このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】同じAGA治療薬でも役割が違う? 「内服薬」と「外用液」それぞれの効果と知っておくべき副作用

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGA治療専門クリニックや皮膚科などで処方されるAGA治療薬には「内服薬」と「外用液」があります。「AGA(男性型脱毛症)」とは男性ホルモンの影響でヘアサイクルに乱れが生じることによって起こる症状です。その原因となる物質を内服薬で抑制したり、外用液で頭皮に直接栄養を与えることで発毛を促します。このように内服薬と外用液は目的別に使用方法が分かれています。

今回のAGAタイムスでは、AGA治療に用いられる内服薬と外用液の種類をご紹介するとともに、それぞれの効果や気になる副作用についてまとめました。

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAとは男性ホルモンの一種「DHT(ジヒドロテストステロン)」が髪のヘアサイクルの成長期に悪影響を及ぼすことで、髪が抜けたり細くなったりする疾患です。このDHTは、同じく男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結合して変化したものです。AGA治療薬には5αリダクターゼを抑制してDHTの発生を防ぐ効果を持つものや、アポトーシス(細胞死)を抑制して髪の成長期を伸ばすものなど、いくつかの種類があります。

薄毛に悩む成人男性の場合、原因の一つとしてAGAが考えられます。特に前頭部や頭頂部が薄毛の場合はAGAの可能性が高いといえます。

AGA治療に用いられる「内服薬」と「外用液」

「プロペシア」と「ミノキシジル」は、どちらもAGA治療でよく使われている治療薬です。

プロペシアはAGA治療に効果があるといわれる「フィナステリド」を主成分とした内服薬です。一方でミノキシジルは頭皮に直接塗布するタイプの外用液として、「ミノキシジル外用液」などの名前で処方されることが多い治療薬です。ちなみにフィナステリドとミノキシジルは、日本皮膚科学会が2010年に発行したAGA治療ガイドラインにおいて、最高推奨度の「A」に分類された成分です。客観的にみても現在のAGA治療薬のなかで、もっとも効果が見込める治療薬といえるでしょう。

プロペシアとは

プロペシアはフィナステリドを主成分とした内服薬で、フィナステリド錠などの名前で処方・販売されることもあります。フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として用いられてきましたが、副作用のひとつに発毛効果が発見されて以来、AGA治療薬としての研究開発が進みました。1998年にAGA治療薬としての販売が開始され、今では世界60カ国以上の国々で使用されています。

プロペシアは日本では2005年に厚生労働省から認可がおりました。フィナステリドには5αリダクターゼを抑制する効果が認められており、個人差はありますが早い場合だと服用を開始してからおおよそ3カ月程度で効果が表れるといわれています。

ただしプロペシア(フィナステリド錠)はあくまで成人男性のAGA治療にのみ効果が立証されているもので、女性や未成年の薄毛に対する改善効果は保証されていません。それどころか妊娠中の女性が服用すると男性胎児の性器に異常をきたす可能性があるため、服用はもちろん錠剤に触ることもよくないとされています。

ミノキシジルとは

ミノキシジルはもともとは高血圧治療に用いる血圧降下剤として使用されていた治療薬です。副作用に「多毛症」が発見されて以来、患部に塗布する外用液としての研究が進みました。厚生労働省から認可を受けたのは1999年で、フィナステリドよりも早く薄毛治療薬として用いられてきました。

ミノキシジルは日本皮膚科学会が発行したAGA治療薬のガイドラインにおいて、男女ともに「A」評価を受けている成分です。そのため性別に関わらず使用できます。主な効果はアポトーシス(細胞死)の抑制にあるといわれています。アポトーシスの抑制によって、AGAの影響を受けた毛母細胞が早い段階で死んでしまうのを防ぎ、髪の成長期を伸ばす効果が期待できます。

なおミノキシジルの効果は血行促進であるという説もあります。確かにこれは間違いではありませんが、発毛に有効な効果として考えられるのはアポトーシスの抑制です。なぜなら血行不良と薄毛・抜け毛の関係には、まだ明確な医学的根拠が示されていないためです。他の血圧降下剤では効果がないことから、血流改善だけでは髪は生えないという言い方もできます。もちろん健康のためには血行不良を改善するに越したことはありません。

プロペシアとミノキシジルは病院以外でも入手できる?

ミノキシジル配合の育毛剤はドラッグストアなどでも購入できます。ただし市販品は病院で処方されるものに比べて、ミノキシジルの配合量が少ない場合がほとんどです。効果を求めるのであれば、病院で処方してもらうのがよいでしょう。

プロペシアの場合は日本で市販はされていないものの、海外からの個人輸入あるいは個人輸入代行などで購入することは可能です。ただし個人輸入の場合、粗悪品や偽物を誤って購入してしまう危険があるのでおすすめはできません。

どんな医薬品にもいえることですが、用法用量を守らないと副作用のリスクが高まるなど危険が伴います。個人で入手できるとはいえ、やはり医師の処方のもとで正しく使用することを強く推奨します。

内服薬と外用液は併用したほうが効果がある?

内服薬と外用液はAGA改善に対するアプローチが異なります。だからこそ併用することでより発毛効果が期待できます。プロペシアでAGAの原因を抑制し、ミノキシジル外用液で髪の成長期を伸ばしていきます。

AGA治療専門クリニックでおこなう治療は、画一的なものではありません。視診や問診、血液検査によって患者一人ひとりの状態や体質を見極め、患者ごとにオーダーメイドの処方をおこないます。薄毛の進行状態や体質には個人差があるので、精密な検査を受けたうえで一人ひとりの患者に適したAGA治療をおこなっていきます。

AGA治療は医療機関で

AGAの代表的な治療薬であるプロペシアやミノキシジル外用液は、効果と安全面から考えても、やはり専門的な医療機関で処方してもらうことがもっとも安心です。育毛効果をうたう商品は数多く販売されていますが、効き目と安全性で考えると医薬品の方がより信頼性が高いと考えられます。

なおプロペシアはあくまでAGAの治療薬です。円形脱毛症やその他の原因で起こる薄毛への効果は認められていません。薄毛の原因がわからないままでは適切に対処しにくいでしょう。まずはAGAの専門知識を持つ医師の診断を受け、原因を明確にしてから対処しましょう。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックはAGAによる薄毛治療の専門病院です。AGA治療の経験と実績が豊富な医師たちが無料で診察をおこなっています。初診だけではなく再診も無料ですので、薄毛の症状が少しでも気になる場合はぜひ一度、薄毛の原因を調べに受診してみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
女性専用の薄毛治療について