このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】もしAGAになってしまったら……。自毛植毛のリスクとイマドキの治療法

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

ここ数年、テレビやネットなどで目にする機会が増えたAGAという言葉。「男性型脱毛症」という意味で、薄毛に悩む男性がAGAであるといわれています。男性ホルモンの影響によって前頭部や頭頂部の髪が薄くなる症状で、進行すると生え際から頭頂部まで薄毛になってしまう場合もあります。AGAはゆっくりと確実に進行するのが特徴で、放っておくと気がついたときには髪が薄くなっている……なんてことも。そのため、AGAの疑いがある場合はなるべく早期に治療を受けることが大切です。

AGA治療にはいくつか選択肢がありますが、今回はそのうちのひとつ「植毛」を中心に、どんな治療をするのか?またAGAに対して有効なのか?等などを紹介していきます!

AGAの発症を見逃さないため、まずはセルフチェックを

薄毛の原因がAGAである男性は比較的多いものの、早い段階でその前兆に気付くのは難しい場合もあります。まずは以下の項目でセルフチェックをおこない、当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

  • 1. 髪が柔らかくなり、コシがなくなってきた
  • 2. 抜け毛が急に増えた
  • 3. 髪がまとまらず、昔のように髪型が決まらない
  • 4. 頭皮が脂ぎってベタベタするようになった
  • 5. 髪が濡れていると、地肌の透けが目立つようになった

該当する項目が多ければ多いほど、AGAの可能性は高いといえます。特に最後の項目は要注意。AGAによって髪が育つ前に抜け落ちてしまい、産毛のような髪の毛が多くなっている可能性があります。

はじめは育毛剤や頭皮マッサージを想像する方も多いかもしれません。しかし、それらは頭皮環境を整えるうえで効果的なケアといえども、AGAを根本的に治療することはできません。適切な治療をうけない限り、改善は難しいといえるでしょう。

植毛の種類とそれぞれのリスクとは?

薄毛の原因はいろいろありますが、大きな原因のひとつに「生活習慣の乱れ」があります。まだ若いからといって乱れた生活を送っていると、それが薄毛や抜け毛を招く可能性があります。下の項目に当てはまる行動を取っていないか、こちらもチェックしてみてくださいね。。

AGAに対する治療法には様々なものがありますが、「植毛」もそのひとつに含まれます。植毛には大きく2つの方法があり、ひとつを「人工植毛」、もうひとつを「自毛植毛」といいます。まずは人工毛植毛から紹介します。

人工植毛とは、ポリエステルなどの合成繊維を材料とした人工的な髪を頭皮に埋め込む治療のことです。植毛する量や範囲を自由に決めることができますが、異物を毛穴に埋め込むため拒絶反応や化膿、細菌感染などを引き起こすリスクが伴います。また年に1〜2度はボリュームを維持するためにメンテナンスが必要となり、追加の手間や手術費用もかかりってしまいます。

現在では世界的にも人工植毛には否定的な見解がおおく、国によっては法律で施術を禁じている場合もあります。国内においてAGA治療の推奨度が記された「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」では「人工植毛を行うべきではない」と位置づけてられています。

あまり推奨されていない人工植毛に対し、自毛植毛はどうでしょうか。自毛植毛とは、自分自身の毛を移植する治療法です。AGAになると、生え際から頭頂部にかけて薄毛が進行していきます。しかし後頭部や側頭部が薄毛になることは殆どありません。これはAGAの原因となる男性ホルモンが、側頭部や後頭部に影響を与えにくいという特性があるからです。

自毛植毛では、AGAの影響を受けにくい部分の毛髪を毛根ごと切り取り、髪の薄い部分に移植します。自身の頭皮を移植するため拒絶反応が少ない点がメリットですが、頭皮にメスを入れるので、痛みや術後の傷あとが残るほか、手術失敗のリスクも0ではありません。なにより、AGAの進行を止める事ができるわけではないため、移植した場所以外が薄毛になってしまう場合もあります。そのため自毛植毛は、ほかのAGA治療で効果が出なかった場合の選択肢として考えたほうが良いでしょう。

植毛する前に、薬でAGAを治療すべき!

植毛にともなうリスクは、決して楽観的になれないものが多いです。そのため、まずは他の治療法からはじめるのがおすすめです。

現在のAGA治療においては、内服薬と外用液を用いた治療が主流になっています。その中で特に推奨されているのが「フィナステリド」と「ミノキシジル」です。フィナステリド治療薬は、内服することでAGAの元となる物質を抑制する効果があります。男性型脱毛症診療ガイドラインでも、最高推奨度の「A」を与えられています。

同じくミノキシジルも、同ガイドラインで推奨度Aとされる成分です。内服薬と外用液があり、頭皮に直接塗布して使用できます。ミノキシジルはヘアサイクルを延長し、髪の毛の生成を促す効果があるといわれ、発毛を促進すると考えられています。

この2種類を併用することが、現在のAGA治療において効果が期待できるといわれています。また薬の処方のみのためリスクもすくなく、植毛に比べて比較的安価なため、治療コストを抑えられるという点も大きなメリットといえますね。

ご自身にあった薄毛治療を

AGA治療はまだまだ歴史が浅く、100%治る治療というのは存在しません。しかしその発症メカニズムが解明され始めたことによって、症状が改善する可能性は飛躍的に上がったといえます。

治療方法は内服薬から外科手術まで何種類かありますが、まずはAGA治療専門クリニックや皮膚科で正しい診断を受けることから始めましょう。問診や血液検査などによって症状を見極め、自分にあった治療法を提案してもらうのが一番です。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックはAGAなどの薄毛を専門に扱う病院です。医師による診察や相談が無料のため気軽に診察を受けることができます。また自毛植毛ではなく内服薬や外用薬を使用した治療をおこなっているため、薄毛治療が初めての方や自毛植毛には少し抵抗があるなどという方にもお勧めです。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について