このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】青汁で育毛!? 野菜の王様「ケール」の豊富な栄養素

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

独特な風味から好き嫌いが大きく分かれる飲み物として知られている青汁。青汁とは「生の緑葉野菜を絞った汁」のことを指しますが、一般的にはケールや大麦若葉、明日葉などが主原料として使用されています。中でもケールは野菜の王様と呼ばれているほど栄養価が高く、適量の摂取で様々な効果が期待できます。そんな栄養満点なケールには育毛にも欠かせない栄養素も含まれています。今回のAGAタイムスはケールの栄養素や、育毛に関わる効果について詳しく解説します。

ケールを多く含む「青汁」とは

青汁には様々な緑葉野菜が使用されますが、どの野菜を使用するにあたっても生のものを使用することが前提です。そのため食物繊維などの不足しがちな栄養素やミネラルを摂取しやすく、手軽な健康食品としても親しまれています。

青汁は粉末タイプのものが多く、生の緑葉野菜を絞ったものがそのまま凝縮されているため、加熱処理されたものよりも効率的に栄養素が摂取できるといわれています。

ケールの栄養素

青汁の主原料にも使われるケールは葉キャベツとも呼ばれているキャベツの原種にあたる植物です。ケールは栄養素の含有量が多いことが大きな特徴です。

《ケールに含まれる主な栄養素》

■βカロテン
特に豊富に含まれているβカロテンは体内で必要な分だけがビタミンAに変換され、プロビタミンAとして働きます。このプロビタミンAは体内の免疫システムや様々な内臓機能を助け、強い抗酸化作用にも優れているといわれています。
【含有量:100gあたり2900μg】
■ビタミンK
ビタミンKは骨のタンパク質を活性化させたり、血液を凝固して止血させる因子を活性化させる働きがあります。体内では食品などから摂取されたビタミンKと体内で生成されるビタミンKの双方が活用されています。
【含有量:100gあたり210μg】
■ビタミンE
ビタミンEは酸化防止作用を持ち細胞をダメージから守る働きがあります。またウィルスを撃退するための免疫機能を高めたり血管で血液が固まるのを防いだりする血管拡張作用も持ち合わせています。
【含有量:100gあたり2.4mg】
■ビタミンC
ビタミンCにもビタミンEと同様に抗酸化作用があります。またタンパク質の一種であるコラーゲンの生成にもビタミンCを必要とします。
【含有量:100gあたり81mg】
■カルシウム
カルシウムは骨や歯を形成している大切な栄養素です。その他にも筋肉運動や神経の働きなど体内の様々な機能を担っています。
【含有量:100gあたり220mg】

このようにケールにはβカロテンをはじめビタミンEやビタミンCなど様々な栄養素が豊富に含まれています。そのためケールを摂取することで様々な健康効果はもちろん、美容効果や免疫向上なども期待できるといわれています。

ケールに含まれる育毛要素とは?

ケールに含まれる豊富な栄養素の中には、育毛に影響を与えるとされる栄養素も含まれています。

体内で必要に応じてβカロテンから変換されたビタミンAは、体に悪影響を与えるとされる活性酸素を抑制する抗酸化作用に優れているといわれています。活性酸素が体に発生すると体内の細胞や機能が老化し枯渇していくと考えられています。

様々な機能が枯渇し体の内部が衰えてしまうと、髪の毛の育毛や発毛にまで悪影響を及ぼすことが予想されます。そのためβカロテンの抗酸化作用は体内の機能を老化から守るだけではなく育毛にも良い影響を与えると考えられます。

同じようにケールに豊富に含まれているビタミンCを摂取すると、毛包幹細胞がコラーゲンを生み出す働きをサポートしたり、ビタミンCとクエン酸を併せて摂取することで髪の栄養源の一種である亜鉛の吸収率を高めることに貢献します。

さらにβカロテンやビタミンEが持つ血管拡張作用は、髪の毛の成長に必要な栄養素や酸素を頭皮の毛細血管に送りやすくする働きがあるといわれています。頭皮へ十分な栄養素が行き渡ることで髪の毛の成長に役立つだけではなく、育毛に適した頭皮環境も保ちやすくなると考えられます。その他にもケールに含まれる亜鉛は髪の毛の生成に重要な役割を担うミネラルの一種であるため育毛に良い影響を与えることが考えられます。

このように直接発毛には繋がらなくとも、何らかの形で正常な育毛や健康な頭皮の形成をサポートする働きを担う栄養素が、ケールにはたくさん含まれているのです。

オススメな摂取方法と注意事項

ケールにはたくさんの栄養素が含まれています。しかし独特な苦味があるため生野菜で食べるのは難しいと感じる人もいるでしょう。ケールに含まれている栄養素のうち、ビタミンCなどは加熱すると栄養価が損なわれてしまいますが、食物繊維やミネラルは熱を加えても壊れにくい栄養素です。そのため炒め物や茹で野菜にしても有効な栄養素を摂取しやすいといわれています。簡単な調理方法は茹でておひたしにしたり、オリーブオイルなどで炒める方法です。ご自身のライフスタイルに合った調理法で無理なく摂取するのが良いでしょう。

ケールは確かに栄養価に富んだ野菜ですが過剰に食べればよいというものでもありません。適量を定期的に摂取することが重要です。過剰摂取すると人によっては吐き気や下痢などの症状が起こる可能性があります。ケール自体が副作用を起こすことはほとんどありませんが、アレルギー体質の人は少し注意が必要です。またケールにはビタミンKが豊富に含まれているので血液凝固防止薬を服用中の場合や腎炎などを患っている人は正しい摂取量などを事前に医師に相談した方がよいでしょう。

またケールの摂取だけで必ずしも育毛が促進するわけではありません。健康維持を目的とし日頃の食生活に加える一品として、栄養素が豊富なケールを取り入れていくとよいでしょう。

なお毎日の食事に気を遣い、健康的な生活を送っていても、薄毛が改善しないケースもあります。その場合はAGA(男性型脱毛症)の可能性があります。東京・秋葉原のAGAヘアクリニックでは、医学的根拠と豊富な治療実績に基づいた診療を提供していますので、頭皮や髪についてお悩みをお持ちの方はぜひ一度ご相談にお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について