このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】デュタステリドとフィナステリドの違いって?ふたつのAGA治療薬を徹底比較!

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

男性にとって進行する「薄毛」というのは、時に深刻な悩みになることでしょう。すでに額やつむじ付近が薄くなってきている方でしたら尚更かもしれません。男性によく見られる脱毛症は「AGA」と呼ばれているもので、昨今その名は一般的にも知られるようになりました。「AGA」とは一体何なのか、また「AGA」治療で用いられることの多い治療薬である「デュタステリド」と「フィナステリド」とは何なのかを知り、ご自身のために今できることをしっかり勉強していきましょう。

AGAについて

「AGA(エージーエー)」とは男性型脱毛症のことで、「Androgenetic Alopecia」の略です。この男性にみられる薄毛状態は、額やつむじ付近から薄くなっていくのが特徴といわれています。

AGAの仕組みとしては、「テストステロン」という男性ホルモンが変換酵素である「5αリダクターゼ」の作用で「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化し、その「DHT」の影響を受けることで薄毛になっていくものとされています。「DHT」にはヘアサイクルの成長期を短くする因子を増加させる作用があり、ヘアサイクルが短くなると髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうようになります。それが進行した結果、十分に育ちきっていない短く細い毛が多くなることで薄毛に発展してしまうのです。ちなみに、「5αリダクダーゼ」にはⅠ型とⅡ型が存在し、薄毛に関係しているのは主にⅡ型だといわれています。

「AGA」は進行性の脱毛症であり、対処せずにいると徐々に薄毛が進んでしまうため早めにケアを開始することが大切です。髪が抜けてしまっても、毛包さえ残っていれば適切なケアをおこなうことで改善するケースが多いので、決して諦めることはありません。

「AGA」の仕組みについてはご理解いただけたでしょうか? それでは次からは、本格的にAGA治療を検討している方々にぜひ知っていただきたい、AGA専門クリニックで処方される治療薬の成分についてご紹介いたします。

フィナステリドとデュタステリドの違いは?

AGA治療薬として処方されている「フィナステリド」と「デュタステリド」。名前が似ているので、てっきり「おなじもの」のように思ってしまうこともあるかもしれませんが、2つとも別の処方薬で、効果も異なります。具体的な効果と副作用にはどんな違いがあるのでしょうか? それぞれの特徴についてリサーチしました。

《フィナステリド》
日本で昔から処方されているAGA治療薬は「プロペシア」という名で、これはMSD社より販売されています。現在では特許が切れたことによりジェネリック医薬品も出回っています。成分の一般名称は「フィナステリド」といい、男性ホルモンの「テストステロン」を「DHT」に変化させる「5αリダクターゼ」を阻害する効果を持っています。男性におけるAGA治療薬として世界でもっとも一般的に処方されているお薬で、日本でもAGA治療薬としての知名度は比較的高いといえるでしょう。副作用としてあげられるのは、性欲減退、勃起不全などがありますので、気になる方は専門の医師に相談することをおすすめいたします。
《デュタステリド》
次に、日本で処方可能な最新のAGA治療薬は「ザガーロ」という名であり、これはグラクソスミスクライン社より販売されています。成分の一般名称を「デュタステリド」といい、「フィナステリド」と同じく「5αリダクターゼ」を阻害する効果があります。また「デュタステリド」は、「フィナステリド」と比較して「5αリダクターゼⅡ型」を阻害する効果が約3倍であるといわれていることから、いまAGA治療薬として大変注目されている成分です。また副作用については、基本的にフィナステリドと同様のものがあげられます。

フィナステリド/デュタステリドの服用に関する注意点

AGA治療薬として注目されるこれらの成分ですが、服用に際して気をつけたい注意点があります。まず、肝機能障害の副作用が起こる可能性があるため、肝臓に不安を抱える方は服用しないようにしてください。また、女性には効果が認められていないため服用してはいけません。特に妊娠中の方は、胎児に影響を及ぼす可能性があるので絶対に服用しないでください。また薬を服用すると血液中にその成分が含まれるようになるため、献血なども避けるようにしましょう。献血をする場合は、デュタステリドなら服用を辞めてから半年、フィナステリドでも1ヶ月は間を空けてください。

治療薬の服用は、用法容量を守り、適切に飲み続けることが大切です。自己判断で服用をやめてしまうと、せっかくお薬で抑制されていたAGAが進行してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

薄毛治療ならAGAヘアクリニックへご相談ください

AGA治療薬として注目される二つの成分の効果と副作用について、ご理解いただけたでしょうか。薄毛が気になる方にとって、有効的な治療薬の存在は嬉しいですよね。しかし、性欲減退など気になる副作用の報告もありますから、専門の医師とよく相談したうえで治療薬を使うか否かを見極めていきましょう。また、治療薬の効果には個人差があることも忘れてはいけません。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)はAGA治療専門の病院です。AGA治療の経験と実績が豊富な医師が在籍しているため、AGA治療薬についての不安や相談などにも真摯に対応させていただきます。診察や相談は初診に限らず何度でも無料で行っておりますので、AGAの治療を始めたいとお考えの方はぜひ一度、当院へ診察にいらしてみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果