このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】女性特有の薄毛問題って何? 原因と効果的な対策まとめ

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

一般的に薄毛は男性特有の悩みだというイメージがあるかもしれません。しかし実際には薄毛に悩む女性も決して少なくはないのです。抜け毛が増えたり、つむじ付近のボリュームが失われることは女性にとっても深刻な問題といえます。また薄毛は加齢だけが原因で起きるものではありません。遺伝の影響やホルモンバランスの乱れなどが原因の場合には、早期に治療を受けることで髪を守ることにも繋がります。ご自身の髪の毛を守っていくためにもまずは”女性の薄毛とは何か”を知ることから始めましょう。今回のAGAタイムスは女性に多い脱毛症の種類やその原因、改善策を詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

働く女性は要注意! 忙しさで身体を酷使していませんか?

薄毛の悩みを抱えクリニックを訪れる女性のうち半数以上が30代~40代で仕事を持つ方々だといわれています。また、そのうち6割ほどが未婚女性であるという話も。つまり社会に出てバリバリ働く女性たちが特に薄毛に悩んでいるということなのです。

多忙なビジネスパーソンは生活習慣が乱れたり仕事のストレスを抱えたりすることもありますが、これらは性別を問わず薄毛の原因につながるといわれています。一方で家庭を守る専業主婦の方々に関しても育児や家計のやりくりなどで大変な思いをしストレスを抱えている場合も多くあるので安心はできません。さらに女性は男性にはない女性特有の原因で薄毛になるケースまであるのです。

女性特有である薄毛の原因とは

女性特有の原因、それは“出産”です。女性は妊娠すると母体を守るために女性ホルモンの量が急激に増加します。しかし一時的に増えた女性ホルモンは出産とともに一気に減少するのです。その落差は凄まじく、ホルモンバランスが短期間で大きく変動することによって体に不調をきたすことさえあります。髪が抜けることもそのひとつといわれており自覚症状の有無に個人差はありますが出産を経験した女性の多くが何らかの形で影響を受けているといいます。

一般的に出産後は半年ほど経てばホルモンの正常化に伴って産後脱毛は改善することが多いといわれています。しかし産後は赤ちゃん中心の生活になるため、それまでの生活習慣が一変します。その生活習慣の変化にストレスに感じたり、忙しさのあまり自身の睡眠や食事が疎かになったりすることも薄毛を誘引する一因といえるでしょう。

また中には妊娠による体型の変化を気にして過度なダイエットをする方もいます。ただでさえ授乳で栄養が必要な時期に過度なダイエットで自ら栄養不足に導く危険性のあることは絶対におすすめできません。体内の栄養が足りなくなると体調不良はもちろん産後脱毛を加速させる可能性があります。このように出産によって生じた心身や環境の変化に体が耐えきれず結果として抜け毛が起こることは珍しいことではありません。

女性の薄毛治療って?

女性の場合は治療を始める際にも少しだけ注意が必要です。女性と男性の薄毛治療でもっとも大きな違いといえば、女性は「プロペシア(フィナステリド)」や「ザガーロ(デュタステリド)」を服用できないことでしょう。

フィナステリドとデュタステリドは多くのケースで男性のAGA治療に用いられる内服薬ですが、女性には効果が認められていません。それどころか、男児を妊娠中の妊婦は服用だけでなく、薬に触れることでも男性胎児の性器に影響を及ぼす可能性があるといわれているのです。そのため病院ではプロペシア以外の内服薬や「ミノキシジル」配合の外用液などを処方することが一般的です。産婦人科や皮膚科、薄毛治療専門のクリニックなど薄毛の相談ができる病院はいくつかありますので、もし薄毛治療に取り組みたいという場合は一度相談してみてはいかがでしょうか。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛治療専門の病院です。男性の薄毛だけではなく女性の薄毛治療も積極的に行っており、これまでにも多くの実績を積んできました。JR秋葉原駅から徒歩4分の院内は診察室が全室個室のため他の患者様とも顔を合わせることがほとんどありません。そのため女性の方でも安心して来院していただくことができます。また産後間もないため赤ちゃんとの外出が難しい場合には、スマホのテレビ電話を使用したオンライン診察も可能です。自宅にいながら医師の診察を受け、産後薄毛の治療を開始することができます。

当院は医師の診察や薄毛に関する相談は何度でも無料で行っております。まずは無料診察を受け薄毛の原因や現在の状態を診断してもらうだけでも薄毛を改善する手がかりが明確になってくるでしょう。

注意したいヘアケア

多くの女性が気にかけるシャンプーやトリートメント、整髪剤などのヘアケア商品にも、実は落とし穴があります。誤ったヘアケア商品の使用方法は、頭皮や髪にダメージを与えてしまうことがあるのです。

例えば、シャンプーには頭皮や髪の汚れを効率的に洗い落とすため「界面活性剤」という成分が含まれています。界面活性剤にもいくつか種類がありますが、洗浄性などの観点から、「アニオン性界面活性剤」が主に使用されています。アニオン性界面活性剤の中でも、「アルキルエーテル硫酸塩(AES)」や「アルキル硫酸塩(AS)」と呼ばれるものが安価で製造できるという理由から現在の主流となっており、特にAESは水道水の硬度の影響を受けにくいことに加えて皮膚に対する刺激が少ないためもっとも広く使用される界面活性剤です。

ただし、これらの界面活性剤は洗浄力が強いため、敏感肌や乾燥肌の方は使用を控えた方が良い場合もあります。なぜなら洗浄力が強いシャンプーは、頭皮を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまい紫外線や乾燥によるダメージを受けやすくなる可能性があるためです。シャンプーボトル裏の成分表に「◯◯硫酸」という名前があれば、石油から精製される「高級アルコール系」の界面活性剤が配合されている可能性が高いため少し注意してください。肌が弱い方は、「アミノ酸系」などの洗浄力がやさしいタイプを使用することをおすすめします。

その他、入浴後に髪を良く乾かさないまま寝ることもやめましょう。髪は濡れると膨張して、キューティクルが開いてしまいます。その状態で枕や布団との間に摩擦が生じると、髪が痛む原因になるのです。また生乾きの頭皮は雑菌が繁殖しやすいため炎症を起こすこともあるので、髪は必ず乾かしてから寝るように心がけましょう。

女性の薄毛も治療できる時代

少し前まで女性の薄毛は加齢によるものだといわれてきましたが、昨今では逆に働き盛りの女性達の悩みとなっているようです。これは、ハードな業務によるストレスや睡眠不足など、生活習慣の乱れが大きく影響しているといえるでしょう。妊娠、出産によるホルモンバランスの乱れも抜け毛の原因になりますので他人事ではないと感じる方もいるでしょう。

「髪は女の命」という言葉があるほど女性にとって大切な髪を守るため、触った感じや色艶、ボリュームなどが少しでもいつもと違うと感じたら、早めに薄毛治療専門のクリニックに相談することおすすめします。

東京、秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、女性の薄毛治療も行なっております。女性向けの治療薬もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について