このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】忙しくても手軽に食べられる「育毛に良い食べ物10選」

サプリ・栄養

育毛に効果があるとされている食事をなるべく取りたいと思っていても、毎日が忙しく帰宅してから自炊するパワーが出ない人もいるでしょう。今回のAGAタイムスではそんな忙しい人でも手軽に食べられる「育毛に良い効果が期待できる食べ物10選」をご紹介します。日頃の食事から育毛をサポートし薄毛予防へと繋げていきましょう。

そもそも薄毛は食べ物で改善できるのか?

毎日の食事は体を作るエネルギー源です。「何をどのように食べるか」を意識し、栄養素などにも配慮した食事を取ることで体や心に良い影響を与える可能性はあります。髪の毛や頭皮も例外ではありません。食べ物だけで薄毛を改善することは難しいですが、食事に気をつかうことで育毛に必要な栄養素を補給し、育毛のベースとなる健康な身体を維持するなど、栄養バランスに配慮した毎日の食事が間接的に育毛促進へ繋がることはある程度期待は持てます。

近年、育毛に関する意識は高まりをみせ、様々な研究により育毛に良いとされる食材や成分などが明らかになっています。しかし育毛に効果的といわれる食材や成分でも、それだけを摂取している状態はかえって栄養バランスを崩す恐れがあります。育毛に良いとされる食材だけをたくさん取るのではなく、栄養バランスの取れた食事にそれらの食材をプラスしていくとよいでしょう。

飲食店で食べられる「育毛に良い食べ物5選」

忙しい人はおのずと外食する機会も増えます。そのような生活スタイルの中でも、なるべく育毛に良い効果が期待できるメニューを意識的に選ぶことなら可能です。そこで飲食店などでよく出されるメニューの中から、料理に使われている育毛に良いとされる食材や飲み物をまとめました。

◯蕎麦
さっとお店に立ち寄って手軽に食べることができるのが蕎麦。その蕎麦に含まれている成分には、育毛に良い効果が期待できるものがあります。
蕎麦には「ルチン」というポリフェノールが含まれています。ルチンには抗酸化作用があるため、頭皮環境が荒れることを防ぐ効果が期待できます。またルチンの血管強化作用によってスムーズな血流を守り、育毛に必要な酸素と栄養を頭皮の毛細血管まで運びやすくする効果も期待できます。さらにルチンには髪の毛の生成や頭皮の維持に欠かせないビタミンCの吸収をアップさせる働きもあります。
◯アボカド
高い栄養価を持つアボカドは、カフェやコンビニなどでサラダやサンドイッチなどに使用されており、手軽に食べられ育毛にも良い効果が期待できる食材の一つです。
アボカドには血行促進効果のあるビタミンEのほか、ビタミンB6も含まれています。ビタミンB6は亜鉛と共に髪の毛の主成分である「ケラチン」の合成に関わるとされています。またビタミンB6は細胞分裂や成長促進にも力を発揮するといわれているため、髪の毛の成長を促進する効果が期待できます。
◯クレソン
肉や魚のソテーによく添えてあるクレソンは人によって好き嫌いが分かれるようですが、育毛の視点から見ると、食べたほうがよいといえます。クレソンは野菜や果物の中でも豊富な栄養素を含有し、薄毛予防にも効果の期待できる優秀な食材の一つです。
クレソンに含まれる栄養素の中でも「シニグリン」という成分には血行促進効果があります。またクレソンにはビタミンEも含まれており、抜け毛の一因となり得る「過酸化脂質」の発生を防ぐ抗酸化作用があるともいわれています。さらにクレソンには髪の毛の生成に必要なビタミンCと鉄が入っており、ビタミンCが鉄の吸収をサポートしてくれます。他にも「クレソンエキス」には健康な頭皮の維持に有用な炎症を抑える効果、血行促進効果、保湿効果があるとされています。これらのことからクレソンを食べることは、頭皮を健康的な状態に保ちやすく、間接的に薄毛予防へ繋がると考えられるでしょう。
◯もずく
居酒屋のお通しや定食の小鉢でよく見かける「もずく」には、育毛に有用といわれる栄養素が豊富に含まれています。
もずくに含まれる「フコイダン」という成分には、薄毛男性の多くが罹患しているといわれる「AGA(男性型脱毛症)」による脱毛を、ある程度予防できる効果が期待されるという研究結果があります。このフコイダンに含まれる「アルギン酸」が持つ血清脂質改善作用や抗酸化作用によって、育毛をサポートできる頭皮環境を維持しやすくなり、薄毛予防が期待できると考えられます。
◯ビール
接待などでお酒を飲む機会が多い人もいらっしゃるでしょう。アルコールには育毛を阻害する可能性が示唆されていますが、一方でビールには薄毛改善が期待できる成分も含まれています。
ビールに含まれる「ホップ」には消化促進や鎮静作用、血圧改善、肥満予防などの効果があるとされており、直接、育毛に影響を及ぼすわけではありませんが、これらの作用が健康維持や育毛環境の維持に良い影響を与える可能性が考えられます。また肥満と薄毛には関連性があるといわれており、肥満予防も間接的に薄毛予防に繋がる可能性があるでしょう。
女性の場合、女性ホルモンの「エストロゲン」が減少することで薄毛になる「びまん性脱毛」が多いとされています。ビールに含まれるホップはエストロゲンと似た作用を持つといわれており、女性の薄毛予防や改善にも期待できます。
ただしビールは糖質を多く含むアルコール類です。ホップが育毛に良いからといって多飲すると、逆に健康を害したり肥満に繋がったりする恐れがあります。あくまでもお酒を選ぶ際の参考として、なるべく日本酒よりはビールを選ぶとよいでしょう。いずれにせよ多量の飲酒を避けることは育毛に限らず健康においても大事なことです。
女性専用の薄毛治療について

