このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】女性必見!産後の抜け毛はホルモンバランスと生活習慣の乱れが原因?

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

出産を終えて一安心と思っていたら今度は髪が抜けていく……。産後に起こる抜け毛は、多くの女性を悩ませている問題です。この抜け毛は出産後に女性ホルモンのバランスが崩れることで起こるといわれています。それに加えて育児による生活リズムの変化もあり、より不安やストレスに悩まされてしまうことも多いのではないでしょうか。

産後の抜け毛を予防するためには、正しい知識を身につけて対策をおこなうことが大切です。今回のAGAタイムスでは、女性を悩ませる産後の抜け毛が起こる理由や、いくつかの対策法をご紹介します。女性はもちろん奥さまをサポートする男性も、ぜひ参考にしてください。

産後の抜け毛は頭髪全体に広がる?

産後に起こる抜け毛は、そのまま産後脱毛と呼ばれています。症状としては、産後数日で脱毛の症状が出始め、およそ6カ月ほどで改善されるのが一般的です。ただし個人差があるため、1年ほど脱毛がおさまらないケースもあります。また、すべての女性に産後脱毛が起こるわけではありません。

産後脱毛では、男性にみられる薄毛のように生え際の後退やつむじ部分など、一部分に抜け毛が増えるのは稀です。産後脱毛の特徴は、頭髪全体が薄毛になることです。特に髪の分け目や頭頂部は、ボリュームが減少してしまう傾向にあります。では次から、産後脱毛のメカニズムについてみていきましょう。

ホルモンバランスの変化が及ぼす影響とは

産後脱毛の原因は、妊娠と出産にともなう、ホルモンバランスの変化だといわれています。妊娠中は母体を守るために、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる、女性ホルモンが活発に分泌されます。これらの女性ホルモンは、安全な出産をおこなう上で欠かせないだけでなく、髪の成長を促す作用も持っています。

髪にはヘアサイクルという周期があり、生まれてから成長し、抜けるサイクルを繰り返しています。女性ホルモンには髪の成長期を伸ばす働きがあるので、本来のヘアサイクルなら抜けるはずの髪が成長を続けるのです。そのため、妊娠中は髪が増えるという女性も多いといわれています。

しかし出産が終わると、大量のエストロゲンとプロゲステロンは必要がなくなるため、急激に減少していきます。すると今まで成長期にとどまっていた髪の多くが、一斉に髪が抜ける休止期へと移行するのです。これが、産後脱毛の正体だといわれています。ホルモンバランスが安定するとともに、ヘアサイクルのリズムも正常化して次第に抜け毛はおさまります。

生活習慣の変化も抜け毛に影響する?

生活習慣の変化も、薄毛や抜け毛を助長する原因になります。出産後は赤ちゃん中心の生活になるので、今までと同じリズムで生活することが難しくなります。夜泣きや授乳で睡眠不足になったり、ストレスを溜めてしまうこともあるでしょう。そういった生活が長期間続くと、ホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こし、ヘアサイクルに影響を及ぼす恐れがあります。

さらに食生活も不規則になりがちです。赤ちゃんを母乳で育てているうちは、自身もしっかり栄養を摂らなくてはなりません。しかし忙しさに追われて食事がおろそかになったり、反対に過食気味になったりと、育児中は食生活が乱れやすいといわれています。また妊娠よる体型の変化を気にして始める出産後のダイエットも、あまりおすすめできません。

栄養不足は、育毛にも悪影響を及ぼす恐れがあります。髪のもとになる細胞が成長するためにも、しっかりと栄養を摂取しましょう。栄養バランスのとれた食生活を送ることで、産後の薄毛や抜け毛を抑える効果が期待できます。

産後脱毛の予防に効果的な栄養素とは

産後脱毛の予防・改善には、可能なかぎり生活リズムを整えることが有効です。眠れる時に眠り、栄養価の高い食事をバランスよく食べることを心がけましょう。産後脱毛の予防には、大豆食品がおすすめです。大豆イソフラボンという成分は、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持っており、髪の成長期を伸ばす働きが期待できます。

お肌のトラブルも産後に多い悩みのひとつです。大豆サポニンという成分には、過酸化脂質を除去する働きがあり、アンチエイジングや美肌効果があるとされています。また髪を構成する成分であるたんぱく質も、豊富に含まれています。

さっと飲める豆乳やお豆腐、納豆など簡単に栄養を摂取できることも、大豆食品の魅力です。ホルモンバランスの乱れを改善する第一歩として、いつもの食卓に一品加えてみましょう。

産後脱毛の悩みは病院に相談しましょう

産後脱毛は、出産を経験した女性であれば誰でも起こる可能性があります。しかし女性にとって髪はかけがえのないものですから、できれば早めに改善したいですよね。そのような時は、産婦人科などの病院に相談することもひとつの手段です。産婦人科では産後のホルモン状態を調べてもらうことが可能です。医師に悩みを打ち明けて相談に乗ってもらうことも、心の負担を軽くするひとつの手段といえるでしょう。

妊娠と出産によって崩れたホルモンバランスを整えるには、健康的な生活習慣を営むことが大切です。育児で忙しいなかでも、ご自身の睡眠や食事が、おろそかにならないよう心がけてください。ママになる喜びは何物にも代えがたいことですが、悩みの種が増えることも事実です。男性の方は、女性の負担がなるべく軽くなるように、しっかりとサポートしてあげましょう。

当院の治療薬は産後脱毛にも有効です。
東京秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは女性向けの薄毛治療薬を取り扱っております。
カウンセリング・診察はいつでも何度でも無料で実施しております。びまん性脱毛症や産後の脱毛にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果