このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】治療を始めたら抜け毛が増えた!? 初期脱毛が起こる本当の理由とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛が生えてくるという期待を胸にAGA(男性型脱毛症)の治療を始めたものの、「治療を始めてから抜け毛が増えた…」という悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。しかしご安心ください。みなさんが不安に感じているその抜け毛、実は「初期脱毛」と呼ばれる症状で、AGA治療をしている方には誰にでも起こりうるもの。そして何より“薬が効いてきている証拠”でもあるのです。今回はそんなAGA治療による初期脱毛がなぜ起こるのか、その詳細を解説していきます。

初期脱毛とは

AGA治療に通っているにもかかわらず抜け毛が増えてしまう、「初期脱毛」という現象。この初期脱毛は、AGAの治療薬を使用し始めると誰にでも起こりうるため心配はいりません。また初期脱毛は個人差も激しく、あまり気にならなかったという方から、髪に触れただけで抜け落ちてしまったという方まで実に様々。激しい初期脱毛を経験した方の場合、治療の初期段階で不安を抱いてしまうこともあるでしょう。しかし、AGA治療を始めてから起こるこの抜け毛は、ヘアサイクルが正常化したために起こるもの。初期脱毛こそ、実は薬の成分が効いてきている証拠でもあるのです。

初期脱毛がみられる治療薬とは

●初期脱毛がみられる有効成分

・ミノキシジル

ミノキシジルは本来、血管拡張作用がある薬「経口血圧降下剤」として開発されたもの。しかしその副作用として多毛が認められたことから、薄毛の治療薬として新たに開発され、用いられるようになりました。ミノキシジルを服用または外用することでヘアサイクルの成長期が長くなるという性質から、発毛効果があるとされています。個人差はありますが、服用または外用後、約2週間から6週間ほどで初期脱毛が起こることがあります。

●初期脱毛がみられない有効成分

・フィナステリド

フィナステリドは、2型の5α還元酵素を阻害することによって、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する効果があり、ヘアサイクルの乱れを修正しながら毛髪の発育に働きかけていくものです。フィナステリドを有効成分とした「プロペシア」という製品や、クリニックがオリジナルで調剤した「フィナステリド配合内服薬」など様々な種類がありますが、いずれも初期脱毛は起こらないとされています。

・デュタステリド

1型と2型の5α還元酵素を阻害することによって、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果のあるデュタステリド。こちらもヘアサイクルの乱れを修正しながら毛髪の発育に働きかけていくものです。デュタステリドを有効成分とした「ザガーロ」という製品や、クリニックがオリジナルで調剤した「デュタステリド配合内服薬」など様々な種類がありますが、フィナステリドと同じく初期脱毛は起こらないとされています。

初期脱毛が起こるしくみ

前述した通りAGAの治療薬は数種類ありますが、初期脱毛は主に有効成分の「ミノキシジル」によって起こります。処方されたミノキシジルが体内で効果を発揮しだすと、細胞のアポトーシス(細胞死)が抑制されるため、短縮されていたヘアサイクルの周期が正常に戻っていきます。すると新しく健康的な髪の毛が成長を遂げ、元々生えていた細く弱い髪の毛を押し出していきます。この古い毛が抜けていく現象こそが、「初期脱毛」なのです。

初期脱毛は一見、AGAの症状と同じような脱毛現象なので、症状が出始めると「薬が効かなかった」などと勘違いし、治療薬の使用をやめてしまう方も多いといいます。しかしこの段階で治療薬の使用を中断すると、また元の短いヘアサイクルに戻ってしまい、アポトーシスの抑制が止まってしまいます。 初期脱毛は通常のAGAの症状よりも早いスピードで一気に抜けるため、驚く方も少なくないでしょう。しかし、ミノキシジルの服用や外用で起こった初期脱毛の場合は、“古い毛が抜け落ちることで新しい毛が生えてくる準備が整った”という証拠。つまり髪の毛が生え変わっている状態なのです。

初期脱毛はいつまで続く?

初期脱毛が始まる時期は、早い場合でミノキシジル使用開始から10日前後と言われており、そこから4週間ほど続くのが一般的です。前述の通り、これは薄毛治療薬の効能が正しく機能していることの表れ。正しいヘアサイクルを取り戻すための大切な準備期間でもあります。しかし医師の指導のもと頭皮環境を万全にして薬を使用しているのにもかかわらず、初期脱毛が2ヶ月以上続く場合や、頭部全体の毛量が短期間で大幅に減ってしまった場合、初期脱毛の他に何らかの原因がある可能性も高いので、一度医師に相談してみましょう。

初期脱毛が終わると、通常のヘアサイクルに戻って生成された新しい髪の毛が、産毛のように生えてくるはずです。そのため、初期脱毛が起こり始めたら、今度は次に生えてくる髪の毛をいかに健康な髪へと導くかを第一に考えるようにしましょう。医師の指示に従い、体の内側と外側の両方からきちんとしたアプローチをして、今後生えてくる新しい髪の毛が成長しやすい頭皮環境を作っていくように心がけましょう。

初期脱毛を防ぐ方法は?

初期脱毛がいくら薬効が出始めた証拠であるといっても、薄毛や抜け毛でお悩みの方にとって、髪の毛が抜けるということはとても不安なことです。しかし、AGAの改善効果が高いとされているミノキシジルの治療薬を使用する場合、現段階では残念ながら初期脱毛を防ぐ方法はありません。

一方でミノキシジルの外用薬であれば、比較的初期脱毛も少ないであろうことが考えられます。外用薬の場合、内服薬と同じ有効成分であっても、体内への吸収率が低くなるため、効能も穏やかになり、初期脱毛のような副作用も起きにくいと考えられます。

内服薬での治療が良いのか、それとも外用薬の治療が良いのか、そのメリット・デメリットをしっかりと理解した上で、ご自身に合った治療法を見出していきましょう。

初期脱毛はあくまで一時的なもの!

AGA治療を行い、発毛の有効成分「ミノキシジル」を使用することで起こってしまう初期脱毛。これは、AGAの肝であるヘアサイクルを改善する上で切っても切り離せないものです。しかし初期脱毛は一時的なものであり、その時期を乗り越えた先には、新しい髪の毛が生えてくるという希望があります。元気な髪の毛が生えてきて、新しい髪型にもチャレンジできる。そんな楽しい未来を想像しながら、ぜひ前向きに初期脱毛を乗り越え、AGA治療を続けてみてください。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)でもミノキシジルの内服薬や外用薬の処方を行なっております。当院は医師による診察や相談が初診に限らず何度でも無料なため、治療開始後の初期脱毛などの不安やお悩みがある場合でも気軽にご来院していただくことができます。AGAは地道な治療で改善していくものです。当院では治療中の患者様の不安が少しでもなくなるように、改善まで寄り添っていければと願っております。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について