このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】育毛をサポートするビタミン「葉酸」 はサプリからの摂取も推奨されている!

サプリ・栄養

サプリメントの飲用が日常的になっている昨今「葉酸」という栄養素を耳にしたことがある方も少なくないでしょう。葉酸には生命維持にとって必要不可欠な働きがあり、正常な育毛の促進においても良い影響があると考えられています。そこで今回のAGAタイムスでは葉酸と育毛の関係についてを解説します。

葉酸とは?

葉酸は「ビタミンM」や「ビタミンB9」とも呼ばれるビタミンB群の一種です。人は体内でビタミンを合成することができず食事などから摂取する必要があります。しかし葉酸は水溶性ビタミンであるため、食事から摂取しても体内に蓄積しておくことができません。そのため厚生労働省は葉酸において、食事からの摂取だけでなく、栄養補助食品であるサプリメントからの摂取も推奨しています。また葉酸の働きにより胎児の二分脊椎症や神経管閉鎖障害の予防が期待できることから、特に妊娠初期の女性に対しては十分な葉酸の摂取を勧めています。このように葉酸は体にとって重要な働きを持つ栄養素なのです。

【葉酸の持つ体に良い働き】

○造血作用
葉酸には同じビタミンB群の仲間である「ビタミンB12」と共に赤血球を作る働きがあるため、不足すると貧血を引き起こす恐れがあります。
○核酸の合成
葉酸はタンパク質や細胞を作る際に必要なDNAなどの核酸を合成する重要な役割を持っています。
○動脈硬化の予防
葉酸には動脈硬化を促進する「ホモシステイン」というアミノ酸を無害にする働きがあります。

葉酸と育毛の関係

葉酸は体に与える様々な作用から、生命維持や健康維持に有用であることがわかります。それだけでなく、葉酸は育毛に対しても様々な効果を発揮することが期待できます。

○血液を作り育毛をサポート
葉酸には血液を作る働きがあります。正常な育毛には血液によって運ばれてくる酸素と栄養素が必要なため、血液を作る葉酸は間接的に育毛にとって有用であると考えられます。
○育毛に関わる細胞の活性化
葉酸は“細胞の再生”にとって重要な栄養素であるため、髪の毛を生み出す「毛包幹細胞」や「毛母細胞」、髪の毛に栄養を届ける「毛乳頭細胞」といった育毛に関係する細胞にも働きかけます。これらの細胞を活性化させることで育毛を促進する効果があるといわれています。
○髪の毛の主成分の生成をサポート
葉酸は「ホモシステイン」というアミノ酸が「メチオニン」に変換される過程において不可欠とされるビタミンです。メチオニンは髪の毛の主成分「ケラチン」を構成するアミノ酸の一つ「シスチン」の原料になります。つまり葉酸を摂ることで、髪の毛の主成分の生成をサポートする効果が期待できるのです。また、メチオニンには細胞の老化を抑制する働きもあるため、葉酸は育毛に関わる細胞の老化を抑制する効果もあると考えられています。
○健康体の維持
体内の様々な機能を保つ働きがある葉酸を摂取することは健康体の維持に有用です。体が不調や病気であると、体内のエネルギーや栄養素の多くが体の修復のために消費されてしまうことが考えられます。その結果、育毛に必要なエネルギーや栄養素が足りなくなる可能性も。これらのことから、葉酸の摂取により健康体を維持することは間接的に育毛においても有用だといえるでしょう。
記事の詳細を見る

葉酸を摂取するには

葉酸は緑黄色野菜や豆類、フルーツなどに多く含まれています。葉酸を食事から摂取するには、葉酸が豊富に含まれた食材を日頃から積極的に食事に用いることが大切です。

  • 【葉酸を多く含む食材】
  • 緑黄色野菜:ほうれん草、ブロッコリー、グリーンアスパラガス など
  • 豆類:大豆、納豆、枝豆 など
  • フルーツ:パッションフルーツ、いちご、マンゴー、オレンジ など

また葉酸は年齢によって推奨摂取量が異なりますが、必要量に性差があるという報告は存在しないため、男女での摂取量の差はないとされています。ここでは成人に対する推奨摂取量をご紹介していますが、妊婦や授乳婦の場合は年齢に限らず一律で付加量が定められています。

  • 【葉酸の推奨摂取量/日】
  • 成人:240μg
  • 妊婦(付加量):240μg
  • 授乳婦(付加量):100μg

葉酸を食事から摂ろうと考えた場合、ほうれん草でも2株で126μg、パッションフルーツの果汁200cc(1カップ)でも172μgと、推奨されている1日の摂取量には及びません。また実際の生体利用率は摂取した葉酸の50%以下だと推定されています。これらのことから葉酸含有量が多い食物でも1日に必要な葉酸を食事のみから摂取することは容易ではないことがわかります。

サプリメントの場合、食品中の葉酸とは構造が異なり、安定性や生体利用率が高いことがわかっています。そのため厚生労働省は食事からの摂取に加え、サプリメントから補助的に摂取することも推奨しているのです。また葉酸は水溶性ビタミンのため過剰摂取になる可能性は低いといえますが、サプリメントによって葉酸を過剰摂取した場合、ビタミンB12欠乏症の診断がしづらくなることが懸念されています。サプリメントを用いる際は用法・用量を守り、推奨の上限量を超えないよう注意しましょう。

葉酸の不足によるトラブルとは?

人間の健康維持にとって大切な働きがある葉酸ですが、葉酸が不足すると様々なトラブルが起こることも考えられます。

  • 【葉酸の欠乏により起こり得る症状】
  • ・赤血球不足による貧血(巨赤芽球性貧血:きょせきがきゅうせいひんけつ)
  • ・ホモシステイン濃度の上昇による高血圧、血管内皮細胞の機能不全、心筋梗塞、骨粗鬆症性骨折など
  • ・細胞の再生が促されなくなることによる免疫機能や消化機能の低下

葉酸が不足すると血圧や免疫機能などに悪影響が及び、日常生活や命にも関わる重篤なトラブルが起こる危険性があるとされています。また育毛に関しては、血流が滞ったり、細胞が活性化されなくなったりすることによって、正常な育毛が妨げられる恐れも考えられるのです。

また、世界では「アルコールの多飲で葉酸の不足が引き起こされる」ということが広く知られているようですが、国内の研究では「日本人でアルコールを常飲している人に葉酸の欠乏はあまりみられない」という報告があります。これは日本人のアルコール常飲者の多くが主にビールを飲んでおり、ビール自体に葉酸が多く含まれているためではないかとも考えられています。ただし、健康体の維持にアルコールの摂取が推奨されているわけではありません。アルコールは適度に嗜み、葉酸は日頃の食生活や栄養補助食品から摂取しましょう。

AGAヘアクリニックなら育毛サプリから薄毛治療まで相談できます

栄養素は日頃の食事から摂取することが望ましいといえますが、葉酸においては食事からの摂取と共に、不足分をサプリメントから補助的に摂取すると良いでしょう。葉酸は生命維持にとって大切な役割があり、育毛環境を整えるためにも良い栄養素といえます。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、葉酸をはじめ育毛に有用とされている成分を含んだオリジナルの育毛サプリメントを販売しております。また当院では、薄毛治療専門クリニックとして、日常で気になる薄毛の悩みから本格的なAGA治療のご相談まで承っております。カウンセリングと診察は何度でも無料で受けることができますので、まずはお気軽にご来院ください。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について