このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】育毛剤vs育毛サロンvs専門クリニック 比較でわかる薄毛対策の違い

治療用シャンプーの効果とは
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

皆さまはどのような方法で、薄毛予防や薄毛治療をおこなっていますか? ヘアケアの方法は、薄毛の進行状況や悩みの深さによって様々です。ドラッグストアなどで育毛剤や育毛シャンプーを購入して使用する方もいれば、育毛サロンや薄毛治療専門のクリニックで治療を受けている方もいらっしゃるでしょう。

しかし様々な選択肢があるからこそ、それぞれのメリット・デメリットを知ってから治療を始めなければ、満足のいく結果を得ることは難しいといえます。そこで今回は、「育毛剤」「育毛サロン」「薄毛治療専門クリニック」の3つの薄毛治療について、特徴や効果をまとめてみました。すでにいずれかの方法で治療を始めている方はもちろん、これから治療を始める方も、ぜひ参考にしてください。

薄毛の原因とは?

そもそも、なぜ人は薄毛になるのでしょうか。薄毛の原因には加齢や脱毛症、生活習慣の乱れなど様々なものが挙げられます。その中でもAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる病気は薄毛に悩む成人男性の多くが影響を受けているといわれています。

AGAとは男性ホルモンが髪の生え替わりサイクルに悪影響を及ぼすことで髪が抜けたり細くなったりする脱毛症です。この男性ホルモンはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれ同じ男性ホルモンのテストステロンが変化した物質です。テストステロンをDHTに変化させる酵素「5αリダクターゼ」の量が頭皮に多く、なおかつDHTの影響を受けやすい体質だとAGAを発症しやすいといわれています。AGAは進行性の脱毛症です。治療によって抑制しなければ薄毛が少しずつ進行していってしまいます。

このAGAの治療を専門におこなっているのが「AGA治療専門クリニック」と呼ばれる病院です。AGA治療専門クリニックでは内服薬を用いて5αリダクターゼを抑制し外用液で発毛を促すという治療が一般的です。もし薄毛の原因がAGAであればAGA治療専門クリニックで治療を受けるのが、もっとも確実な方法といえるでしょう。

一方で生活習慣の乱れや頭皮環境の悪化が原因で薄毛になっている場合も考えられます。ほかにもAGA以外の脱毛症が影響を及ぼしていることもあるでしょう。こういったケースであれば育毛サロンや育毛剤で効果が出る可能性もあります。つまり薄毛治療は原因によって最適な方法が違うのです。

次の項目から、それぞれの治療におけるメリットとデメリットをご紹介します。

市販育毛剤のメリット・デメリット

市販の育毛剤におけるメリットは何といってもその手軽さにあります。ドラッグストアやインターネット通販などで簡単に購入できるうえに価格帯も幅広いので予算に合った商品を選ぶことができます。

ただし育毛剤は配合成分によって効果が異なるので、まずは自分の症状を理解する必要があります。原因を知ったうえで使用しないと満足できる結果を得ることができません。育毛剤の効果については主に以下のようなものがあります。

1. 頭皮に栄養を与えるもの
髪の成長に必要な栄養素や乾燥を防ぐための保湿成分などを配合した育毛剤です。頭皮環境の悪化による薄毛を改善する効果が期待できます。
2. 頭皮の血行を促進するもの
血管を拡張する効果を持つ成分や血流を良くする成分を配合した育毛剤です。血行不良を改善することで血液を介して十分な栄養を毛根に送る効果が期待できます。
3. 頭皮の皮脂を抑制するもの
皮脂の過剰分泌を抑制する成分を配合した育毛剤です。皮脂の過剰分泌は頭皮環境を悪化させてフケや皮膚炎を招く恐れがあります。皮脂を抑える効果は、そのような症状の予防に効果が期待できます。

頭皮の乾燥や疾患で頭皮環境が悪化していると育毛剤の効果を十分に得られない可能性があります。また育毛剤の効果と薄毛の原因がちぐはぐである場合も同じく十分な改善効果を期待することはできません。まずは育毛剤を使用する前に頭皮の状態や薄毛の原因を知る必要があるといえるでしょう。

育毛サロンのメリット・デメリット

育毛サロンは一言でいうと「頭皮環境の改善」に特化した施術をおこなう施設です。代表的な施術としては頭皮の血行促進や老廃物除去を目的とした頭皮マッサージや頭皮洗浄などが挙げられます。また店内の雰囲気は病院というよりもエステや美容院に近く、おしゃれな空間であることが多いのも特徴です。リラックスして施術を受けつつカウンセラーに薄毛の症状やヘアケアの方法などを相談できることが魅力といえるでしょう。

その一方で育毛サロンは病院ではないため医療行為ができないというデメリットがあります。医薬品の処方や手技を伴う治療が一切できないので本格的な薄毛治療を求める方にとっては不向きといえるでしょう。薄毛の進行が顕著であったりAGAを発症している場合はAGA治療専門クリニックや皮膚科での治療をおすすめします。育毛サロンはエステ感覚で頭皮環境を整えたい、髪や頭皮のトラブルを予防したいという方に有効な施設です。

病院治療のメリット・デメリット

病院で治療を受けるメリットは、薄毛治療の知識と実績を兼ね備えた医師による治療を受けられることにあります。皮膚の疾患を皮膚科で治療するのが当たり前であるように、AGAの疑いがあればAGA治療専門クリニックで治療を受けるのがもっとも確実といえるでしょう。

カウンセラーや医師との問診で正しい診断を受けられることはもちろん受診者が望めば血液検査の実施も可能です。血液検査をおこなうと血中のテストステロンの量や栄養状態、薬の服用に問題がないかなど自身の状態をより詳細に知ることができます。そのうえで内服薬や外用薬などといった複数の治療メニューが用意されているので医師と一緒になって治療の方針を決めていくことができるでしょう。これこそ薄毛治療専門クリニックの強みといえます。

一方でデメリットとしては費用面の問題が挙げられます。AGA治療など一部の薄毛治療は保険の効かない自由診療の範囲なので、それなりに費用がかかる場合があります。また治療にある程度の期間を要することもデメリットといえるかもしれません。通院の煩わしさを感じることもあるでしょう。ただし通院に関してはオンライン診察を実施しているクリニックを利用することで、ある程度解消される問題かもしれません。お近くに薄毛治療専門クリニックがない場合は一部の皮膚科でもAGA治療をおこなっているので、そちらを利用する方法もあります。

薄毛治療はどう選ぶべき?

育毛剤、育毛サロン、AGA治療専門クリニック。それぞれの治療法にはメリットとデメリットがあります。そのため治療法を選ぶ際は薄毛の原因や進行状況、そして予算に応じて選ぶのが良いでしょう。例えば「まだそれほど薄毛が気になっていないものの将来的に不安」というような状態であれば育毛サロンで頭皮環境を整えて薄毛を予防するのがおすすめです。また「薄毛は気になるもののあまり治療にお金はかけたくない」と感じているなら育毛剤や育毛シャンプーを試してみるものひとつの手段でしょう。

もし薄毛の原因がAGAで薄毛の悩みが深刻であるようなら、薄毛治療専門の病院「AGAヘアクリニック(以下、当院)」へご相談ください。当院は生活に大きな負担をかけない価格設定や診察は何度でも無料であるなど、患者様が比較的通いやすい形で薄毛治療をおこなっております。まずは一度診察を受け、薄毛の原因を確かめることから始めましょう。

当院は東京・秋葉原に所在しています。また遠方にお住まいの方にも薄毛治療を受けていただけるよう、スマホのテレビ電話を使用したオンライン診察もおこなっております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について