このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】若いからって安心できない! 10代でもM字ハゲになるAGAってなに?

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

年齢が若くても、額の生え際やつむじの薄毛を気にしている人は多くいるといわれています。「まさかすぐに進行することはないだろう」と油断していると、日に日に抜け毛が増えてしまうかもしれません。その理由は、生え際の後退やつむじの薄毛は「AGA(男性型脱毛症)」の初期症状かもしれないからです。

薄毛は原因や症状によっていくつかの種類に分類されています。気になり始めた時に薄毛のタイプが分かっていれば、適切に対応することができるでしょう。AGAタイムスでは、10代でも起こる可能性がある「M字ハゲ」や「つむじハゲ」、その他の薄毛の原因や特徴をまとめたうえで、それぞれの対策についてもご紹介します。

AGAで起こる薄毛の進行パターンとは

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、男性型脱毛症のことを指します。男性ホルモンの影響で薄毛が進行する病気で、若いうちから発症する薄毛の多くがこのAGAに当たると考えられています。AGAは、「額の生え際から後退していくタイプ」「頭頂部から薄くなるタイプ」、これらの「混合タイプ」などの症状によって、以下のように特徴分けができます。 

1. 額の生え際から後退していくタイプ
いわゆる「M字ハゲ」と呼ばれる状態で、アルファベットのM字のように前頭部の薄毛が進行するのが特徴です。額の生え際、特にこめかみ部分から薄毛が進行し、人によって前髪の一部分だけが残る場合もありますが、最終的には後頭部と側頭部を残して薄毛となってしまいます。
2. 頭頂部から薄くなるタイプ
アルファベットのO字のようにつむじ部分から円形に薄毛が進行していくことから「つむじハゲ」とも呼ばれています。比較的日本人に多いタイプといわれ、自分では見えにくいつむじ部分から薄毛が広がるため、人から指摘されるまでAGAの進行に気づかないことも少なくありません。
3. 混合タイプ
M字とは異なり、前頭部全体から薄毛が進行して頭頂部にまで広がるタイプです。最終的には、後頭部と側頭部を残して薄毛になってしまいます。

AGAのメカニズム

M字ハゲのような薄毛の原因、AGAのメカニズムを詳しく説明します。

通常髪の毛は生えてから抜け落ちるまで2-6年かかるといわれていますが、それを狂わせてしまうのがAGAです。男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、“男性らしさ”を保つ上で重要な物質です。しかし「5αリダクターゼ」という酵素と結びついて「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化すると、ヘアサイクルを極端に短くしてしまう働きがあります。ヘアサイクルが短くなると髪の毛が育つ前に抜け落ちてしまうので、徐々に薄毛となっていくのです。

5αリダクターゼには、「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の2種類が存在します。そして主に、AGAの発症に関与するのはⅡ型であると考えられています。Ⅱ型5αリダクターゼは前頭部と頭頂部に多いといわれているため、その場所から薄毛が進行することが多いのです。

また「母方の祖父が薄毛だと薄毛になる」という噂を聞いたことがあるでしょうか。DHTに対する“感受性”は遺伝する可能性があり、感受性が高いほどAGAを発症するリスクも高いので、この噂はあながち間違いではありません。その他、睡眠不足や血行不良などの環境因子も、薄毛と関わりがあるとして広く知られています。

つむじハゲも、AGAの典型的な症状のひとつです。そのためAGAの影響を受けるメカニズムは、M字と基本的には同じです。ただ頭頂部のつむじ付近は、その特性上もともと髪が薄く見えてしまう場所なので、薄毛になると、より地肌が目立つことが多いようです。また、つむじ付近は太陽の紫外線や熱によるダメージを受けやすいことも、つむじハゲになりやすい要因のひとつといえるでしょう。

AGAの予防と改善策

同じAGAでも、薄毛のタイプによって若干原因が異なる場合があります。「ハゲは遺伝だからしょうがない」と諦めてしまう方も少なくないかもしれませんが、現在ではAGA専門クリニックで受けることが可能です。クリニックでのAGA治療だけでなく、日々の生活改善によっても薄毛の予防・改善が期待できます。まだ若いうちであれば、治療をおこなう前に次のようなことから普段の生活習慣を改善していってみてはいかがでしょうか。

