このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】塩化カルプロニウムとミノキシジル、薄毛治療に効果的な外用液とは

治療用シャンプーの効果とは
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛を改善するために様々な成分の育毛剤を試す方は、決して少なくないでしょう。育毛剤に含有される有効成分のなかでも、ミノキシジルと塩化カルプロニウムは、特に効果が期待できるといわれています。

ミノキシジルは、育毛剤や薄毛治療について調べたことがある方なら聞き覚えがあるかもしれません。一方で塩化カルプロニウムについては、あまり知られていないのではないでしょうか。そこで今回のAGAタイムスでは、薄毛改善に効果が期待される塩化カルプロニウムの働きや副作用を解説するとともに、ミノキシジルとの違いについてもご紹介します。

塩化カルプロニウムとは

薄毛の治療効果が期待されている塩化カルプロニウムですが、実は胃腸薬としても用いられています。塩化カルプロニウムには副交感神経を刺激する作用があるため、胃腸の活動を促して胃液を分泌させて胃の不快感を改善する効果があるとされています。

育毛剤の有効成分に利用されるようになったのは、塩化カルプロニウムが持つ血管拡張作用が、薄毛治療に効果的とされているためです。髪を成長させる細胞は、血液で運ばれる栄養素や酸素を吸収して活動します。そのため血行が悪くなると、育毛に悪影響を及ぼす恐れがあります。しかし塩化カルプロニウムの血管拡張作用を利用すれば、血流を改善して育毛をサポートすることができるのではないかと考えられたのです。

塩化カルプロニウムには、内服と外用の2タイプがあります。薄毛治療に使用する場合は後者で、育毛剤に配合して患部に直接塗布する方法が一般的です。市販の塩化カルプロニウム配合育毛剤は、濃度が2%程度と低めです。しかし病院で処方される塩化カルプロニウム配合育毛剤は、濃度が5%と高めに設定されています。より高い育毛効果を求めるのであれば、AGA治療専門クリニックや皮膚科に相談してみるのもよいでしょう。

塩化カルプロニウムの育毛効果は?

成人男性に起こる薄毛の原因で大きな割合を占めるのは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる脱毛症です。このAGA治療に対する推奨度をあらわした日本皮膚科学会による男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)によれば、塩化カルプロニウムはC1に分類されています。

このC1という評価は5段階の真ん中であり、決して高くはありません。同じく推奨度C1の成分にはt-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカンなどがありますが、これらは医薬部外品や化粧品に分類される成分です。育毛剤の有効成分として有名なミノキシジルは、最高推奨度のA評価です。つまり少なくともAGA治療においては、塩化カルプロニウムよりもミノキシジルの方が効果が期待できるといえるでしょう。

塩化カルプロニウムの副作用

薬には副作用がつきもので、塩化カルプロニウムも例外ではありません。外用液タイプの塩化カルプロニウムは皮膚のかぶれ、発汗、熱感などの、副作用を引き起こす可能性があります。このような症状を感じたら、すぐに使用を中止してください。水で洗い流すなどの応急処置をして、必ず医師に相談しましょう。

胃腸薬として用いられる内服薬タイプでは腹痛、吐き気、下痢、胸焼け、発汗、胸部圧迫感などの副作用があるといわれています。特に気管支喘息などの持病をお持ちの方は、症状が悪化する可能性があります。使用する場合は必ず医師に相談してください。

ミノキシジルとは

AGA治療において塩化カルプロニウムよりも効果が期待できるといわれる、ミノキシジルの働きについても簡単にご紹介します。

ミノキシジル配合の外用液は、高く推奨されるAGA治療薬として多くのAGA治療専門クリニックで処方されています。一方で塩化カルプロニウム配合の外用薬は、皮膚科で処方されることが多いようです。どちらも育毛・発毛に効果が期待できる成分ですが、現段階ではミノキシジルの方が有効であるといえるでしょう。

もともとミノキシジルは、高血圧の治療に用いられてきた血圧降下剤です。ミノキシジル以外の血圧降下剤では薄毛治療薬としての効果は報告されておらず、そのメカニズムはいまだ解明されていません。今わかっていることとしては、毛乳頭を活性化させる増殖因子(IGF-1、VEGFなど)の産生を高めたり、毛母細胞のアポトーシス(細胞死)を抑制したりして成長期から退行期への移行を阻害する働きを、ミノキシジルが持っているということです。しかしこれも完全に解明されてはいません。

このようにミノキシジルが持つ作用のメカニズムはわかっていないことが多いものの、AGA治療に効果的な外用液として高い知名度と治療実績を持っています。

塩化カルプロニウム配合の外用液を入手するには

塩化カルプロニウム配合の外用液を入手する方法はいくつかあります。手軽なのはドラッグストアなどで塩化カルプロニウムを有効成分とした育毛剤を購入する方法。また医療機関で処方してもらう方法もあります。

市販の育毛剤に比べて医療機関で処方される外用液の方が濃度が高いので比較的効果が期待できます。医師に相談して薄毛の進行状態や体質を加味したうえで塩化カルプロニウムとミノキシジルのどちらが合っているのか判断してもらうのが良いでしょう。副作用のリスクも少なからずあるので医師のもとで使用した方がいざというときも安心です。

使い方は一般的な育毛剤と同じく薄毛や抜け毛が気になる部分に直接塗布します。ただし大量に塗布すれば効果が上がるというものではありません。使用する際は必ず用法用量を守りましょう。

塩化カルプロニウムとミノキシジルは併用可能?

結論からいうと併用は可能です。ただし、それによって相乗効果が生まれるという報告はありません。

AGA治療の場合、5αリダクターゼを抑制する内服薬と併用するのが一般的です。内服薬でAGAの進行を抑え、外用液で毛根に刺激を与えて発毛を促すという構造になっています。併用を検討するのであれば、同じ外用液ではなく5αリダクターゼ抑制内服薬の方が効果が期待できるでしょう。

薄毛治療は自分にあった方法で

ミノキシジルと塩化カルプロニウムでは、ミノキシジルの方が薄毛治療の効果が期待できるといえるでしょう。しかし外用液だけではAGAを改善するのは難しい場合もあります。AGA治療では、内服薬で5αリダクターゼを抑制することも大切です。

薄毛治療には「この方法がベスト」というものはありません。どういった治療を施していくのが効果的なのか、医師と相談した上で検討していくことが重要といえます。まずは身近なAGA治療専門クリニックや皮膚科にお悩みを相談してみるのはいかがでしょうか。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院です。ミノキシジルの外用薬や5αリダクターゼを抑制する内服薬などを処方しております。薄毛治療の経験と実績が豊富な医師が薄毛の原因や進行具合を診断することで患者様一人ひとりに合った治療法を提供させて頂いております。薄毛や抜け毛にお悩みの方はぜひ一度診察にいらしてみてください。医師による診察や相談は無料で行なっております。また遠方にお住いの方はテレビ電話を使用したオンライン診療も可能です。お気軽にお問い合わせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について