このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】亜鉛を摂取しても薄毛は治らない? 髪の毛に対する亜鉛の効果とは

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

日本の薄毛人口はおよそ1200万人とされ、成人男性のおよそ3人に1人が「AGA(男性型脱毛症)」であるといわれています。薄毛というと男性の悩みというイメージがありますが、女性にも「FPHL(女性型脱毛症)」が起こる場合があるので、薄毛は男女問わず多くの人の悩みの種であるといえるでしょう。

近年ではAGA治療専門クリニックなどが増加したことから薄毛治療に対する認知が広まり、髪の毛に関する情報も様々なメディアで扱われるようになりました。その中で「薄毛の原因は亜鉛不足」「薄毛改善には亜鉛が効果的」といった意見が多くみられますが、亜鉛を摂取しただけで本当に薄毛の改善効果が現れるのでしょうか? そこで今回のAGAタイムスでは、薄毛の原因と亜鉛の関係について解説します。

亜鉛不足が薄毛の原因?

髪の毛の主成分は「ケラチン」というタンパク質の一種です。ケラチンは18種類のアミノ酸が結合して生成されますが、亜鉛にはこのアミノ酸の結合を促進させる働きがあります。そのため亜鉛が極端に不足すると、ケラチンの働きが悪くなり健康的な髪の毛が生えずに抜け毛や薄毛の原因になる可能性があるのです。また「亜鉛欠乏症」に陥ると、皮膚障害や脱毛症状が起こる場合もあるとされています。ただし薄毛には亜鉛不足による脱毛以外にも様々な種類があり、発症原因も異なります。

【主な薄毛の種類】

◯AGA
「Androgenetic Alopecia」の略称です。男性ホルモンの一種である「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という酵素が結合して生成される「ジヒドロテストステロン(DHT)」が髪の毛の成長を阻害することで薄毛や抜け毛を引き起こします。男性特有の脱毛症で壮年期に多いといわれていますが、早い場合は20代の若年層でも発症する可能性があります。
◯FPHL
「Female Pattern Hair Loss」の略称です。一般的には「ヘアロス」や「FAGA(女性男性型脱毛症)」という名称で知られています。女性特有の薄毛で、出産、更年期障害、ストレス、生活習慣の乱れなどによって女性ホルモンのバランスが乱れることにより発症すると考えられています。主に壮年期の女性に多いとされていますが、若い女性にも発症する恐れがあります。
◯円形脱毛症
「10円玉ハゲ」の俗称で知られている脱毛症です。発症原因は明らかになっていませんが、自己免疫疾患による免疫機能の異常が要因の一つといわれています。またストレスやアトピー性疾患も、円形脱毛症を引き起こす要因の一つとして考えられています。年齢や性別を問わず、前兆もなく発症し、重症度によっては眉毛など体毛も脱毛する可能性があります。
◯脂漏性(しろうせい)皮膚炎による脱毛
頭皮の皮脂が過剰に分泌されて皮脂をエサとする常在菌「マラセチア」が異常に繁殖し、頭皮環境が悪化することで発症するのが「脂漏性皮膚炎」です。この疾患により抜け毛を引き起こす可能性があります。

【生活習慣の乱れが薄毛を助長させる?】

育毛に必要な栄養素が頭皮まで十分に行き渡らないと、髪の毛の成長を阻害する恐れがあります。そのため偏った食生活による栄養不足や運動不足による血行不良は、薄毛を助長させる可能性があると考えられています。また睡眠不足により、髪の毛の成長にも関わるとされる「成長ホルモン」の分泌が妨げられる可能性もあります。さらに喫煙や過度な飲酒、ストレスなども、育毛に悪影響を及ぼす恐れがあるとされています。生活習慣が乱れを感じている方は、できることから生活習慣の改善を考えていくことをおすすめします。

亜鉛で薄毛は改善できない?

