このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】ビールは育毛の味方だった!? ホップによる健康に良い作用とは

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

ビールの原料のひとつ「ホップ」には育毛に良いとされている成分が含まれているのをご存知でしょうか。実は一部の育毛剤にはホップを含む商品も販売されているのです。そこで今回のAGAタイムスでは、ホップの持つ健康に良い作用と育毛の関係についてご紹介していきます。

ホップとは?

ホップはビールの原料としても利用されるアサ科の多年草植物で、主にドイツやチェコ、アメリカなどの地域で栽培されています。ホップはツル性で「カラハナソウ」に形状が似ていることから、日本では「セイヨウカラハナソウ」とも呼ばれています。ビールの原料として使われるのは、受粉前の雌株(めかぶ)にある「毬花(きゅうか)」と呼ばれる部分。毬花には「ルプリン」という成分が含まれており、ビール独特の香りや苦味、泡立ちのもとになるといわれています。

ホップは古くからアーユルヴェーダや中国医学で不眠薬として使われてきました。またホップには消化促進や鎮静作用、血圧改善、花粉症予防、肥満予防などの効果があるとされ、薬用のハーブとしても民間で親しまれています。近年はホップの健康作用についての臨床試験が行われており、以下のような健康に良い作用が注目を集めています。

◯不眠解消

ホップには鎮静作用があり、ストレスが溜まっている人や寝つきにくい人におすすめです。ホップの花を乾燥させてハーブピローを行うと不眠を解消する効果が期待できます。

育毛には成長ホルモンが欠かせません。この成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。特に“入眠後の3時間に成長ホルモンが分泌される”といわれており、質の良い睡眠をとることは育毛に繋がるといえるでしょう。

◯生活習慣病の予防効果

ビールの苦味成分でもある「イソフムロン」は血圧を下げる作用があり、血流改善や高血圧の予防に有用であるといわれています。ホップはコレステロール値を低下させる働きもあることから、動脈硬化を防ぐ効果も期待できます。またイソフムロンはコレステロールと中性脂肪が肝臓に蓄積するのを抑える力があるため、ダイエットにも良いでしょう。

◯女性特有の症状改善

ホップには「植物性エストロゲン(フィトエストロゲン)」という成分が含まれています。植物性エストロゲンは大豆に含まれる「大豆イソフラボン」にも代表される成分で、女性ホルモンの一種「エストロゲン」に似たような構造と作用を持っているのが特徴です。

植物性エストロゲンの作用としては、女性特有の更年期障害の症状を緩和する効果がみられたとの報告があります。また骨粗しょう症や動脈硬化、認知機能の低下などにも効果があるとされています。

ホップは女性の薄毛に効果あり?

薄毛の種類や原因は様々ですが、女性特有の薄毛は症状に対して原因がまだ解明されておらず「FPHL」と総称されています。このFPHLは“びまん性”の脱毛症で頭部の広い範囲で薄毛や抜け毛の症状が現れます。女性ホルモンは主に髪の毛や肌を健康的に維持する働きがありますが、加齢によるホルモンバランスの乱れや偏った生活習慣などによってFPHLを発症するといわれています。前述の通りホップには植物性エストロゲンが含まれているため、女性ホルモンのバランスを整えて抜け毛や薄毛を防ぐ効果が期待できるでしょう。

ビールの飲み過ぎに注意!

血流改善やコレステロールの減少など様々な作用をもつホップですが、健康に良いからといってビールを過剰摂取するのは禁物です。アルコールを多量に摂取すると以下のようなことが懸念されます。

◯生活習慣病のリスクが高まる

アルコールは肝臓での中性脂肪の合成を増加させ、血中の脂質を増やし高脂血症を引き起こす恐れがあります。またアルコールには糖質が多く含まれており、多量に摂取すると動脈硬化や糖尿病を招く可能性も。このほかにも肝臓や膵臓などにも悪影響を与えかねないため、適切な飲酒量を意識しましょう。

◯急性アルコール中毒

急性アルコール中毒は飲酒によって意識レベルが低下して呼吸困難や昏迷などの症状を発症し、場合によっては死に至るケースもある危険な症状です。特に“一気飲み”など短時間で多量のアルコールを摂取すると、血中のアルコール濃度が急激に上昇し、急性アルコール中毒の危険性が高まります。

また空腹時の飲酒も急性アルコール中毒の危険性が高める要因のひとつです。アルコールは食べ物と異なり消化されないため、空腹時に飲酒をすると胃を通り抜けて小腸までたどり着き、急速に吸収されて血中アルコール濃度が急激に上昇してしまいます。アルコールは食事と共にゆっくりと摂取することをおすすめします。

◯育毛への悪影響

アルコールは主に肝臓内にある「アルコール脱水素酵素(ADH)」によって「アセトアルデヒド」という有毒に酸化されます。アセトアルデヒドを分解する際は体内のアミノ酸などの栄養素が消費されるといわれています。アミノ酸は髪の毛の生成に欠かせない栄養素なので、アルコールを多量に摂取するとアミノ酸が不足し、育毛に影響を及ぼす可能性があるのです。

また一部では「体内のアセトアルデヒドが増加するとAGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉男性ホルモンが増加し、薄毛を招く恐れがある」といわれています。しかし、これは「DHTが増加するとアセトアルデヒドも増加する」という研究結果に基づいた推測であり、AGAに繋がるという医学的根拠はありません。いずれにせよアルコールの飲み過ぎは健康に悪影響を及ぼす場合があるだけでなく育毛が阻害される可能性も考えられるため、アルコールの過剰摂取には注意しましょう。

ビールは1日にどのくらい飲んでも良いの?

厚生労働省が定めた成人の1日のアルコール許容摂取量は、純アルコールで約20g程度。これはアルコール度数5%のビール500ml(中瓶1本分)に換算されます。ただしこれはあくまで平均的な値であり、アルコールの分解が苦手な体質の人や高齢者、女性はこれよりも少ない摂取量にとどめておく方が良いかもしれません。また前述の通りアルコールの過剰摂取は高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病や、メタボリックシンドロームを招く可能性もあるため注意が必要です。

ビール好きの方には朗報なホップの健康作用ですが、ホップの育毛への効果はまだ未知数です。それに対してアルコールが体に与える影響はある程度実証されています。ホップの育毛効果に期待するにせよ、飲酒の速度や量は適度にして、食事と一緒に楽しみながら美味しくビールを飲むことが大切です。

ホップの研究に今後も注目ですが、もっと積極的に育毛をお考えの方は、ぜひ一度、AGA治療専門クリニックへ相談してみてはいかがでしょうか。日本人男性の多くが AGAで悩んでおり、専門的な治療によって改善が見られる方も少なくありません。東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、適切な診断によりその人に合った治療薬を無料診断にてご紹介しています。もちろん女性の方も大丈夫です。まずはお気軽にご来院ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について