このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】タンパク質不足は薄毛に繋がる!? 爪でチェックできる不足している栄養素

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

「爪が割れやすい」「爪がボコボコしている」など爪がトラブルを起こしている場合、爪の生成に必要な栄養素が不足している可能性が考えられます。この時同じタンパク質からできている髪の毛も、同様に異常をきたしている可能性があります。このように爪の異常は、髪の毛の健康のバロメーターとなることがあります。

そこで今回のAGAタイムスは、薄毛予防にも大切な爪の異常からみる健康状態と不足している栄養素をご紹介します。

髪の毛と爪の関係性とは

髪の毛の主成分は「ケラチン」というタンパク質の一種です。ケラチンは18種類のアミノ酸が結合して生成されますが、亜鉛にはこのケラチンの結合を促進させる働きがあります。そのため亜鉛が不足する「亜鉛欠乏症」に陥ると、ケラチンの働きが悪くなり健康的な髪の毛が生えずに抜け毛や薄毛の原因になる可能性があるのです。ただし薄毛には亜鉛欠乏による脱毛症以外にも様々な種類があり、発症原因も異なります人間の体のおよそ20%はアミノ酸でできています。アミノ酸は肌や髪の毛、筋肉、骨など体のあらゆる部位を形成するのに必須な栄養素です。爪や髪の毛は、このアミノ酸が結合してできた「ケラチン」というタンパク質からできています。

ケラチンは、爪を生成する「爪母(そうぼ)」や髪の毛を生成する「毛母細胞」まで血液中のヘモグロビンによって運ばれます。栄養を取り込んだ爪母や毛母細胞は、細胞分裂を繰り返すことによって爪や髪の毛を成長します。

爪や髪の毛が健康的に成長するためにはタンパク質はもちろん、その他の栄養素もバランス良く摂取することが大切です。また食生活だけでなく運動不足や睡眠不足、ストレスなどの生活習慣が乱れによって貧血や血行不良などに陥ると、摂取した栄養素が髪の毛や爪を作る細胞まで届かず、爪や髪の毛の成長が妨げられる恐れもあるので注意が必要です。

あなたの爪は健康? 異常がないかチェックしてみよう

爪に以下のような異常がみられる場合、栄養不足に陥っている可能性があります。栄養不足は育毛にも悪影響を及ぼしかねないため、以下のような症状には注意が必要です。

【爪の異常と原因】

●爪表面の縦線状のデコボコ
爪表面に縦線状のデコボコができることを「爪甲縦溝(そうこうじゅうこう)」といいます。爪甲縦溝の原因の大半は老化現象にあるといわれており、水分不足や胃腸の働きの低下などによって引き起されるといわれています。その他に強皮症や貧血などの症状として見られることもあります。20〜30代といった若年層でこの症状がみられる場合は、ストレスや栄養不足、睡眠不足などが原因の可能性もあるため注意が必要です。
●爪表面の横線状のデコボコ
爪にできる横線状のデコボコは「爪甲横溝(そうこうおうこう)」といいます。爪甲横溝は、尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)と呼ばれる皮膚の病気や感染症、亜鉛欠乏、糖尿病などが原因で発症するといわれています。病気が原因で生じた場合には「Brau’s line(ボー線条)」とも呼ばれます。
●二枚爪(にまいづめ)
爪が割れやすい状態になっているいわゆる「二枚爪」は、爪の水分含有量の低下や爪先への衝撃、鉄分不足などが原因と考えられます。また除光液の使用により保湿成分が減少することで二枚爪になる恐れがあります。
●匙状爪(さじじょうつめ)
匙状爪とは、爪先に向かって反り返るような形の爪のことをさし「スプーンネイル」とも呼ばれています。この症状は、鉄欠乏性貧血が主な原因であるといわれています。

健康維持のためにはバランスの良い食生活を

【爪や髪の毛の成長に有用な成分】

体の形成に必須のタンパク質のほかにも、以下のような栄養を摂取することで、爪や髪の毛の異常の予防・改善が期待できます。

●ビタミンA
ビタミンAは発育を促進する働きや、肌の健康を維持する働きを持っています。ビタミンAが不足すると、皮膚粘膜が乾燥・角質化しやすくなる場合があります。頭皮も肌ですので、ビタミンAを摂取することで、育毛環境に良い影響が期待できます。
ビタミンAを多く含む食材:にんじんなどの緑黄色野菜
●ビタミンB群
ビタミンB群とはビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸の8種類のビタミンの総称のことをいいます。エネルギーの生成や皮膚粘膜の健康維持、脂質代謝、疲労回復など様々な役割を担う重要な栄養素です。育毛環境にも良い様々な効果が期待できます。
ビタミンB群を多く含む食材:緑黄色野菜、肉類、レバー、卵 など
●ビタミンC
ビタミンCは骨や真皮などの形成を行うコラーゲンの生成に必須のビタミンです。皮膚粘膜の健康維持や抗酸化作用など健康維持に有用な作用があることから「美容ビタミン」ともいわれています。髪の毛の生成にとってもコラーゲンはとても重要な働きがあるため、ビタミンCの摂取は、間接的に育毛に良い影響があると考えられます。
ビタミンCを多く含む食材:緑黄色野菜、レモン、アセロラ など
●ビタミンE
ビタミンEには強い抗酸化作用や血管拡張作用などがあります。抗酸化作用は細胞の酸化による老化を予防する効果があるとされており、皮膚や髪の毛の健康維持にも繋がるといわれています。また血管拡張作用は血流の改善効果が期待でき、育毛に必要な栄養素が頭皮の毛細血管にまで届きやすくなる効果が期待できます。
ビタミンEを多く含む食材:大豆、ナッツ類 など
●亜鉛
亜鉛は細胞の生成に必須のミネラルであり、皮膚粘膜の健康維持や骨などの組織を形成する役割などがあります。亜鉛が不足すると味覚異常や爪の形成異常、脱毛といった症状を招く可能性があります。亜鉛不足は薄毛の原因になりうるので、注意が必要です。
亜鉛を多く含む食材:牡蠣、あさり、レバー など
●鉄
主に赤血球の生成に必須のミネラルです。酸素を運ぶ重要な役割を担っており、鉄が不足すると鉄欠乏性の貧血や頭痛、動悸などの症状を引き起こす恐れがあります。貧血により血液がうまく循環されなくなると、栄養素や酸素が毛細血管にまで十分に行き渡らず、爪や髪の毛の成長を阻害することも考えられます。
鉄を多く含む食材:肉類、レバー、海藻類 など

健康な爪の髪の毛の維持に必要なこと

爪に異常がみられる場合は、体や髪の毛にも何らかの異常があるかもしれません。爪と髪の毛は同じケラチンを主成分としているため、健康な爪に必要な栄養が不足している場合、育毛にも悪影響を及ぼす可能性が考えられます。改善のためには食生活を見直すことが大切です。ただし「体に良いから」といって栄養素を過剰摂取すると、かえって健康を阻害する場合もあるため、摂取量には十分注意しましょう。また万が一食生活を見直しても爪の異常が改善されない場合には、医師に相談することをおすすめします。

また薄毛予防をもっと積極的に行いたいという方は、薄毛治療専門クリニックに相談してみてはいかがでしょうか? AGAヘアクリニックは、東京の秋葉原駅から4分の複合ビルの中にあります。カウセリングから診察、お会計まで個室で対応しているので、人目を気にせずに利用することができます。カウンセリングと診察は無料ですので、将来の髪の毛の不安でもお気軽にご相談いただけます。ご来院の際はネットまたは電話でご予約ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について