このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】辛い物好きはフサフサ!? 唐辛子に含まれるカプサイシンと育毛の関係とは

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

一味やキムチの原材料としておなじみの唐辛子には、「カプサイシン」という成分が含まれています。カプサイシンは代謝を高める作用をもつことでよく知られていますが、実は育毛にも効果が期待できることをご存知でしょうか? 今回のAGAタイムスでは、このカプサイシンの生理作用や育毛にもたらす影響などをご紹介します。

辛いものをよく食べる国の人は薄毛が少ない?

株式会社アデランスが1998〜2008年に実施した調査によると、調査対象である21ヶ国(欧州、アジア、北中米)のうち、成人男性の薄毛率が高いのはチェコの42.79%であることが分かりました。2位はスペインで42.60%、3位はドイツの39.24%で、以下、13位まで欧米各国がずらりと並ぶ結果となっています。

同調査では、14位以下はすべてアジア勢でした。19位はマレーシア・22.76%、20位は韓国・22.42%、最下位は中国・19.04%と、アジア各国は欧米諸国に比べて薄毛率がかなり低いことが読み取れます。ただし日本はアジア8ヶ国トップの14位・26.78%。隣国の韓国や中国を大きく引き離し、なぜ日本は薄毛率が高くなってしまったのでしょうか?

この順位結果について、考えられる理由のひとつが食文化の違いです。たとえば韓国では、キムチやチゲ鍋など唐辛子をふんだんに使用した料理が多く、「韓国料理=辛い」というイメージをもつ人は少なくありません。また中国八大料理に代表される四川料理や湖南料理において、唐辛子は欠かせない調味料であるといえます。このほかにも薄毛率が低いとされるタイやマレーシアでも、香辛料をふんだんに使った料理が主流です。

つまり、唐辛子をはじめとする香辛料を使った料理を日常的に口にする国々では、薄毛や抜け毛に繋がりかねない血行不良を食事によって予防することができているため、薄毛率が低いのではないかと考えられるのです。

もちろんこれはあくまで統計などから導き出した推測であり、科学的根拠はありません。また薄毛には遺伝的要素なども絡んできます。欧米諸国の人は薄毛になりやすい体質をもっているといわれおり、そのことも薄毛率を高める要因のひとつでしょう。

唐辛子に含まれるカプサイシンの効果

唐辛子にはカプサイシンという辛味成分が多く含まれています。カプサイシンは、消化管から吸収され血中に入ると脳や脊髄などの中枢神経を刺激してアドレナリンの分泌を促進。これによりエネルギーの代謝が活発となり、肥満予防に好影響を与えます。またエネルギー代謝は体を温めることにもつながるため、発汗を促すとともに、血管を拡張して血行を促進する効果も期待できます。唐辛子成分の入った温湿布や入浴剤はこの働きを応用したものです。

ほかにもカプサイシンには体内に蓄積されたコレステロールを減らしたり、整腸作用によって便通を改善するなどの働きもあるといわれています。

カプサイシンが薄毛対策に期待される理由とは?

髪の毛は、血液から酸素や栄養素を受け取った「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返すことで成長します。しかし血行不良に陥ると栄養が頭皮まで十分に行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛といった症状を引き起こす可能性があります。また頭皮のかゆみやフケなどを放置すると頭皮環境が悪化し、さらに症状を悪化させる場合も。つまり、薄毛や抜け毛を予防するためには育毛に適した頭皮環境を維持することがとても大切です。前述の通りカプサイシンには血行改善効果が期待できるため、育毛に適した頭皮環境を手助けしてくれるのです。

またカプサイシンは、「IGF-1」の生産を補助する働きがあります。インスリンと似た構造や作用をもつIGF-1は、細胞の増殖を促進させたり髪の毛を成長させたりする働きのある成長因子です。しかし、IGF-1は年齢とともに分泌量が減少してしまうため、薄毛や抜け毛を招く可能性も高くなってしまいます。カプサイシンを含む食品を摂取すれば、IGF-1の分泌量増加という側面からも育毛効果を期待することができます。

カプサイシンの過剰摂取には注意しましょう

以上のようにカプサイシンには健康維持や育毛効果が期待できますが、一方で、唐辛子を食べ過ぎると粘膜が傷つけられて喉や胃が荒れてしまったり咳が出たりする場合があります。また辛さの感じ方は人によって違うため、少量であっても辛さや痛みを感じることもあるでしょう。カプサイシンを含む料理を食べる際は、自分に適した量にとどめ、多量に摂取しすぎないように注意することが大切です。「辛いものが苦手だけれど血流や育毛促進のためにカプサイシンを摂取したい」という人は、カプサイシンを含むサプリメントを摂取することをおすすめします。

薄毛の悩みには治療という選択肢も

食生活を見直しても薄毛や抜け毛が改善されない方は、AGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。AGAは男性ホルモンが主な原因であるため食生活を見直すだけでは改善することができませんが、医療機関で治療を行うことが可能です。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、経験豊富な医師による一人ひとりにあった適切な治療プランをご提案しています。カウンセリングや診察は無料で行なっているため気軽にご相談いただけます。「今のうちに薄毛を予防したい」「髪の毛を生やしたい」という方はぜひ一度当院までお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について