このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】発毛効果が話題となったフィーバーフューに含まれる成分「パルテノライド」とは?

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

体に必要な栄養素を食事にプラスして補えるといわれているサプリメント(以下、サプリ)。現在では健康維持を目的としたサプリのほかにも、育毛に良いとされる成分が含まれる育毛サプリなども販売されています。そんな中でも特に注目されているサプリが「フィーバーフュー」というもの。フィーバーフューに含まれる成分「パルテノライド」には育毛や脱毛予防の効果があるとされています。

そこで今回のAGAタイムスでは、育毛サプリにも使用されているフィーバーフューに含まれる成分、パルテノライドの効果などをご紹介します。

フィーバーフューとは

フィーバーフューとは、別名「夏白菊(ナツシロギク)」というキク科の植物です。「fevrifuga(フィブリフューガ)」というラテン語が名前の由来で「解熱作用を示す物質」という意味があるといわれています。

フィーバーフューは古代ギリシャ時代から薬用のハーブとして親しまれ、解熱鎮痛効果や関節リウマチなどの炎症を抑える効果があるとして利用されてきました。そのフィーバーフューに含まれる成分パルテノライドには育毛・脱毛予防に効果があると考えられており、育毛剤の成分に含まれていることもあります。

パルテノライドの効果

フィーバーフューの主成分であるパルテノライドには、前述したリウマチなどの関節炎のほかに下記の効果があるといわれています。

◯頭痛改善効果
脳の血管を収縮させる作用をもつ物質「セロトニン」は、片頭痛の一因であるといわれています。パルテノライドはセロトニンを抑制する作用があるとされ、片頭痛の症状を改善させる働きがあるといわれています。
◯抗がん剤の効果を助長
タンパク質の一種である転写因子「NF-kB」は細胞の増殖や生存などに関係する物質であり、がんの発生にも関与しているといわれています。パルテノライドはNF-kBの活動を阻害する働きがあり、抗がん剤による治療効果を高めることが期待できると考えられています。

【発毛や育毛への効果】

ある研究ではパルテノライドによって「頭髪が増えた」「新しい毛が生えてきた」という報告があり、炎症抑制効果だけでなく発毛や育毛にも効果があるといわれていました。しかしそのメカニズムはまだはっきりしておらず、パルテノライドが発毛・育毛に効果があるということは、現時点では明言できないというのが実情です。

AGAの改善には効果が期待できない?

薄毛に悩む成人男性のほとんどが該当するAGA(男性型脱毛症)。AGAは主に悪玉男性ホルモンが髪の毛の生え変わりのサイクル(ヘアサイクル)を阻害することで、薄毛や抜け毛といった症状を発症するといわれています。

以前までは「薄毛や抜け毛といった症状は頭皮環境の乱れによってヘアサイクルが阻害されて起こる」と考えられていました。そのためパルテノライドの炎症を抑える働きが頭皮環境を整え、乱れたヘアサイクルを正常に戻して薄毛や抜け毛を改善させるという説が流れたのです。

しかし近年になってAGAの主な原因は悪玉男性ホルモンによるヘアサイクルの乱れということが判明し、現在はフィーバーフューに含まれるパルテノライドにはAGAの改善効果は見込めないとされています。また日本皮膚科学会が2017年に発表した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」にもフィーバーフューやパルテノライドの記載はなく、フィーバーフューにAGAの改善効果があるとはいえません。

育毛サプリに含まれる成分

育毛サプリにはフィーバーフュー以外にも様々な成分が含まれています。ここからは、育毛サプリに含まれる育毛に良いとされている成分の一部をご紹介します。

◯亜鉛
亜鉛は髪の毛のもととなるタンパク質「ケラチン」のアミノ酸結合を促進する働きがあるため、不足することでケラチンの働きが悪くなるといわれています。亜鉛を摂取する際はミネラルを体内に吸収しやすくする作用をもつクエン酸や、クエン酸の吸収を助けるビタミンCも同時に摂取すると効果的といわれています。
また亜鉛は健康な皮膚を維持するのに欠かせないコラーゲンの合成にも必要です。育毛に適した頭皮環境を維持するためにも、亜鉛不足にならないように積極的に摂取することをおすすめします。ただし亜鉛を摂りすぎると下痢や吐き気などを引き起こす恐れがあるため、過剰摂取には注意が必要です。
◯ノコギリヤシ
ヤシ科の植物であるノコギリヤシには、AGAの原因となる悪玉男性ホルモンの生成に関わる酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑える効果があるといわれています。また毛包の炎症を抑える効果を発表した論文もあります。このためノコギリヤシは育毛剤の成分として広く使用されています。
◯ポリフェノール
ポリフェノールの主成分である「EGCG」というカテキンには、毛乳頭細胞を増殖する効果があるという論文が発表されています。EGCGは5αリダクターゼ活性を阻害する働きがあるとされており、AGAの改善が期待できるとしてサプリに取り入れられています。

他にも多くの育毛サプリに使用されている成分がありますが、それら全てが必ず育毛に効果があるとは限りません。育毛サプリは、あくまでも「頭皮環境を整え強い髪の毛が育つ土台をつくる」ことが主な目的となります。薄毛の予防として、体に足りていない栄養素を補助的に摂る目的で使用することをおすすめします。ただし、どれだけ体に良い成分であっても過剰摂取はかえって身体に害を及ぼすことがありますので、摂取量には注意が必要です。

育毛サプリで改善されなければ医師に相談を

育毛サプリの有効成分として注目が集まっているフィーバーフューに含まれるパルテノライドには、AGAに直接的な効果があるという医学的根拠は今のところ存在しません。しかし、この成分には炎症を抑える効果があることから、頭皮環境の改善に期待が持たれています。

今回はパルテノライド以外にも育毛サプリに使用されている成分をいくつかご紹介しました。いずれも「飲んだら必ず髪の毛が生えてくる」というものではなく、普段の食事では摂取しきれない栄養素を補うことを目的としています。そのため「育毛に適した頭皮環境や健康体を維持する」という意味では、育毛サプリは有用であるといえるでしょう。

「本気で薄毛に悩んでいる」「髪の毛を増やしたい」という方は、まずAGA治療専門クリニックで医師に相談することをおすすめします。東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下当院)では、豊富な経験と実績を有する医師のもと、患者様一人ひとりのニーズに添った治療を実施しております。AGA治療はもちろん女性の薄毛治療にも対応しているため、どなたでも安心して受診いただけます。カウンセリングや診察は無料なので、まずは一度当院までお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について