このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛のためにコラーゲンサプリを摂取するなら知っておきたいポイント

サプリ・栄養

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

コラーゲンは健康や美容に良いといわれており、育毛サプリや育毛剤の中にもコラーゲンが配合されているものが多くあります。ではなぜコラーゲンが髪の毛に良い働きをすると考えられているのでしょうか? 今回のAGAタイムスでは、コラーゲンと髪の毛の関係について詳しく解説していきます。

コラーゲンとは

コラーゲンは体を構成するために必要なタンパク質の一種です。筋肉を作るのにタンパク質が必要だということは広く知られていますが、コラーゲンはそれ以外にも皮膚や血管、靭帯、軟骨などの組織を作り出す際にも使われます。体内のタンパク質の約30%はコラーゲンが占めており、その内のおよそ40%は皮膚に存在しているといわれています。

体内に存在するコラーゲンの種類はこれまでに二十数種類が確認されています。コラーゲンは複数のアミノ酸が組み合わされることにより生成されますが、その際にビタミンCが必要です。このためビタミンCが不足すると体中でコラーゲンを作り出すことができなくなってしまい「壊血病(かいけつびょう)」を引き起こす可能性があります。

コラーゲンが育毛に効果的といわれる理由

育毛サプリや育毛剤にコラーゲンが含まれているものが多く発売されているのは、コラーゲンが頭皮や髪の毛に深く関係しているため育毛にも効果的な栄養素だと考えられているからです。

【頭皮とコラーゲンの関係】

コラーゲンは表皮と皮下組織の間に位置する「真皮」に存在しています。頭皮の真皮には毛包や毛乳頭があり、髪の根元となる大切な場所です。コラーゲンがなければ頭皮は乾燥してしまい、フケや痒みの原因になる可能性があります。また乾燥は炎症の原因にもなり、炎症が脱毛を引き起こす要因になることもあります。これらのことから、コラーゲンは頭皮にとって必要といえるでしょう。

【髪の毛に関わるコラーゲンの一種「17型コラーゲン」】

コラーゲンの中でも髪の毛の生成に関わる「毛包幹細胞」に働きかけるのが「17型コラーゲン」です。毛包幹細胞は髪の毛を着色する「色素幹細胞」を維持する役割があり、17型コラーゲンは毛包幹細胞を基底膜という場所につなぎ止めておく役割があります。つまり17型コラーゲンには髪の毛をつなぎとめると同時に、間接的に髪の毛の色素に必要な細胞をつなぎとめる役割も担っているのです。そのため17型コラーゲンが不足すると、抜け毛や白髪が増える恐れがあるといわれています。

現在の技術では17型コラーゲンを人工的に生成することができません。そのため、いかに体内で17型コラーゲンを生み出し減少させないかが薄毛や抜け毛予防のカギになると考えられているのです。

【17型コラーゲンと加齢による薄毛の関係性】

髪の毛は毛包幹細胞が細胞分裂をすることによって作り出されます。細胞分裂の際はDNAが傷つくことがあり、通常であれば自己修復機能によってDNAが修復されます。しかし加齢により自己修復機能が衰えると、DNAの修復のために本来作られるはずのない「好中球エラスターゼ」という酵素が作られてしまいます。この酵素は17型コラーゲンを分解すると考えられており、その結果、毛包幹細胞が枯渇して角化細胞へと分化し、フケや垢となって剥がれ落ちます。これが加齢による薄毛の原因の一つであると考えられています。

摂取するならコラーゲンペプチドが有効

近年ではコラーゲンサプリやコラーゲンを配合したドリンクなどが多く販売されています。しかし、以前までは「コラーゲン配合飲料を飲んでも意味がない」といわれていました。それはコラーゲンが体内に吸収される際に一度アミノ酸に分解されるため、再び体中でコラーゲンに構成されるとは限らないから、という理由でした。

しかしここ数年の研究で「サプリメントなどに配合されているコラーゲンペプチドを30歳以上の被験者に1日5g、4週間摂取させたところ、ほとんどの被験者に肌の水分量が増えて体力が高まった」という結果が発表されました。さらにその後も研究は進められ「45歳〜65歳の被験者に1日2.5g〜5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取させたところ、コラーゲン自体の合成が促進されシワが減った」という結果も報告されています。

コラーゲンペプチドは、アミノ酸が2~3個程つながった最小単位のコラーゲンの塊です。摂取したコラーゲンペプチドのうち約半分は分解・吸収されてしまいますが、残りの半分はコラーゲンペプチドの状態のまま血液に吸収され全身に運ばれるということが判明しています。またコラーゲンには動物性のものと海洋性のものがあり、海洋性コラーゲンのほうが人体への吸収率が高いといわれています。

これらのことからコラーゲンサプリやドリンクを購入される際は成分表を確認し、低分子コラーゲンであるコラーゲンペプチドが使用されているものを選ぶと良いでしょう。さらにビタミンCやビタミンAを同時に摂取することで、コラーゲンを効率よく吸収する効果が期待できます。

コラーゲンの摂取は薄毛の解決策ではない

コラーゲンは育毛にとって重要な栄養素の一つといえます。そのためコラーゲンなどの栄養素は食事から摂取するのが理想的です。しかし忙しい現代人にとって栄養バランスの良い食事をとることは難しいかもしれません。そんな時はサプリを補助的に利用するのも一つの手段です。コラーゲンをサプリで摂りたい場合はコラーゲンペプチドを選ぶことで、経口摂取でも吸収が期待できるでしょう。

ただしサプリで栄養補給をしたからといって、必ずしも髪の毛の健康状態が戻るとは限りません。特に17型コラーゲンは人工的に製造することが現段階では不可能とされており、体内で生成された17型コラーゲンを減らさないということが重要だといわれています。また17型コラーゲンを生成するのに必要なアミノ酸を食事から摂取することで17型コラーゲンの生成をサポートすることはできますが、必ず成果が出るとは言い切れません。薄毛でお悩みの方は専門の医師に相談し、自分に合う対策を考えることをおすすめします。

秋葉原駅から徒歩およそ4分の場所にあるAGAヘアクリニックでは、患者様のプライベートが守られた空間で1対1の丁寧なカウンセリングを実施しております。ご相談や診察は無料で行なっているため、日頃感じている不安や疑問を納得いくまで相談してから治療を行うかどうかを決めることができます。無理な勧誘や必要以上の高額治療をおすすめすることはありません。まずはあなたのお悩みをお聞かせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