1. 良質な睡眠
睡眠中は成長ホルモンと呼ばれる心身の回復を促すホルモンが分泌されます。睡眠時間が不足していたり浅い眠りを繰り返したりと、質の悪い睡眠が慢性化してしまいます。そうなってしまうとダメージがどんどん蓄積され、育毛にも健康にも悪影響を及ぼす恐れがあります。成長ホルモンは20代から40代にかけて分泌量が大きく減ってしまいます。若いうちは夜更かししがちな人も多いと思いますが、毎日の睡眠時間が短い人は注意しましょう。
2. バランスのとれた食事
食事は健康な体を作るうえで基本となります。栄養バランスが偏ると、身体だけでなく髪の成長や頭皮環境に悪影響を及ぼす恐れがあります。ビタミンやミネラル、たんぱく質などバランスよく摂取しましょう。仕事や学業で忙しく食事がになりがちなときは、サプリメントで栄養を補うこともおすすめです。
3. 適度な運動
運動不足の状態が続いてしまうと、血行不良や肥満を招く恐れがあります。血行が悪くなると頭皮に十分な栄養素が行き届かなくなり、育毛に悪影響を及ぼすことも考えられます。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を中心に、毎日の生活で体を動かすことを取り入れましょう。始めは短時間でも良いので、継続させることが大切です。
4. タバコや飲酒を控える
喫煙や過度な飲酒も、育毛に悪影響を及ぼす可能性があります。タバコは薄毛の直接の原因ではないですが、薄毛になった場合に症状を悪化させる可能性があるといわれています。また飲酒も適度な分量なら結構が良くなったり多幸感を感じるという意味ではよいかもしれませんが、飲み過ぎはよくありません。20歳を過ぎてこういった嗜好品に手を出す場合は、髪や頭皮への影響があることを覚えておきましょう。
5. ストレスを溜めない
ストレスで薄毛になるということはありません。しかしストレスが原因で薄毛の症状を悪化させるということは十分に考えられることです。完全なストレスフリーというのは、社会で生活する限り難しいかもしれません。大切なのは、こまめに発散することです。趣味の時間を持ったり適度に運動たりすることで、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。
6. シャンプーは1日1回
薄毛が気になりだすと、頭皮をキレイにするためにシャンプーの回数を増やす人もいるのではないでしょうか。しかし、シャンプーによって頭皮を紫外線や乾燥から守る適度な皮脂まで洗い流してしまうと、頭皮の乾燥や刺激による皮脂の過剰分泌を招く恐れもあるのです。洗浄力のやさしいものに変えたりシャンプーは1日1回にとどめたりするのが、頭皮のためには良いとされています。
7. ヘアカラーやパーマを控える
ヘアカラーやパーマに用いる薬品によって、髪がダメージを受ける恐れがあります。ダメージを受けた髪は切れやすくなり、頭髪のボリュームが損なわれる可能性も含んでいます。またヘアカラーが頭皮につくと炎症を起こしてしまうケースも少なくありません。頭皮がヒリヒリしたり髪が傷んでいると感じたら、カラーを控える期間を設けた方が良いかもしれません。

AGA以外の脱毛症について

AGAの他にも、脱毛の原因は多々あります。中には医療機関で治療を受けないと完治が難しい脱毛症もあるため、もしこの中に思い当たる症状がある方は放置せず医師に相談しましょう。

1. 円形脱毛症
体の免疫が自分の毛髪の細胞を“異物”と勘違いして、攻撃をおこなうことで起こると考えられています。一昔前はストレスが原因といわれていましたが、現在その考え方は否定される傾向にあります。円形脱毛症の詳しい原因については、まだ完全に解明されていません。
2. 瘢痕性(はんこんせい)脱毛症
何らかの原因や疾患により毛包が破壊、または消失してしまう脱毛症です。疲痕性脱毛症は、「原発性」と「続発性」という二つに大きく分類されます。続発性とは、やけどや怪我など外的要因で毛包が消失するものであり、原発性は生まれつきの疾患です。原発性の原因は不明とされています。
3. 薬剤性脱毛症
名前の通り、薬剤の副作用によって発症する脱毛症です。中でも抗癌剤によって脱毛が起こることは有名です。抗癌剤による脱毛症は成長期脱毛に分類され、比較的スグに症状が現れます。反対にヘパリンなどで起きる薬剤性脱毛症は休止期脱毛といい、薬剤開始から数ヶ月経過してから発症することもあるため注意が必要です。
4. 牽引性脱毛症
常にヘアスタイルが変わらず髪の分け目が同じだったり、ポニーテールのような髪を引っ張るヘアスタイルを長期にわたっておこなうことで起こる脱毛症です。髪が引っ張られている部分の頭皮に負荷がかかり、血行不良など頭皮環境が悪化することによって、脱毛が起こるとされています。特に「エクステ」は自毛に別の髪をつなげて装飾するため負荷がかかりやすく、この症状を引き起こす原因になりうるといわれています。

短期間で広範囲に薄毛が広がる、また局所的に髪が抜ける場合は、これらの脱毛症に該当する疑いがあります。AGAとは原因が異なるので、それぞれの脱毛症に適した対策をおこないましょう。もっとも確実なのは、医療機関で医師に相談することです。

「AGAかも?」と思ったら

薄毛が気になり始めた時、最初に試してみたくなるのが、育毛シャンプーや育毛剤など市販の育毛関連商品だと思います。しかしこれらの商品は、すべての薄毛に効果があるわけではありません。高額のものが多いため、原因がわからない状態であれこれ使用するのは、あまり良い選択とはいえないのです。

そこでまずは、AGA治療専門クリニックや皮膚科を受診してみることをおすすめします。症状によって、患者に適切な内服薬や外用薬を処方してくれるので、自己流で解決しようとするよりも効果が期待できます。AGA治療は症状の発生から処置までが早ければ早いほど効果があるので、「AGAかも?」と思ったらすぐに行動にうつしましょう。

最近では無料カウンセリングを実施している医院もあるので、そういったところで相談してみてはいかがでしょうか。

若ハゲこそ早期の治療が大切

AGAは男性ホルモンが活発に分泌される10代のうちから発生する可能性がある病気です。そのため若くして額の生え際や頭頂部が薄毛になってしまう場合もありますが、それがAGAだとすぐに認識できる方はそう多くないでしょう。

思春期真っ只中で薄毛になることは生活にも大きな影響を与えかねません。しかしAGAは多くの場合、治療を受けることで改善に向かいます。それも早ければ早いほど効果が得られるので、いざという時は悩まず早めにAGA治療専門クリニックや皮膚科に相談しましょう。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院です。診察や相談は無料でおこなっております。薄毛が少しでも気になる場合はぜひ一度、医師の診察を受けにきてみてください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について