このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGA治療はどこで受けるべき? 一般皮膚科とAGA治療専門クリニックの違い

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

若い男性であっても、薄毛による悩みを抱えている人は少なくありません。特に10代、20代という若い年齢で薄毛になってしまった人の中には、この先進行し続けてしまうのだろうか……?と不安を抱える人もいます。もしもその薄毛がAGA(男性型脱毛症)の場合は、早めに治療を行うことで進行を食い止めることも可能です。

しかしAGA治療を行うにあたって自分が今どのような状態なのか。また、保険診療を中心とした一般皮膚科とAGA治療専門クリニックで行うAGA治療はどう違うのか。その違いやメリット・デメリットを知ったうえで治療を始めると心強いでしょう。

今回は、主に一般皮膚科のAGA治療の内容についてご紹介し、AGA治療専門クリニックとの違いをご紹介します。AGA治療を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください!

AGAとは?

AGA(男性型脱毛症)とは「Androgenetic Alopecia」の略語です。若年層にも発症する脱毛症で、生え際が後退していくM型薄毛、頭頂部が丸くお皿のように薄くなるO型薄毛、そしてその2つが同時進行してしまう複合型薄毛などといった症状に分けられます。

AGAの発症メカニズムについて簡単に説明すると、男性ホルモンの一種である「テストステロン」に「5αリダクターゼ」という酵素が結びつくことで「ジヒドロテストステロン」という物質が生成されます。この物資が毛髪の元となる細胞の働きを低下させることで発毛サイクルに乱れが生じ、その結果抜け毛や薄毛を招く症状がAGAといわれています。原因としては遺伝やストレス、男性ホルモンの影響、食生活などがあげられますが、人によって原因は様々です。AGA治療において重要なことは、薄毛の根本的な原因を探り、最適な治療方法を施すことです。

AGA治療の種類と内容

それではAGA治療とは、具体的にどのような内容なのでしょうか? AGA治療は大まかに分けると次の3つになります。1つは植毛などの「外科的治療法」。2つめは薬剤を患部に塗布する「外用療法」。そして3つめは薬を内服する「内服療法」。その中でも薬剤を使用する治療法は、比較的高い治療効果と安全性が期待できるといわれています。

昨今、AGA治療が活発におこなわれるようになった背景には、この薬剤の開発があります。日本では「プロペシア」や「ザガーロ」という商品名で処方されているこれらの薬剤は、AGAを発症する要因のひとつであるテストステロンと5αリダクターゼの結合を抑制する効果があるとされており、発症の要因を抑えることで進行を食い止めると考えられています。症状や経過によって治療法や処方される薬は異なるので、まずは医師の診断を受けることが治療の第一歩です。

AGAの治療はどこで受けられる?

先ほどご紹介したAGA治療に用いられるこれらの薬剤は、全国の皮膚科医が所属する「日本皮膚科学会」が発行するガイドラインでも推奨されており、一定の効果が期待できるといえます。では、そもそもAGA治療はどこで受けられるのでしょうか? AGAの治療方法は、医療機関と独自の育毛を促すシステムを持つサロンなどで大きな違いがあります。まずはそれぞれの違いを下記のようにまとめました。

1)育毛サロン
薄毛の状態に対して相談にのり、独自の育毛システムを駆使して発毛を促進させます。医療機関ではないので、医療行為や薬剤の処方などは一切できません。
2)AGA治療専門クリニック
AGA治療を専門に行う医療機関のことです。専門の医師による診察を受けることができ、受診者一人ひとりに適した薬剤の処方などを中心とした治療を受けることができます。
3)一般皮膚科
皮膚科の病院やクリニックでも内服薬の処方を行うことができます。しかし、皮膚科のAGA治療の多くは現状を維持して進行を食い止めることが目的なので、頭皮に直接薬剤を注入するような外科治療は行っていないことがほとんどです。また、AGA治療を専門に行う医師も専門クリニックに比べて少ないのが現状です。

皮膚科で行うAGA治療とは?

