタミンEなどの栄養素が豊富に含まれています。βカロテンは野菜の色素成分で、体内で必要に応じてビタミンA源として働きます。これらのビタミン類は強い抗酸化作用を持つため、活性酸素を抑制して頭皮の老化や細胞の劣化を防ぐ働きがあるといわれています。そのほか、新陳代謝を高めることで頭皮環境を改善したり毛細血管の血流を促したりする効果も持ち合わせています。また、ルッコラと同じく鉄やカルシウムといったミネラルも豊富です。

薄毛改善は一日にして成らず

東京都が国内生産量上位を占める野菜は、どれも豊富な栄養素を持っています。しかし、これらの食材を食べるだけで薄毛が改善されるわけではありません。バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動など、生活習慣を整えて育毛に適した健康状態を維持することが大切です。

薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)やそのほかの脱毛症である場合は、内服薬や外用液による治療など、別のアプローチも必要になります。これらの治療薬はAGA治療の専門とした病院などでの処方が可能なので、薄毛を改善したい方はAGA治療専門病院を受診してみると良いでしょう。

髪の毛でお悩みの方

AGA治療費を見る
長友選手が語るAGAとは

髪の毛でお悩みの方

インタビューを見る
長友選手が語るAGAとは