このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】“酸素の運び屋”スクワレン。その効果と薄毛改善に有効なワケとは?

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

生きていく上で欠かせない酸素。酸素は呼吸だけでなく、髪の成長にも必須であるといわれています。しかし、貧血や血行不良が原因で毛根に供給される栄養や酸素が減少すると、発毛に悪影響を及ぼす可能性があります。

そんな酸素不足を解消する効果があるといわれているのが、「スクワレン」という成分です。スクワレンは、サメ類の肝臓から取れる肝油に多く含まれており、酸素を効率よく運搬する役目を持っています。今回のAGAタイムスでは、スクワレンと薄毛の関係について解説します。

血行不良による髪の影響

まずは、どのようなメカニズムで髪が成長するのかを解説します。

毛根の中には、血液から栄養素や酸素を受け取る「毛乳頭」という部分が存在します。毛乳頭は毛細血管と繋がっており、受け取った栄養素や酸素を髪の毛の元となる「毛母細胞」に渡します。毛母細胞はそれらをエネルギー源にして細胞分裂を繰り返し、徐々に髪の毛を毛根からせり上がるようにして成長していきます。つまり血管の中を流れている栄養素や酸素が、髪の毛を成長させる原料になっているのです。血行不良が薄毛と直結するわけではありませんが、血行不良が起きて毛乳頭に十分な量の血液を届けられなくなってしまえば、髪の毛の成長にも影響が出る可能性があります。

このほかにも、血行不良が起こると栄養不足によって毛母細胞を活性化できず、髪の毛を弱らせてしまう恐れがあります。そこからホルモンが原因で引き起こされるAGA(男性型脱毛症)が発症すれば、抜け毛がより進行してしまうことも。また、血行不良により頭皮の新陳代謝が悪くなると、頭皮の古い角質を排出することができなくなってしまい、フケやかゆみ、頭皮ニキビなどを発症するリスクもあります。

生活習慣の乱れが血行不良を招くことも

血行不良が引き起こされる原因は、様々なパターンが考えられます。その中でも特に血行不良の原因として挙げられるのが運動不足。毎日デスクワークばかりで運動をしていないという人は、血の巡りが悪くなる傾向にあるようです。血行不良によって代謝が悪くなると汗が出にくくなったり、むくみやすくなったりすることも。塩分の取りすぎなど食生活に偏りがある場合、血液がドロドロになる可能性があります。また日常生活の中でストレスが溜まると自律神経が乱れ、血行不良になってしまうこともあります。

血行不良になると、体の隅々まで血液が行き渡りにくくなるため、毛根に栄養が届きにくくなり、結果的に薄毛や抜け毛に繋がることも考えられます。そのため薄毛を予防するためには血流を改善させることがポイントだといえるでしょう。

“酸素の運び屋”スクワレンとは

薄毛や抜け毛に繋がる要因となりうる血行不良。血行を改善するためには、体内に酸素を十分取り込み、血液を身体中に行き渡らせることが大切です。そこで注目されるのが、「スクワレン」という栄養素です。

スクワレンは「深海ザメエキス」とも呼ばれ、サメの肝臓から採れる「肝油」に多く含まれています。この成分は不飽和脂肪酸の一種で、体内に存在する水を分解してその中から水素を取り出し、酸素を発生させる働きがあります。

サメはおよそ4億年ほど前に地球上に誕生しました。サメの生命力は非常に高く、恐竜でさえ絶滅したとされる氷河期でも生き残り、深海に住処を移してその種を存続し続けたといわれています。また、深海ザメが生息する水深1000メートル以上の深海は、非常に水圧が高いうえに酸素も少なく、暗闇が広がる過酷な環境です。そのような状況下で生き抜くための成分が、深海ザメの肝臓に含まれるスクワレンであるといわれています。

スクワレンの特性

スクワレンは体内の水から水素を取り出し、“スクワラン”という別の物質に変化させます。この工程で水(H2O)から水素(H)が全て取られて酸素(O)が発生。こうして発生した酸素は血液にのって体を巡り、細胞に酸素を供給します。このような働きから、スクワレンは“酸素の運び屋”ともいわれています。

スクワレンを摂取することで酸素不足解消による血流改善が期待できます。血流が改善されると毛根への栄養が行き渡りやすくなるため、結果として育毛に繋がると考えられます。スクワレンは皮膚への透湿性に優れているため、内服だけでなく外用することでも効果があるといわれています。

スクワレンを効率よく摂取するためには

スクワレンは人間の体内でも生成されますが、25歳ごろを境にその生成量は徐々に減少していくといわれています。体内のスクワレンが減少すると、酸素を運びにくくなり、体中の細胞内の酸素が減少してしまいます。細胞が酸素不足を起こすと、薄毛やシミ、シワ、たるみなどといった老化現象が現れることも。新陳代謝を上げたい人や薄毛を予防したい人は、スクワレンを摂取することをおすすめします。

アボカドオイルやオリーブオイルなどにもスクワレンは含まれています。しかし、そういった食品から摂取することができる量は肝油と比べると少ないので、サメの肝油が含まれるサプリメントを摂取すると良いでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について