このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】生え際の産毛はヘアサイクルの異常? AGAを疑うべき理由とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

通称「M字ハゲ」はAGA(男性型脱毛症)の典型的な症状といわれています。こめかみ周辺から抜け毛や薄毛が進行して髪の生え際がアルファベットの“M”型になることから、一般的にそう呼ばれています。

ただしAGAを発症したからといって、突然大量の髪が抜け落ちるわけではありません。まずAGAの前兆ともいうべき産毛の増加やいくつかの異常が起こるといわれています。

今回のAGAタイムスでは、M字ハゲを招く原因や産毛が増加する理由について詳しく解説していきます。生え際の後退が気になっている方はもちろん、これから薄毛予防をしたい方も参考にしてみてくださいね。

産毛が増えるワケとは

健康だった髪が弱々しい産毛に生え変わってしまったとしたら、AGAの影響でヘアサイクルに何らかの異常が起こっている恐れがあります。

理由として考えられるのは、AGAによる「軟毛化現象」です。AGAとは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が、ヘアサイクルに悪影響を及ぼすことで起こる脱毛症です。このDHTは同じ男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合して変化したものです。

AGAに深く関係する5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。特にAGAに大きな影響を及ぼすとされる「Ⅱ型5αリダクターゼ」は、つむじ周辺や前頭部の毛乳頭に多く存在しています。つむじ周辺や前頭部からAGAが進行するのは、Ⅱ型5αリダクターゼの影響でDHTが産生されやすいためだと考えられています。

ヘアサイクルへの悪影響とは、簡単にいうと髪の成長期を極端に短くしてしまう症状のことです。ヘアサイクルとは髪が生まれてから成長し、やがて抜け落ちるまでの周期のことです。この周期の中で成長期が短くなるということは、まだ成長途中にある髪が早期に抜け落ちてしまうことを意味しています。それによって、細く弱々しい生まれたての産毛が増えたように感じるのです。

また生活習慣の乱れも、細い毛が増加する原因として疑われています。髪のもとになる細胞は、他の細胞と同じように血液から栄養を受け取って成長しています。そのため栄養バランスが偏った食事を続けたり、ストレスや運動不足で血行が悪くなると、十分な栄養が髪や頭皮に行き届かずに細く弱々しい産毛が増える可能性があります。

原因が生活習慣の乱れであれば不摂生を改めて、もとの健康的な髪に戻る可能性があります。しかしAGAが原因の場合、早期に症状を抑制しなければ抜け毛が増えてM字ハゲやつむじハゲにつながる恐れがあります。

ヘアサイクルは有限

薄毛対策をご紹介する前に、基本となるヘアサイクルについて少し解説します。ヘアサイクルは「毛周期」とも呼ばれ、古い髪が抜けて新しい髪が成長する周期のことを指します。

1回のヘアサイクルは性別や体質によって個人差はあるものの、およそ2年~6年ほどで一周するといわれています。この一周をさらに細かく分類すると、成長期・退行期・休止期に分けることができます。髪は成長期のあいだ細胞分裂を繰り返して成長しますが、退行期を迎えると細胞分裂が止まります。そして次の細胞分裂で生まれた髪に押し出される形で、古い髪の毛が抜け落ちます。これが1回のヘアサイクルです。

ヘアサイクルは毛根ごとに独立しているため、日によって毛が抜け落ちる毛根もあれば成長を続ける毛根もあります。そのため1日に100本程度の髪が抜け落ちたとしても、それは自然な抜け毛であり薄毛になる心配はありません。しかしAGAを発症すると、ヘアサイクルの大半を占めている「成長期」が、極端に短くなってしまいます。その影響により通常よりも早いペースで髪が抜け落ち、結果として薄毛になると考えられます。

さらに、ヘアサイクルの回数は“有限”であるといわれています。個人差はあるものの、ヘアサイクルが正常な場合に生涯で繰り返される回数は、平均して15回ほどだといわれています。しかしAGAの影響で1回のヘアサイクルが短くなると、髪の生え変わりが早く進むことになります。そうして生え変わりを繰り返し最後のヘアサイクルを終えてしまった毛根は、いくら治療を施しても発毛しないといわれているのです。なるべくヘアサイクルを消費しないためにも、AGAの疑いがある場合は早期診察をおすすめします。

産毛は健康的な髪に戻る?

生えてくる髪がたとえ産毛だとしても、まだ“生えてくる”ということは、ヘアサイクルが残っている証拠と考えられます。その状態であれば、生活習慣の見直しやAGA治療で改善する余地があるといえるでしょう。しかし自分の判断だけで、育毛剤や栄養サプリをむやみに使用するのはおすすめできません。なぜなら薄毛の原因と使用する商品の効果が合っていなければ、改善の見込みは薄いからです。効果的な対処をするためにも、まずは薄毛や抜け毛の原因を特定することが治療のスタートラインといえます。

いざ診察を受ける場合は、AGA治療の知識と実績を兼ね備えたAGA治療専門クリニックがおすすめです。髪や頭皮の状態を医師に診断してもらうことで薄毛の原因を特定できれば、その後のヘアケアや予防を効果的におこなうことができます。また病院でおこなう代表的な治療は、内服薬と外用液によるものです。無料相談などを受付けているクリニックもあるので、まずは相談などに行ってみるのはいかがでしょうか。

主なAGA治療とは

AGA治療に用いられる内服薬は、主に「フィナステリド」や「デュタステリド」と呼ばれる有効成分を配合したものです。これらの成分には、5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。テストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害してDHTの発生を抑えることで、AGAの進行を食い止めるのです。

フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼにしか効果が認められていませんが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の5αリダクターゼに効果が認められています。またⅡ型に対する効果も、フィナステリドより強いといわれています。

頭皮に直接塗布する外用液では、「ミノキシジル」という有効成分を配合したものが一般的です。この成分には、主に細胞のアポトーシス(細胞死)を抑制してヘアサイクルの短縮を阻害する働きがあるといわれています。さらに毛母細胞に刺激を与えて活性化させ、発毛を促す効果も期待できます。ミノキシジルには内服薬タイプも存在しますが、その効果は外用薬以上だともいわれています。

AGA治療専門のクリニックでは、こういった医薬品の中から患者一人ひとりに適したオーダーメイドの処方をしてくれます。画一的な治療ではないので、医師と相談したうえで治療方針を決めていくことも可能です。

まとめ

額の生え際に産毛が目立つ原因は、AGAの影響でM字ハゲが進行しているからかもしれません。しかし産毛が生えているうちは、まだ治療の余地があります。AGA治療専門のクリニックなどの病院で治療を受けることで、症状の抑制が期待できます。

ただしヘアサイクルには限りがあるため、治療を始める時期が遅くなればなるほど効果を得られない可能性があります。少しでも産毛や生え際の後退が気になったら、早めに医師に相談することをおすすめします。また普段から食事や睡眠などの生活習慣に配慮し、頭皮環境の悪化を予防することも忘れてはいけません。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックはAGA治療専門の病院です。診察や相談は無料で行なっており、治療薬の処方だけではなく薄毛に関わる生活習慣のアドバイスも行なっています。薄毛が気になる方はぜひ一度無料の診察を受けにいらしてみてください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について