このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】男性とは治療法もぜんぜん違う!女性特有の薄毛の原因と対策法

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

抜け毛が多くなり、生え変わりの毛が細くなると、次第にツヤやコシが失われ髪の毛全体のボリュームがなくなってしまいます。

こうした薄毛の症状は男女ともに起こりますが、原因も治療方法も男性と女性とでは全く異なります。同じ薄毛や抜け毛だというのに、この男女差は一体何に起因するものでしょうか?

今回のAGAタイムスでは、女性の薄毛は男性の薄毛とどう違うのか? その原因や対策、治療法をご紹介します。

男性の薄毛の主な原因、AGAとは?

日本の成人男性を対象にした意識調査によると、薄毛を気にしている男性はおよそ800万人いるとされています。その大半が、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる疾患だといわれています。

AGAを引き起こすのは、ホルモンの影響という説が有力です。男性ホルモンのひとつである「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という酵素によって「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されます。このDHTが髪の毛の成長サイクルを乱すことによって、抜け毛や薄毛の症状を引き起こすといわれています。その他の要因としては、遺伝による影響や生活環境・習慣の影響なども関係しているとされています。

AGAの進行には、つむじ周辺を中心に徐々に薄くなっていく場合と、生え際がM字のように薄くなっていく場合の二つ、さらにそれらが複合したタイプなどがあります。側頭部や後頭部は5αリダクターゼの影響が少ないため、AGAで脱毛することはほとんどないといわれています。

AGA(男性型脱毛症)の治療法

AGAの治療法には、ホルモン抑制を中心として様々な治療法があります。

1. 内服薬・外用液による治療
標準的な治療法とされているのが、薬による治療です。5αリダクターゼを抑制する働きを持つ「フィナステリド」を主成分とした内服薬や、発毛を促す「ミノキシジル」が配合された外用液などが用いられます。コストも比較的低く、有効性も高いことから、現在もっとも推奨される治療法ともいえます。
2. 施術による療法
メソセラピー療法・HARG療法といった、栄養分や成長因子を特殊な機器で頭皮に直接注入する治療法もあります。これらの治療法は施術を行う分コストがかかります。メソセラピー療法は栄養分や治療成分を、頭皮に直接注入することでより高い効果を得ようとする療法です。科学的根拠に乏しく世界的にはあまり推奨されていないのが現状です。HARG療法に関しては、成長因子と呼ばれる成分を注入して頭皮環境を再生させることを目的としています。まだ歴史の浅い治療法で症例も少ないことから、こちらもあまり推奨されていません。
3. 自毛植毛
自らの健康な頭皮を、薄毛部分に移植する自毛植毛は、他の治療法と違い外科手術となります。AGAで髪を失った部分に髪を生やすことができ、自分自身の組織を移植するため拒絶反応も少ないとされています。しかし、髪の毛の総数を増やせるわけではありませんし、リスクもコストも高くなる治療法です。あくまでほかの治療方法では改善できない場合の最終手段とされています。

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の場合、男性とは原因やメカニズムが異なり、さまざまな原因が考えられます。

1. 加齢によるホルモンバランスの変化
女性の薄毛の原因のひとつに加齢が挙げられます。歳を重ねると髪の毛を作る毛包の構造が変化し、毛包がどんどん小さくなる傾向があります。個人差はありますが、30代頃から髪のハリやコシが弱まり、全体のボリュームが落ちたと悩む人も見られます。また40代後半には、髪の毛を作る毛母細胞の働きが衰え、抜け毛が加速する場合があります。
2. エストロゲンの急激な減少
女性ホルモンのひとつであるエストロゲンには、コラーゲンを増やし、髪の毛の発達をサポートする働きがあります。エストロゲンが減少し、髪の毛の成長が不十分になると、ひとつの毛穴から生えてくる髪の毛の数が減ったり、髪の毛自体が細くなったりして抜け毛が増加し、薄毛となる場合があります。女性ホルモンは主に卵巣から分泌されており、過度なストレスを感じると、分泌量が低下する場合があります。また出産後の急激なエストロゲンの減少により、「産後脱毛」と呼ばれる状態に陥る場合があるとされています。
3. 牽引性脱毛症
女性特有というわけではありませんが、長い髪のヘアスタイルが原因で脱毛する場合があります。この「牽引性脱毛症」と呼ばれる症状は、髪の毛を縛るなど固定されたヘアスタイルを長期的に維持することで発症します。髪の毛を一定方向に引っ張り続けることで徐々に負荷が加わり、分け目が広がったり生え際が後退してしまうのです。ポニーテールやポンパドールなどの髪型を長年続けていると、起こりやすいといわれています。