それではまず、一般的な皮膚科で行うAGA治療の流れをご説明します。ちなみに、街にあるどこの皮膚科でもAGA治療を行っているわけではないことを、前提として知っておきましょう。AGA治療は対象外の病院・クリニックも少なくないため、治療を受けたい場合は前もって確認した方がよいでしょう。

皮膚科でのAGA治療は主に内服療法です。初診で1カ月分の薬を処方し、服用の経過を見て再診時に何ら問題がないと判断した場合は継続して処方という流れが多いようです。一般皮膚科が中心的に扱っているのは、ニキビ・皮膚の腫瘍・アレルギー性疾患・免疫疾患・感染症の治療など保険診療がメインです。そのためAGA治療専門クリニックのようにAGAの知識や治療経験が豊富な医師が、必ず多く在籍しているわけではありません。その点についても、あらかじめ問い合わせてから診断を受けた方がスムーズに治療を始めやすいでしょう。

皮膚科でのAGA治療のメリット

皮膚科でおこなうAGA治療のメリットは、治療薬を安く購入できるという点です。皮膚科でAGA治療薬として処方されるのは「プロペシア」という薬です。AGA治療専門のクリニックが問診や血液検査などで原因を調査してから、それに適した薬を数種類処方するのに対し、皮膚科で処方されるのはプロペシアだけということも少なくありません。結果的に安く治療薬が手に入るというわけです。

その他のメリットとしては、AGA治療専門クリニックは敷居が高くて入りにくいと感じる方や、馴染みの皮膚科でAGA治療を行っているという場合には、あまり身構えずに受診できるという点もあげられるでしょう。

皮膚科でのAGA治療のデメリット

それでは、皮膚科のAGA治療におけるデメリットは何でしょうか? それは皮膚科でおこなうAGA治療は“現状維持”であり、発毛を目的としているわけではない点です。先述した通り、皮膚科のAGA治療は一般的な内服療法のみで、患者さん一人ひとりの状態に適宜応じた薬や外用液の処方は行わないケースが多いようです。せっかく安く薬を購入できても効果を感じられなければ満足感は得られず、結果として薬を服用することもやめてしまう場合があるともいえるでしょう。

治療薬を安く手に入れるか、あるいは多少診察料が高くても自分の症状に合ったオーダーメイドの治療薬を処方してもらうか。なかなか悩むところではありますが、薄毛の進行状況や生活に及ぼす影響、また経済的な負担などを考慮して、一人ひとりのライフスタイルに合った医療機関を選択することをおすすめします。

発毛治療ならAGA治療専門クリニック

最近では治療効果の満足度からAGA治療という言葉がよく聞かれるようになりました。現在、日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれているため決して他人事ではないといえるでしょう。AGA治療において豊富な実績に基づいた効果的なアドバイスができるのはAGAの専門知識と治療方法を持った専門クリニックだといわれています。薬の処方だけでなく、日常生活でできる抜け毛予防のアドバイスなど、多方面からアプローチしてくれるのも心強い点です。「今はそれほど薄毛ではないけれど、将来が不安」という方は、まずは足を運びやすい皮膚科を受診してみるのも一つの選択肢でしょう。皮膚科にもAGA治療専門クリニックにも、それぞれにメリットがあります。ご自身の薄毛状態に合った病院やクリニックに相談してみましょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックはAGA治療専門の病院です。全室個室の診察室を完備しており完全予約制であるため他の患者様と顔を合わせることがほとんどなく、医師との話し声も他の人には聞こえにくい設計となっております。一般的な皮膚科よりもプライバシーに配慮された院内であるため薄毛治療が初めての方や女性の方でも治療が始めやすい環境です。さらに診察や相談は初診に限らず何度でも無料で行なっておりますので、薄毛が少しでも気になる方はぜひ一度、当院へ診察にいらしてみてください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について