このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】梅干し×育毛!? 毎日一粒の習慣に秘められたパワーとは

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

日本で昔から保存食として親しまれてきた「梅干し」。独特の酸っぱさから好き嫌いが分かれることもありますが、梅干しには豊富な栄養素が含まれています。一粒の栄養価が高い梅干しには、育毛をサポートする働きも期待できます。今回のAGAタイムスは、梅干しに含まれる豊富な栄養素と育毛の関係についてご紹介します。

梅干しに含まれる豊富な栄養素

梅干しには様々な種類の栄養素が含まれているため、健康に良い様々な効果が期待できます。例えば「梅リグナン」のひとつである「エポキシリオニレシノール」には、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する効果が期待できます。また梅干しには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が含まれていますが、食物繊維は2種類が相互に作用することで腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促し、腸内環境を整えるといわれています。他にもナトリウムとカリウムは、筋肉の働きをはじめ生命を維持するのに欠かせない栄養素といわれています。

【梅干しに含まれる主な栄養素】

  • ・カリウム
  • ・食物繊維
  • ・リン
  • ・ナトリウム
  • ・ビタミンA
  • ・ビタミンB2
  • ・ビタミンC
  • ・梅リグナン(植物ポリフェノール)
  • ・ムメフラール
  • ・クエン酸
  • ・リンゴ酸
  • ・ピクリン酸
  • ・クロロゲン酸
AGAの早期治療について

育毛効果が期待できる梅干しの栄養素とは?

【クエン酸】

梅干しに含まれる栄養素の中でも育毛に関わる良い効果が期待できる栄養素のひとつが「クエン酸」です。疲労回復など体の代謝を向上させる栄養素として有名なクエン酸ですが、その他にも鉄・亜鉛・マグネシウムなど、ミネラルの体内吸収率をあげる効果があると考えられています。

ミネラルは人間が生きていくために必要な栄養素であると同時に、育毛のためにも大切な栄養素です。ミネラルは体内では生成できないため、食事などから摂取しなければ不足してしまいます。単体では吸収率が低いといわれるミネラルですが、クエン酸と一緒に摂取することで吸収を良くする効果が期待できます。

【亜鉛】

ミネラルの一種である亜鉛には細胞を活性化させる働きがあるとされており、髪を作る「毛母細胞」の活性化も期待できます。亜鉛が含まれる食材はアーモンド、ゴマ、いわし、納豆、豚レバーなどが挙げられます。また亜鉛は髪を構成する「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質の合成にも欠かせないミネラルであり、不足すると育毛を阻害する可能性があります。さらに髪を覆うキューティクルを保護するコラーゲンの生成を促す効果もあるといわれています。

亜鉛の1日の摂取推奨量は、2015年度版の食事摂取基準において成人男性で10mg、成人女性で8mgとされています。普段の食生活で栄養バランスが偏りがちな方は、意識して大豆食品やレバーなどを摂リ入れてみると良いでしょう。ただし亜鉛をサプリメントで摂取する場合は、過剰摂取にならないよう用法用量を守ってください。亜鉛を過剰摂取すると吐き気、食欲不振、胃痙攣、下痢および頭痛などの症状が起こる場合があるとされています。また長期間に渡って過剰摂取すると、体内の銅が減少したり、免疫が低下したり、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が減少するなどの問題が生じる恐れがあるとされています。

【ビタミン】

梅干しには数種類のビタミンも含まれていますが、その中でも育毛や薄毛予防の効果が期待できるビタミンの働きについてご紹介します。

◯ビタミンA
ビタミンAは皮膚を構成する細胞の生成に関わる栄養素です。また免疫作用など体の健康維持にも役立っています。ビタミンAが不足すると皮膚粘膜の角質化を招く恐れがあるといわれており、それによって頭皮環境が悪化し薄毛や抜け毛に繋がる可能性があります。
◯ビタミンB2
たんぱく質の合成に関わり皮膚や髪を作る手助けをする働きのあるビタミンB2は、全身の成長とエネルギー代謝、特に脂質の代謝にも関与しているといわれています。そのためビタミンB2が不足すると脂質代謝に影響を及ぼし、脂漏性皮膚炎を招く場合があります。脂漏性皮膚炎によって頭皮環境が悪化すると、薄毛や抜け毛を引き起こす可能性もあります。
◯ビタミンE
強い抗酸化作用を持つビタミンEには、血管や肌などの老化予防が期待できます。また毛細血管を広げて血流を促す効果もあるといわれています。細胞の新陳代謝を活性化して皮膚の乾燥を防いだり、美容にも効果が期待できます。
◯ビタミンC
ビタミンCはビタミンEと同じく、活性酸素を抑える抗酸化作用を持っています。さらに皮膚の構成に使われるコラーゲンの生成や、鉄の吸収を促す働きもあるとされています。ビタミンCも、やはり頭皮環境を整えるうえで大切な栄養素といえます。

薄毛の治療は専門クリニックへ

特にクエン酸の疲労回復効果が有名な梅干しですが、他にも頭皮環境の改善や育毛のサポートに役立つ様々な栄養素も含まれています。食事に梅干しを一つ加えてみると良いかもしれません。

健康な食生活は育毛環境にとって大切ですが、もっと積極的な育毛促進、薄毛対策をしたいという方は、薄毛治療の専門クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。東京の秋葉原駅から4分の場所にあるAGAヘアクリニックでは具体的な薄毛対策について、医学的根拠に基づいたご提案をしております。カウンセリングや診察は無料ですので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について