家で手軽に食べられる「育毛に良い食べ物5選」

手の込んだ料理を作らなくても、いつもの食卓にプラスすることで育毛効果を期待できる食べ物があります。スーパーなどで手軽に買え、自宅で簡単に食べることができ、さらに育毛にもよい効果が期待できる食べ物を5つご紹介します。

◯カスピ海ヨーグルト
カスピ海ヨーグルトはスーパーでも購入でき、自宅でも簡単に作ることができます。慌ただしい朝でも時間をかけずに食べられ、かつ育毛にも良い効果が期待できる食材です。
カスピ海ヨーグルトには生きたまま腸に届くカスピ海特有の「クレモリス菌FC株」が含まれており腸内環境を整えます。また粘り成分である「EPS」を産生することも特徴の一つです。EPSには免疫細胞を活性化させる働きや血糖値の上昇を穏やかにする働きがあるといわれています。これらの腸内環境の改善効果や免疫細胞の活性化によって美肌効果が期待され、頭皮環境の改善にも効果的だと考えられます。
◯スイカ
最近は4月頃からでもスーパーの店頭に並び始めるスイカ。八百屋やコンビニなどでも手軽に購入できる果物です。食べやすいサイズにカットされて売られている場合もありますし、小ぶりのスイカだと半分に切ってそのままスプーンで掬って食べることもでき、忙しい人でも簡単に食べられます。
スイカには「シトルリン」というアミノ酸が含まれていますが、シトルリンには血流改善の効果、新陳代謝をアップする効果、抗酸化作用などがあるといわれています。髪の毛も頭皮も細胞であり新陳代謝を繰り返します。このため新陳代謝をアップさせることは、育毛促進に繋がると考えられます。また血流改善や抗酸化作用により頭皮を健康に保つことは育毛にとって有用であり、薄毛改善にも役立つ可能性があります。
◯ブロッコリー
ブロッコリーは、さっと茹でてマヨネーズやドレッシングをかけるだけでおいしく食べられる野菜です。最近ではコンビニやスーパーなどで冷凍のブロッコリーが販売されており、食べたい分量だけを解凍してすぐに料理することもできます。
ブロッコリーには髪の毛の生成に必要なビタミンCが含まれているほか、タンパク質を髪の毛の主成分「ケラチン」に変換させる亜鉛を助けるビタミンB6も含まれています。また育毛に必要な酸素や栄養素を運ぶ血液を造るための働きを行う葉酸も含んでいます。
さらにブロッコリーの芽である「ブロッコリースプラウト」には「スルフォラファン」という成分が含まれています。このスルフォラファンには、AGAの抑制効果が期待できると考えられていますが、スルフォラファンの薄毛予防効果についてはまだ研究段階であり、今後のさらなる研究が期待されています。ブロッコリースプラウトは生のままで食べられるためサラダの具材やサンドイッチに挟んだり、パスタの上にかけたりするなど、手軽に食べることができます。
◯納豆
納豆は栄養豊富な大豆を使用した発酵食品の一つですが、薄毛予防にも良い効果が期待できます。ご飯の上にのせるだけでなく、麺類やパンに合わせたレシピも多く存在します。
納豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、ホップと同じくエストロゲンと似た働きをするため、エストロゲンの減少による女性の薄毛に対して改善効果が期待できます。
また納豆には髪の毛の主成分となるタンパク質をはじめ、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルといった健康維持に必須な5大栄養素のほか、腸内環境を整える作用をもつ食物繊維も含まれています。豊富な栄養を含む納豆を普段から食べることで、健康を促進し正常な育毛を促す効果も期待できます。
◯梅干し
たった一粒でも多くの栄養素が含まれる発酵食品の梅干しは、健康と育毛に良い効果が期待できます。梅干しはそのまま食べたり、色々なおかずにプラスしたり、お酒に入れても良いため、時間のない人でも手軽に食べることができます。
梅干しに含まれる「クエン酸」には育毛に必要な鉄・亜鉛・マグネシウムなど、ミネラルの体内吸収率をあげる効果があると考えられています。また亜鉛には細胞を活性化させる働きがあるとされており、細胞分裂を繰り返して髪の毛となっていく「毛母細胞」を活性化させる効果も期待できます。
梅干しにはビタミンも豊富に含まれています。そのビタミンの中には育毛や薄毛予防の効果が期待できるビタミンA、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンCがあります。これらのビタミンにはそれぞれ頭皮環境を整えたり、髪の毛の成長をサポートする働きがあるといわれています。

バランスの取れた食生活に配慮しつつ、薄毛は治療によって改善を

薄毛が気になっている人は、ご紹介した食材を日頃の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。しかし薄毛の原因がAGAであった場合には、食事だけで薄毛の進行を止めることは難しいでしょう。AGAは額の生え際や頭頂部から薄毛が進行していく脱毛症であり、主な原因は男性ホルモンにあるといわれています。AGAは治療により薄毛の改善が期待できる疾患です。AGA治療は早めに開始するほど効果的だとされているため、まずはAGA治療専門クリニックなどで相談することをおすすめします。

東京・秋葉原のAGAヘアクリニック(以下、当院)では、薄毛治療だけでなく、食事やヘアケアなど日常生活の悩み相談もお気軽にしていただけます。診察は何度でも無料で受けることができ、お一人おひとり違う症状や悩み、ご希望などをしっかりとヒアリングさせていただいてから最適な治療のご提案をしています。診察やお会計まで個室で行うため人目を気にされる心配はありません。ぜひ一度、当院までお越しください。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について