このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教えるAGAや薄毛対策・治療のための情報サイト

【医師が教える】おでこが広いとM字ハゲなの? 薄毛との境界線とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

通称「M字ハゲ」とも呼ばれる前頭部の薄毛は、多くの男性が悩んでいる症状のひとつです。しかしM字ハゲは、おデコと薄毛部分の境界線が分かりづらいこともあり、ある程度進行しないと変化に気付かない場合もあります。

そこで今回のAGAタイムスでは、M字ハゲと呼ばれる前頭部の薄毛の進行状態を簡易的にチェックする方法をご紹介するとともに、薄毛のメカニズムと予防方法を解説します。

そもそもM字ハゲの基準と境界線とは

ご自身の症状がM字ハゲに該当するかどうか、簡単にチェックをしてみましょう。

1. 鏡を用意する
頭部全体が映るサイズの鏡を用意し、正面からご自身の顔を映してみましょう。
2. 額にシワをつくる
鏡に顔を映したまま、目を見開いて、眉毛を上に動かしてください。このとき手を使わずに、顔の筋肉だけで持ち上げるのがポイントです。すると、おでこにシワができます。
3. 境界線を確認する
おでこにできた一番上のシワ(生え際に最も近い位置にできたシワ)が、頭皮とおでこの境界線です。これは、前頭筋(おでこの筋肉)を含む顔の筋肉が動くと皮膚にシワができるのに対し、頭皮にはシワができないためです。また頭皮とおでこの皮膚は、質感も異なります。
4. 境界線に指を置いてみる
その状態のまま、一番上のシワ(頭皮とおでこの境界線)と髪の生え際の間に1本指を置いてみましょう。ちょうど1本分くらいであれば、薄毛を心配する必要はありません。しかし指2本分、3本分と隙間が空いている場合はM字ハゲである可能性が高いといえます。あくまで目安ですが、ぜひ試してみてください。

その他、日本でよく使われている分類法の「高島分類」では、頭頂線から角額が2cm以内だとAGA(男性型脱毛症)と定義しています。

M字ハゲは何が原因?

前頭部やつむじ周辺の髪が薄くなったり抜け毛が増える症状は、AGAと呼ばれ成人男性に多くみられます。AGAの原因といわれているのが「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンの影響です。DHTは精巣や副腎などから分泌される男性にとって必要不可欠な男性ホルモン「テストステロン」と、毛乳頭細胞に存在する「5αリダクターゼ」という酵素が結びついて生成されます。DHTは毛乳頭にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合して、脱毛因子のサイトカイン(細胞の増殖、細胞死、治癒のような情報伝達をおこなうたんぱく質)である「TGF-β」を増やします。

通常、髪の毛は2~6年かけて太く強く成長し、その後に抜け落ちます。しかし、DHTが過剰に分泌されTGF-βが増えると、ヘアサイクルが短くなり成長初期の柔らかく短い毛の状態で抜けるようになります。徐々に短く細い毛が目立つようになり、最終的には薄毛へと発展してしまいます。M字ハゲの場合、生え際部分の頭皮内でDHTが過剰に生成されているものと考えられます。

M字ハゲは遺伝するのか

AGAには、なりやすい人とそうでない人がいるといわれています。両者の違いには先述した「5αリダクターゼ」が関係しています。

成人男性の中でも、人によって5αリダクターゼの分泌量は異なります。そのため分泌量が多い人ほど、AGAを発症しやすいといわれています。5αリダクターゼが生成されやすい体質には、遺伝的な要素が関係することから“薄毛になりやすい体質は遺伝する”と考えられています。また、遺伝以外の原因としては生活習慣の乱れも挙げられます。栄養バランスが偏った食事や睡眠不足、喫煙や過剰な飲酒といった不摂生も、薄毛を招くひとつの要因とされています。

M字ハゲの予防と対策

遺伝的な要素の治療は難しくても、生活習慣の乱れを改善することはM字ハゲの予防につながります。規則正しい健康的な生活を送り、育毛に適した頭皮環境を目指しましょう。

1. 規則正しい生活で自律神経を整える
不規則な生活は、心身にストレスを与えかねません。ストレスにより自律神経が乱れると、頭皮の血流が悪化し髪の毛が育ちにくくなってしまう場合があります。また自律神経が乱れると、ホルモンバランスに悪影響を及ぼすことも考えられます。このような事態を避けるためにも、なるべく規則正しい生活を送りましょう。
2. 睡眠時間の確保
最低6時間以上の睡眠を確保し、身体と心を休めるようにしましょう。睡眠中に多く分泌される「成長ホルモン」には成長や回復を促す働きがあるため、睡眠が不足すると成長ホルモンの分泌量が減少し、ダメージが体に蓄積しやすくなります。そのため睡眠不足が慢性化すると、蓄積されたダメージが育毛に悪影響を及ぼし、薄毛や抜け毛を招く恐れがあります。
3. 食事の内容に気を遣う
栄養バランスの偏った食事は、育毛を妨げる恐れがあります。髪も他の細胞と同じく、食事から摂取した栄養素によって成長します。ビタミンやミネラル、タンパク質などを含んだ栄養バランスの良い食事を心がけましょう。ファストフードやコンビニ食品ばかり食べ続けるのは、栄養が偏るのであまりおすすめできません。

まとめ

M字ハゲのセルフチェックをした結果、「もしかしてAGAかも」と不安に感じた方は、生活習慣の見直しをおこない思い当たる不摂生を改善しましょう。それでも薄毛の改善が見られない場合は、AGA治療専門のクリニックを受診してみることをおすすめします。

遺伝的に薄毛になりやすい体質であったとしても、AGA治療を受けることで薄毛の進行を抑制できる可能性があります。「遺伝だから」とM字ハゲの改善を諦めてしまう前に、医師に相談してみましょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

timestoclinic
timestoclinic

髪の毛でお悩みの方

timestoclinic
timestoclinic