女性のFAGA(女性型脱毛症)とは?

ホルモンバランスの乱れなどが原因で起こる女性の抜け毛は、AGAに女性という意味のFemaleの頭文字をつけて「FAGA(女性型脱毛症)」という総称で呼ばれることがあります。

FAGAは女性ホルモンの減少により体内のホルモンバランスが崩れ、その結果として、薄毛や抜け毛の症状が見られるといわれています。FAGAはAGAのような部分的な薄毛ではなく、髪全体が徐々に薄くなっていくのが特徴で「びまん性脱毛」の一種です。更年期前後から現れやすいとされています。

女性は男性用治療薬フィナステリドを使えない

FAGAの発症はホルモンバランスの乱れを一端としていますが、AGA治療に効果的なフィナステリド内服薬は、女性が服用しても同じように効果が得られるわけではありません。

フィナステリドを主成分とする内服薬は、AGAのみに効果が期待できる治療薬であり、成人男性を対象とした治療薬です。女性、特に妊婦の方は胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるため、取り扱いには細心の注意が必要です。

女性の薄毛対策は?

女性の薄毛対策として以下のことを心がけてみましょう。食生活の改善やストレス解消は、男性の方にも効果が期待できるのでおすすめです。

1. 食生活の見直し
すぐにでも実践できるのが食生活の改善です。栄養のバランスを考えた食事を摂ることで、身体も頭皮も元気になって栄養が行き届くようになります。特にビタミン、ミネラル、アミノ酸の成分を摂るように心がけましょう。また納豆や豆腐などの大豆製品を積極的に摂ることもおすすめです。大豆イソフラボンはエストロゲンに近い働きをしてくれるので、ホルモンバランスを整えてくれます。
2. ストレス解消
過度なストレスを受けると自律神経が乱れ、育毛に悪影響を及ぼす場合があります。ストレスを感じているときは、適度に気分転換しましょう。また夢中になれる趣味を持つことも、ストレス解消のカギになります。
3. ヘアスタイルを変える
牽引性脱毛症を予防するには、ヘアスタイルや分け目を時々変えてみましょう。掛かる負荷が分散されるので、頭皮を労ることにも繋がります。あまりほかの髪型には自信がない……という方も、美容院で髪型を相談するなど、諦めずにチャレンジしてみましょう!
4. 薄毛治療の専門クリニックへ
今は女性に対応してくれる薄毛や脱毛症専門のクリニックもありますので、一度相談に行ってみるのもひとつの手です。これまで何をしても効果がなかった方にもおすすめです。専門知識を持った医師に相談することで、精神的にも安心でき、改善への道も見えやすいはずです。女性には女性に合った治療薬を処方してくれるので、安心して治療に取り組むことができます。

まとめ

女性の薄毛の原因は様々ですが、日常生活の改善で症状がよくなる可能性もあります。なかなか改善されない場合は、薄毛治療を専門に行うクリニックで診察を受けるのもよいでしょう。AGAとFAGAは、名前こそ似ていても意味合いや治療方法が異なります。正しい知識を持って、ご自身の体に合った治療方法を選択するようにしましょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院です。男性の薄毛だけではなく女性の薄毛治療も行なっています。女性向け治療薬や女性でも使用可能な外用薬を処方しておりますので、女性で薄毛にお悩みの方は一度診察にいらしてみてください。診察や相談は無料で行なっています。また遠方にお住まいの方はテレビ電話を使用した遠隔診察が可能です。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果