このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】円形脱毛症は再発する!? その原因と対策を詳しく解説!

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

「円形脱毛症」をご存知の方は、とても多いことでしょう。「10円ハゲ」とも呼ばれ、一般的にはストレスが原因だと噂されています。円形脱毛症は自然に治るものと考える人もいますが、実は再発のリスクがとても高く、かつ進行すると治療が困難になる病気なのです。せっかく治ったと思った矢先に、別の場所で脱毛が起こることも十分考えられます。

今回のAGAタイムスは、円形脱毛症の原因やその症状とともに、再発を防止する対策についても詳しく解説します。

円形脱毛症の初期症状とは

円形脱毛症とは、円形や楕円形に髪が抜ける症状のことをいいます。一般的には頭髪に10円玉サイズの脱毛が見られる状態をイメージしがちですが、実際には様々なパターンがあります。

代表的なものは前述の通り「10円ハゲ」と呼ばれる小さな円状のものから、頭部全体に広がるもの、眉毛やまつ毛、さらには体毛に及ぶ重度のものまで症状は多岐にわたります。

円形脱毛症の疑いがある初期症状には、以下のようなものがあります。

  • 1. なんの前触れもなく突然髪が抜け始めた。
  • 2. 頭部に局所的に地肌が見える部分がある。
  • 3. 円形や楕円形の脱毛斑があり、頭髪との境目がはっきりしている。
  • 4. 爪に細かい凹凸がある。
  • 5. アトピー性疾患を患っている。

1〜3は、なんとなく円形脱毛症の前兆であることがわかると思いますが、4、5も重要なチェック項目です。初期症状から進行すると、抜け毛の本数が増えたり髪を少し引っ張ったりするだけで、痛みもなく抜けたりするようになります。やがて脱毛斑が広がって、一目で円形脱毛症とわかるようになってしまいます。複数該当する場合は注意してください。

円形脱毛症の分類

円形脱毛症は、脱毛の状態や進行状況によって以下のように分類されます。

1. 通常型円形脱毛症「単発型」
一般的に知られている円形脱毛症です。10円玉〜500円玉くらいの脱毛斑が一つ発生します。円形脱毛症の中でもっとも発症率が高く、軽度であれば自然治癒することも多いといわれています。
2. 通常型円形脱毛症「多発型」
形や大きさが単発型の円形脱毛症であっても、脱毛斑が複数発生している場合は多発型と呼ばれます。頭のあちこちに脱毛斑ができてしまい、単発型よりも再発する可能性が高くなります。単発型も多発型も、場合によっては下記の全頭脱毛や汎発脱毛に移行して、頭髪全体が抜け落ちてしまう恐れがあります。脱毛状態が長期に渡って続くことも多く、自然治癒する確率は低下します。
3. 全頭脱毛
頭部全体の髪が抜け落ちてしまう症状です。多発する脱毛斑が拡大癒合しながら発症する場合と、はじめからすべての毛髪が抜け落ちる場合があります。非常に回復が難しい状態であり、治療も長期化することがほとんどです。
4. 蛇行状脱毛
頭髪の生え際の脱毛が、帯状につながる脱毛斑を呈します。「難治性」といわれる治りにくい脱毛で、脱毛斑の範囲が小さい場合でも治療が長期化することが多いといわれています。
5. 汎発性脱毛
頭髪だけでなく、全身の毛が抜け落ちてしまう状態です。自然治癒の可能性は極めて低く治療法も確立されていないため、これも難治性といえます。

このように一般的な単発型の円形脱毛症は自然治癒することも多く、あまり深刻に考える必要はありません。しかし重度になると、治療を受けても治らないケースすらあるのです。

円形脱毛症になりやすい人の特徴

自己免疫疾患を発症する本当の原因については詳しく分かっていないものの、円形脱毛症になりやすい人の特徴として、以下のような要素があります。

1. アトピー素因
アトピー素因とは、アトピー性疾患を持つ人のことをいいます。円形脱毛症患者の約60%がアトピー素因を持っていたという報告もあり、関連性が深いとされています。また本人にアトピー素因がなくても親や兄弟にアトピー素因が認められるケースも存在します。
2. ストレス
実のところ、ストレスと円形脱毛症の直接的な関連性については否定する意見も多くみられます。最近では「HPA軸」というストレス関連ホルモンの影響が指摘されています。しかしまだはっきりとした研究結果は認められていないため、真偽のほどは今後の研究結果次第といえます。

この二つは、あくまで円形脱毛症患者が統計的に持ち合わせている要素であり、どちらかに当てはまるからといって必ず円形脱毛症になるわけではありません。また詳細な発症機序が特定されていないのですから、どの要素も当てはまらないからといって、安心はできません。

円形脱毛症が再発しやすいのはなぜ?

円形脱毛症患者の34〜50%は、1年以内に毛髪が回復するといわれています。しかし15〜25%の患者は、全頭型や汎発型に移行するといわれるほど、完治が難しい病です。回復しても再発がすぐ起こる場合もあれば、数年経ってから再発する例もあります。

また脱毛斑の大きさによっても、病状の見通しは大きく変わります。日本皮膚科学会が発行する「円形脱毛症診療ガイドライン2010」の中では、脱毛斑が25%を超えるかどうかで治療方法が異なり、その後の見通しも変わってくるとされています。

再発が多い理由のひとつとしては、円形脱毛症は自己免疫疾患と考えられていることから、一度発症すると自己の免疫を完全に押さえ込むことが困難であるためと考えられています。

再発しないための対策はある?

円形脱毛症は、初期状態であれば病院で適切な治療を受けることで治る場合もあります。しかし治療を受けても、再発のリスクを完全に取り除くことはできないのが現状です。

しかし、だからといって治療を行わずに放置してしまうと、全頭型や汎発型など重度の症状に移行してしまう恐れがあります。そのため円形脱毛症が見つかったら、まずは医療機関で医師に相談することをおすすめします。

早めに医療機関へ行くことが大切

軽度の円形脱毛症であれば、髪で隠して放置してしまうという人も少なくないでしょう。また鏡で確認できない後頭部などであれば、そもそも気づかないこともあるかもしれません。

しかし進行すると、治療に時間がかかったり症状が悪化したりする恐れがあるため、自然治癒を待つことはおすすめできません。初期段階のうちに医療機関で適切な処置を受けることが、再発や病気の進行を防ぐためにもっとも良い方法なのです。

自己免疫に問題がある場合、脱毛以外のリスクも考えられますので、早めに医療機関に相談しましょう!

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