このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】黒酢の成分に育毛効果!? 黒褐色に隠された美味しい魅力とは

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

育毛に良いとされる食べ物は様々ありますが、健康食品として知られている黒酢には育毛にも良いとされる栄養素が豊富に含まれています。その理由は、黒酢特有の「色」に隠されているようです。そこで今回のAGAタイムスは「黒酢と育毛の関係」について説明します。

黒酢とは?

黒酢は褐色の見た目とまろやかな酸味が特徴の醸造酢の一種です。黒酢特有の褐色には、黒酢に含まれる「アミノ酸」が関係しています。

農林水産省のJAS規格によると、黒酢とは発酵や熟成によって褐色又は黒褐色に着色したものと定義されています。黒酢には主に米を原料とする「米黒酢」と大麦を原料とする「大麦黒酢」の2種類があります。黒酢の色と味は長く熟成させればさせる程濃くなり、同時に含まれるアミノ酸の量も多くなるといわれています。黒酢独特の香りとまろやかな酸味は、食欲増進効果が期待できます。

黒酢に含まれる育毛に良い栄養素とその効果とは

黒酢には豊富な栄養素が含まれており、育毛にも良い効果が期待できます。ここで黒酢に含まれる主な成分とその効果についてご紹介します。

◯アミノ酸

黒酢には豊富なアミノ酸が含まれています。アミノ酸は人体のおよそ20%を占めており、人にとって欠かせない栄養素です。髪の毛の元となるタンパク質もアミノ酸からできているため、黒酢を食事に取り入れることで健康な髪の毛を育てる効果が期待できます。

アミノ酸には、体内で生成できず食べ物から摂取する必要のある「必須アミノ酸」と、体内での生成が可能な「非必須アミノ酸」の2種類があります。黒酢に含まれているアミノ酸は、すべて必須アミノ酸です。

【黒酢に含まれる9種類の必須アミノ酸】

  • ・メチオニン
  • ・トレオニン
  • ・リジン
  • ・ロイシン
  • ・イソロイシン
  • ・バリン
  • ・フェニルアラニン
  • ・ヒスチジン
  • ・トリプトファン

◯ビタミンB群

ビタミンB群には細胞の生成を助ける効果や皮膚粘膜を強くする効果などがあるといわれており、育毛環境の改善に期待がもてるとされています。また髪の毛の成長に必要な栄養素は血液を介して毛母細胞まで送り届けられますが、ビタミンB群には血行促進効果もあるといわれているため、育毛効果が期待できます。

◯酢酸

黒酢を構成している酢酸は、体内に摂取されることでクエン酸に変換されます。このクエン酸は育毛には欠かせないミネラルや鉄分、カルシウムなどの吸収を助ける働きがあります。

育毛以外に期待できる黒酢の嬉しい効能

黒酢には育毛以外にも、健康面に良い効果が期待できます。

1)高血圧の予防
塩分の摂りすぎやストレス、過労などにより血圧が高くなると血管にかかる負担が大きくなり、動脈硬化による心筋梗塞などの病気に繋がる恐れがあります。黒酢に含まれる「アルギニン」には血管を柔軟にする働きがあり、長期的な摂取によって高血圧による病気のリスクを下げるといわれています。
2)抗酸化作用
黒酢には活性酸素を抑制する働きがあります。活性酸素は本来体内の細菌を除去する役割を果たしていますが、酸化力が強すぎると正常な細胞を酸化させ老化を招いたり、様々な疾患になりやすくしてしまう恐れがあります。黒酢の中に含まれる「メラノイジン」という成分には非常に強い抗酸化作用があり、細胞の酸化を防いで若々しく保つ効果が期待できます。
3)大腸疾患のリスク軽減
とある研究では「黒酢を飲むと潰瘍性大腸炎や大腸がんの発生リスクを抑える効果がある」という結果が報告されています。健康診断などで大腸検査の結果が不安だったという方は、検査などと合わせて黒酢を食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この他にも黒酢による肥満の改善や認知症予防などの研究が進められており、黒酢の健康効果がさらに実証されていく可能性があるでしょう。

黒酢を過剰摂取するとどうなる? 正しい摂取方法とは

習慣的に黒酢を摂取することで育毛や体の健康に良い影響が期待できますが、摂取する際には注意が必要です。黒酢の酢酸は濃度が高く基本的に原液の状態で摂取すると刺激が強すぎてしまい、胃などの消化管にダメージを与え下痢や腹痛などの原因となる可能性があります。さらに就寝前に黒酢を飲むと、睡眠中に酢酸が歯を溶かしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

黒酢を摂取する際には食べ物にタレとしてつけて食べるか、料理の調味料として使用するのがおすすめです。直接飲む場合には5倍以上薄めた状態で飲むようにし、多量に摂取はしない方が良いでしょう。また食事中や食後など“空腹状態でないタイミング”に飲むことで消化器へのダメージを軽減することが期待できます。就寝前に飲んだ場合は酢酸による影響を考慮し、口をゆすぐなどして口内を洗浄すると良いでしょう。

薄毛が気になる場合は根本的な薄毛対策を

黒酢には、育毛にとって大切な栄養素であるアミノ酸が多く含まれています。アミノ酸は育毛以外にも病気の予防やアンチエイジングなどに効果があるといわれています。摂取方法に気をつけながら、黒酢を毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

食生活を意識して栄養バランスの良い食事を摂取していても薄毛が気になるという方は、もしかするとAGA(男性型脱毛症)かもしれません。AGAは男性ホルモンにより起こる男性特有の脱毛症で、AGA治療薬を飲むことで改善が期待できます。東京・秋葉原駅からすぐのAGAヘアクリニック(以下当院)では、患者様の症状に適したAGA治療薬をご紹介しています。カウンセリングや診察は無料ですので、薄毛や抜け毛が気になる方はお気軽に当院までお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について