このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】若いうちにもなりやすい? 知っておきたい若ハゲ事情

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

抜け毛や薄毛と聞くと、主に中高年の男性に発症するイメージを持っている方が多いかもしれません。額の生え際や頭頂部などが徐々に薄くなる脱毛症は、確かにその傾向があります。しかし若いからといって安心はできません。なぜなら体質や生活習慣によっては、若くても薄毛を発症する可能性があるからです。

「若ハゲ」というものがどれだけの恐怖か、想像に難くありませんよね。今回のAGAタイムスでは、若くても起こる薄毛の可能性と対策をご紹介します!

中高年男性に多いAGA(男性型脱毛症)とは

男性と女性では発症する薄毛のタイプが異なります。女性は全体的に髪が抜けたり細くなることでボリュームがなくなりますが、男性は特定の場所から徐々に薄くなる傾向があります。

男性によくみられる脱毛症のケースで多いのが「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれる症状です。AGAは男性ホルモンの影響で抜け毛が増えてしまう病気です。男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素と結合することで「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化します。そのDHTが髪の毛の生え替わりサイクルに悪影響を及ぼすことで、脱毛が起きる症状だと考えられています。DHTをつくる酵素である5αリダクターゼは、頭部の中でも前頭部と頭頂部に多いといわれています。これが男性に起こる薄毛の特徴となるのです。

若ハゲの主な原因もAGA!?

AGAになりやすい要素として、5αリダクターゼの量とその中にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性、つまりテストステロンとのくっつきやすさがあります。そしてこれらの要素は遺伝する可能性があるといわれています。発症する年齢には個人差がありますが、たとえ20代の若年層であっても発症のリスクがあります。遺伝などで体質的に5αリダクターゼの量が多い場合や、DHTに対する感受性が強い場合はAGAを発症する可能性があります。そのため中高年に限らず、前頭部や頭頂部の抜け毛や薄毛が目立ってくる恐れがあるのです。

AGAに関与する遺伝子のひとつとして、母親から受け継ぐ「X染色体」が関係するとされています。そのため母方の両親が薄毛になりやすいX染色体を持っていた場合、遺伝する可能性があると考えられています。必ずしも遺伝するということではありませんが、心当たりのある場合は少し意識しておくとよいでしょう。

実際に額が後退してきたと感じたり、抜け毛が気になり始めた場合には、本当にAGAなのかを確かめる必要があります。ただしAGAの抜け毛は素人では判別しにくいため、自己判断はせずにAGA治療の専門クリニックへ相談するのがおすすめです。

また遺伝によりAGAの要素を生まれながらに持っている場合、抜け毛や薄毛の症状が現れていなくても、既にヘアサイクルに異変が起きている可能性があります。またヘアサイクルは、生え変わる回数に上限があるといわれています。そのため早いうちにAGAなのかどうかを見極め、治療に入ることが推奨されています。年齢が若い方がヘアサイクルの回数も多く残っているため、早めの対応がよいといえます。

新社会人はストレスにも注意

20代になると学校から会社へと環境が変わります。社会に出るとストレスを抱えることもあるでしょう。今まで以上に幅広いコミュニティーの中で、様々な人と接する機会も増えるからです。気付かないうちに溜まっていく「ストレス」は、精神的な問題だけでなく体にも悪い影響を及ぼす可能性が大いにあります。

人は慢性的にストレスを感じると、ホルモンバランスを崩したり、自律神経が乱れてしまうことがあります。ホルモンバランスや自律神経が乱れることで睡眠の質が低下し、体の機能回復が十分にできなくなることも考えられます。その結果、血液や酸素の循環が鈍くなり、育毛が妨げられる可能性も出てきてしまうのです。また自律神経の乱れが続いて自律神経障害に発展した場合、抜け毛の原因となる可能性もあります。

ストレスが溜まったからといって必ずしも薄毛になるわけではありません。しかし新社会人など無意識にストレスをためやすい時期は、心身の健康や育毛のためにも、なるべくストレスがたまらないよう配慮していく必要があるといえるでしょう。

若ハゲにならないために

既に薄毛の兆候が見られる方はもちろん、今は問題がない方でも、日々の予防によって将来的な薄毛のリスクを減らすことは可能です。睡眠や食事をしっかりとることはもちろんですが、シャンプーの方法やスタイリング剤の付け方など少し気をつけるだけでも、髪や頭皮へのダメージを減らすことができます。

若い世代の方たちにとって、おしゃれは楽しみのひとつともいえます。朝シャンで寝癖を直し、ヘアスタイルが崩れないようワックスなどを使ってばっちりスタイリングするという方もいるでしょう。しかし、一日のうちに何回もシャンプーをすると、頭皮を乾燥や紫外線などから守る皮脂までも洗い流してしまい、フケを始めとした頭皮環境の悪化に繋がる可能性があります。

またスタイリング剤を頭皮にまでべったりつけてしまうことも、雑菌の繁殖による炎症を招く恐れがあります。特に薄毛に悩む方は、頭皮をキレイにしたいあまりに何度も頭を洗ってしまいがちです。洗いすぎは頭皮環境の悪化に繋がりますので気をつけましょう。

まとめ

年齢が若くても薄毛を発症する可能性があると聞いて、驚いた人もいるでしょう。しかし、生活習慣の改善で抜け毛を予防できる可能性もあります。健康を害する一番の大敵といっても過言ではない睡眠不足は、育毛にも大事な成長ホルモンの分泌を大きく左右します。

夜更かしをしたい気持ちもあるかもしれませんが、意識的にゆっくりと眠る日をつくり、寝不足にならないようにしましょう。また栄養不足やストレスも、健康や育毛を害する原因となります。面倒だからといって外食ばかりせず、お家でしっかりと栄養バランスのいい食事をすることも大切ですよ。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について