このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】後頭部の薄毛はAGAではない? その原因と対策を紹介

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛に悩む成人男性の多くが、AGA(男性型脱毛症)であることをご存知でしょうか。AGAはホルモンの作用による疾患で、額の生え際やつむじ周辺から薄毛が進行する特徴があります。しかしその症状とは違って、生え際とつむじ周辺以外に起こる薄毛は、AGAではない可能性があります。今回のAGAタイムスでは、特に後頭部で起こる薄毛にフォーカスして原因と対策をご紹介します。

後頭部が薄毛になる原因とは

薄毛の原因には、さまざまなものが挙げられます。そのなかで後頭部や側頭部の薄毛は、生活習慣の乱れやストレスとの関連性が疑われています。

食事や睡眠といった生活習慣が不規則になると、心身に悪影響を及ぼす恐れがあります。そういった影響のなかには「頭皮環境の悪化」も含まれています。頭皮環境の悪化には、例えば血行不良や皮脂の過剰分泌などがあります。皮膚炎や湿疹などの頭皮トラブルも、頭皮環境が悪化している状態といえます。このような状態が長く続くと髪の成長サイクルが妨げられてしまい、場合によっては薄毛や抜け毛につながる恐れがあります。同じように、ストレスも慢性化すると育毛に悪影響を及ぼすと考えられています。自律神経の乱れからくる血行不良などがその例です。

後頭部の薄毛はAGAの可能性が低い

薄毛に悩む成人男性は、多くの方がAGAを発症しているといわれています。しかし同じ薄毛でも、後頭部の薄毛に関してはAGAである可能性は低いと考えられています。その理由には、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が関係しています。

AGAは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が、髪の成長サイクルに悪影響を及ぼす脱毛症です。DHTは同じ男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼと結合することで変化した物質です。5αリダクターゼには2つの種類が存在しますが、特にAGAとの関連性が高いと考えられているのはⅡ型5αリダクターゼと呼ばれる酵素です。この酵素が多く存在している場所というのが、前頭部や頭頂部の毛乳頭なのです。そのためAGAは、前頭部や頭頂部から薄毛が進行するという特徴を持っています。

後頭部や側頭部の毛乳頭にはⅡ型5αリダクターゼが少ないため、そういった部位の薄毛はAGAではない可能性が高いといえるのです。

AGAになりにくい体質とは

AGAは誰でもなるわけではありません。実はAGAになりにくい体質が存在します。AGAを発症する人とそうでない人の違いは、5αリダクターゼの量と、男性ホルモン受容体の感受性にあるといわれています。男性ホルモン受容体の感受性が高い人は、男性ホルモン受容体とDHTが結合しやすいためAGAを発症するリスクが高くなります。一方で感受性が低い人は、DHTが産生されても男性ホルモン受容体と結合しにくくAGAを発症しづらいのです。この2つには遺伝的要素も関係しているともいわれていますが、まだ原因のすべてが解明されたわけではありません。

後頭部の薄毛対策

後頭部や側頭部の薄毛を招きかねない不規則な生活習慣には、以下のようなものが考えられます。健康に良くない習慣は、髪にとっても良くありません。ご自身の生活習慣を思い返して、当てはまることがないかチェックしてみましょう。

1. 食生活の偏り
栄養バランスのとれた食事は、健康な体をつくるために欠かせません。栄養バランスが偏ると、頭皮の皮脂量や血行状態に良くない影響を及ぼす可能性があります。また髪を育てる細胞も栄養素や酸素を吸収して活動しているので、栄養が不足することも良くありません。たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を、バランス良く摂取することを心がけましょう。
2. 睡眠不足
睡眠中、特に入眠後すぐ訪れる深い睡眠(ノンレム睡眠)の時には、成長ホルモンが多く分泌されます。成長ホルモンには、体の成長や回復を促す効果があります。睡眠時間が極端に短かったり眠りが浅い状態では、成長ホルモンの分泌量が減少してしまいます。その状態が慢性化すると体にダメージが蓄積されやすくなり、髪の成長サイクルに悪影響を及ぼすことが考えられます。仕事やプライベートで忙しくても、睡眠時間はしっかり確保しましょう。
3. 運動不足
運動不足は、血行不良や肥満の原因になる場合があります。肥満はさまざまな悪影響の原因になりかねません。頭皮環境の悪化も、肥満が及ぼす影響のひとつです。肥満が原因で起こる皮脂の過剰分泌は、脂漏性皮膚炎などの頭皮トラブルを招く恐れがあります。最近あまり体を動かしていないと感じる方は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で体を動かしてみましょう。
4. 慢性的なストレス
ストレスを感じやすい生活は、自律神経の乱れなどを起こす恐れがあります。しかしストレスを完全に排除することは難しいでしょう。ストレスを感じたら、こまめに発散することが大切です。趣味の時間を持つことも良いですし、思いっきり体を動かすのもおすすめです。ただし、いくらストレスを発散するためでも、暴飲暴食は別の悪影響につながる恐れがあるので良くありません。

薄毛が気になったら医療機関へ

後頭部の薄毛は、AGAが原因でないこともあります。男性ホルモンの影響ではなく、生活習慣の乱れや頭皮環境の悪化が原因である可能性が高いと考えられます。もし後頭部や側頭部が薄毛になった場合、自分の生活習慣に不規則なところがないか見直してみましょう。ただし絶対にAGAではないと言い切ることはできません。思い当たる不摂生がないにもかかわらず、後頭部や側頭部に薄毛が進行している場合は、AGA治療専門クリニックや皮膚科で診断を受けてみることをおすすめします。

東京の秋葉原に所在するAGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院です。AGA治療の経験と実績が豊富な医師が在籍しており、薄毛のお悩みにも真摯に対応させていただいております。医師による診察や相談は無料で行なっておりますので、ご自身の薄毛がAGAなのか否かを明確にするためにも是非いらしてみてください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