このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】AGAの原因は改善できない? AGA治療「HARG療法」とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGA(男性型脱毛症)には様々な治療法があります。その中でも内服薬と外用液を使用した治療が一般的とされていますが、近年では頭皮の成長因子を再生・活性化させて発毛や育毛を促す「HARG療法」を行うクリニックも多くあります。国内のAGA診療ガイドラインで推奨されていないHARG療法ですが、最新医療のひとつとして注目を集めている再生医療に含まれます。

ではHARG療法の有効性は内服薬治療と比べてどの程度なのでしょうか。今回のAGAタイムスでは、HARG療法とその可能性についてご紹介します。

成長因子を注入するHARG療法

HARG療法は脂肪由来の幹細胞から抽出した成長因子を含む有効成分を直接頭皮に注入する治療法です。幹細胞から抽出して精製したタンパク質成分「AAPE」を、注射器などで頭皮の表皮と真皮の間に注入。これによって毛包が回復し、髪の毛を生成する毛母細胞を活性化させて頭皮改善や発毛を促すとされています。最近では注射器や針を使用せずに電気パルスなどを用いる施術方法もあります。よく「メソセラピー」と混同されがちですが、メソセラピーは被下部に直接治療薬などを注入する施術方法全般のことを指します。

HARG療法において頭皮に注入する成分は様々で、約150種類以上のタンパク質を含むAAPEをはじめケラチンを構成するアミノ酸のシスチン、アミノ酸の合成に欠かせないビタミンBなどが含まれています。これらの成分は個人の症例に合わせて配合を変えることができるため「HARGカクテル」とも呼ばれています。

薄毛の原因

薄毛の原因は加齢による細胞の老化など様々ですが、成人男性の多くが悩まされている薄毛のほとんどはAGAだといわれています。AGAは男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという体内酵素と結合して生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で抜け毛を誘発します。体内で生成されたDHTが髪の毛が成長する周期「ヘアサイクル」を乱し、髪の成長期を極端に短縮させ薄毛を進行させるのです。

男性ホルモンや体内酵素のほかにもストレスや食生活、生活習慣の乱れなども薄毛に大きく関わっているといわれています。過度なストレスは自律神経を乱し、血行不良やホルモンバランスの崩れを引き起こしかねません。また栄養バランスの偏りや睡眠不足は体内機能や成長ホルモンの分泌などに悪影響を及ぼす可能性も。血行不良や体内機能の異常、成長ホルモンの分泌不足は髪の毛の成長や育毛を妨げる恐れがあります。

HARG療法のメリット・デメリット

◇メリット

HARG療法は髪を生成する細胞に成長因子を注入する治療法のため、FPHL(女性型脱毛症)の治療や円形脱毛症などあらゆる薄毛にも有効であるといわれています。また広範囲にまで薄毛が進行している場合であっても育毛や発毛の効果が期待できるとされている点もHARG療法のメリットといえるでしょう。

HARG療法に使用されるAAPEは細菌やウィルスから完全に守られて培養・製造されているため安全性が高いといわれています。

◇デメリット

細胞の再生で発毛効果が期待できるといわれるHARG療法ですが、悪玉男性ホルモンに起因するAGAには向いていないのではないかともいわれています。これはHARG療法が髪の毛の再生を促す治療法であり、悪玉男性ホルモンの抑制をするわけではないからです。そのためHARG療法と並行してフィナステリドなどのAGA治療薬を使用する必要があります。

またHARG治療は高額であるほか施術を受けられる病院も限られているため、誰でも気軽に始められる治療ではないこともデメリットに挙げられます。

AGAの根本的な治療には内服薬が効果的

AGAの治療としては、悪玉男性ホルモンの働きを抑制することが重要です。男性型脱毛症ガイドラインでは、「フィナステリド」や「デュタステリド」といった内服薬と、「ミノキシジル」という成分を含む外用液の使用が推奨されています。AGA治療専門の病院ではこれらの薬を処方されることがほとんどです。

◯ フィナステリド

フィナステリドは、AGAに関係するとされる5αリダクターゼII型を阻害する作用をもち、ヘアサイクルの乱れを改善させる働きがあります。

◯ デュタステリド

現在内服薬で一般的に処方されているのがデュタステリドです。その薬理効果はフィナステリドの3倍、増毛効果は1.6倍といわれており、さらにデュタステリドはII型だけでなくI型の5αリダクターゼにも作用します。

◯ ミノキシジル

ミノキシジルは毛母細胞を活性化し、ヘアサイクルを延長させる作用があります。頭皮に直接塗布する外用液タイプと内服薬の2種類があります。ただし内服薬は降圧剤として製造されているため、医師と相談したうえで使用を検討したほうが良いでしょう。

規則正しい生活と共にAGA治療を始めましょう

HARG療法はFPHLや円形脱毛症のような薄毛の症状にも有効である一方、AGAの根本原因であるDHTを抑制する治療法ではありません。またこの療法は比較的新しいものなので、現在も研究が続けられています。そのため「AGA治療」という概念から考えると、絶対的な有効性に関しては不透明であるともいえます。AGAによる薄毛にお悩みの場合には、まずはAGA治療専門の病院などで診察を受けることをお勧めします。これまでにも治療実績が多く国内でも推奨されている内服薬や外用液での治療を始めてることが、現時点では最善といえるでしょう。

またAGA治療だけではなく生活習慣の見直しを行うことも重要です。内服薬や外用液の治療を始めても、不摂生な生活が続いては治療の効果が出にくくなってしまう可能性があります。バランスの良い食事や十分な睡眠、適度な運動を心がけた上でAGA治療を行っていくと良いでしょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)ではAGAの根本治療となる内服薬の治療を行なっています。また無料で受診できる診察では生活習慣のアドバイスなども受けることができます。薄毛治療について不安や疑問がある場合や薄毛改善に向けて生活習慣のアドバイスが欲しい場合などには、ぜひ一度当院の診察へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について