亜鉛の摂取で薄毛の改善が期待できるのは、主に亜鉛欠乏症による薄毛の場合です。例えばAGAの場合、原因となるDHTを抑制しなければ薄毛の進行を抑えることはできません。また脂漏性皮膚炎のように頭皮環境が悪化することで起こる脱毛も、根本となる皮膚炎の治療が必要になります。

薄毛には様々な種類があるため、それぞれの原因に合った治療を行うことが必要です。亜鉛を摂取したからといって、全ての薄毛に直接的な改善効果を期待することは難しいといえるでしょう。

健康な頭皮の維持をサポートする亜鉛の働き

亜鉛の摂取によってすべての薄毛を改善できるわけではありませんが、亜鉛には頭皮の健康をサポートする様々な働きがあります。亜鉛は鉄やカルシウムなどと同じミネラルの一つで、主に皮膚の代謝や生殖機能、発育などに関与しています。また味覚を正常に保つ働きがあるほか、免疫機能にも関わっており、健康な体を維持するのに必要な栄養素といえます。体内の亜鉛が不足すると皮膚の免疫機能が低下したり、味覚障害に陥る恐れがあります。頭皮も皮膚であるため、亜鉛の摂取は間接的に育毛に良い影響を与えるといえるでしょう。

亜鉛は体内での合成が不可能な必須ミネラルであり、ミネラルの中でも特に不足しやすいともいわれているため、食事やサプリメントから摂取する必要があります。亜鉛は主に牡蠣やうなぎ、肉類、海藻類などに多く含まれています。

【亜鉛と合わせて摂取したい栄養素】

クエン酸は亜鉛をはじめとするミネラルを包み込んで体内に吸収しやすくする作用があります。またビタミンCはクエン酸の吸収作用があるため、より効率的に亜鉛を体内に吸収することができるでしょう。クエン酸はレモンやみかんなどの柑橘類や酢、梅干しなどに含まれており、ビタミンCはレモンやアセロラなどの果物類やほうれん草をはじめとする野菜類などに多く含まれています。

亜鉛で改善できない薄毛はどうすべきか

亜鉛の摂取で症状が改善できない場合は、薄毛の原因に応じて治療を行ったり、生活を改善するなどの適切な対策が必要です。

◯AGAの治療
AGAの診療ガイドラインでは、フィナステリドやデュタステリドといった有効成分を含む内服薬やミノキシジルという有効成分を含む外用液など、AGA治療薬を用いるのが一般的とされています。AGA治療薬は医師による処方が必要なものもあるので、AGA治療専門クリニックなどを受診することをおすすめします。
◯FPHLの治療
FPHLの場合は、AGA治療でも使用されているミノキシジルや、パントガールと呼ばれる女性向けの内服薬が有効とされています。女性の薄毛治療も、医師の診察を受けてから処方してもらうことをおすすめします。さらに原因のひとつとなる女性ホルモンの減少は、食生活の乱れや冷え、運動不足、ストレス、加齢といった様々な要因によっても起こるとされています。運動や入浴などで血行促進を図ったり、女性ホルモンに似ている働きをする大豆イソフラボンを摂取したりすることなどで、改善が期待できるケースもあります。
◯脂漏性皮膚炎による脱毛の治療
脂漏性皮膚炎による脱毛の場合、まずは皮膚科などの医療機関で皮膚疾患を治療することが大切です。頭皮環境改善のために抗真菌薬の「ケトコナゾール」が配合されたシャンプーを使用する場合もあります。ケトコナゾール配合シャンプーは医薬品です。医師に相談し、処方してもらいましょう。
◯円形脱毛症の治療
円形脱毛症は原因がわかりづらい疾患といわれていますが、日本皮膚科学会のガイドラインでは、ステロイドの塗り薬を塗布する治療の適応となることが多いとされています。症状の進行状況などによって局所免疫療法や紫外線療法など様々な治療法があるので、医師に相談してみましょう。

薄毛の改善はクリニックへ

亜鉛の摂取は亜鉛欠乏症による薄毛に有用であるといえます。しかし薄毛の種類は様々であり治療方法も異なります。薄毛が気になる方はまず薄毛の原因を調べ、それに合った改善策を行うことが必要です。

薄毛に悩む男性の多くが該当するといわれているAGAは、進行性の疾患のため早期治療が効果的といわれています。東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下当院)では、カウンセリングやお会計まで全て個室で実施しており、人目が気になる方にも安心してご利用いただけます。また当院はカウンセリング・診察を無料で行なっておりますので、お気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について