このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】レーザーで薄毛治療? 「LLLT(Low level laser therapy)」の育毛効果を解説

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛には様々な治療法があるとされており、最近ではレーザー照射が育毛に作用するという研究結果が出てきています。レーザーには様々な種類が存在しますが、中でも育毛に効果があるとされる「低出力レーザー治療」はFDA(アメリカ食品医薬品局)にも認可されており、アメリカでは家庭用の低出力レーザー育毛器が販売されているほど浸透している治療法です。

また一方では、赤色LEDを使用した育毛効果の研究も進められており、まだ医学的な薄毛治療法としては確立されていないものの、今後の更なる研究には期待が持てるとされています。そこで今回のAGAタイムスでは、レーザー照射による育毛効果についてを詳しく解説します。

薄毛を改善する「低出力レーザー」とは?

レーザーには様々な種類があります。一般的に知られているレーザーメスやレーザーガンは、核融合や組織を焼く際に使用され、人体に何らかの影響を及ぼすほどの威力があるとされる「高出力レーザー」と呼ばれるものです。一方で薄毛改善に用いられるレーザーは、出力数が非常に弱い低出力レーザーです。低出力レーザー治療はLLLT(Low level laser therapy)とも呼ばれており、薄毛治療以外にも様々な医療に応用され、鎮痛などの用途においても実績があります。

低出力レーザーによる薄毛治療の具体的な効果は、低出力レーザーを頭皮に照射することによって血行を促進させると同時に、毛母細胞の活動を活性化させることです。この低出力レーザーによる育毛効果は医学的にも証明されており、薄毛治療としても確立した治療法になりつつあります。

FDAに認可された低出力レーザー治療(LLLT)

薄毛の低出力レーザー治療がアメリカで周知されている理由は大きく分けて2つあります。FDA認可の実績と、副作用が極めて少ないということです。FDAはこれまでに薄毛改善が期待できる治療薬として「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」を認可してきました。世界的にも信頼性の高いFDAが認めた成分は非常に少ないため、現在これらが薄毛治療の主要薬剤となっています。そして、薬剤の他にFDAが十数年前に認めた治療方法の1つに低出力レーザー治療があります。国内ではあまり馴染みがないかもしれませんが、海外では広く知られている薄毛治療法の一種といえます。

また一般的に発毛や育毛に効果があるといわれるフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルには副作用が起こる可能性があります。どの副作用についても発症は極稀とされていますが、湿疹やかぶれなどといった軽度なものから、内臓機能の障害、男性機能の低下などといった重篤なものまであります。薄毛治療に限らず医薬品を使用する場合には少なからずリスクが伴います。その反面、レーザー治療は体内に薬剤を直接取り込む治療ではないため、副作用のリスクが少ないといえるでしょう。

赤色LEDと育毛の関係

海外では低出力レーザー治療が広く知られている中、日本では赤色LEDを使用した育毛効果の研究が進められています。ここではマウスを使った赤色LEDの実験結果をご紹介します。

【実験概要】
◯マウスの背中の毛を剃り、週3回のペースでLEDの照射を行った。
◯照射を続けて18日後と22日後に毛の成長面積を比較したところ、LEDを照射していないマウスに比べてLEDを照射したマウスは毛の成長面積が増加していた。
◯別の実験では培養したヒトの毛乳頭細胞にLEDの照射を行ったところ、いくつかの種類の成長因子の増加が認められた。

これらは臨床実験のデータではないため確証は得られませんが、少なくとも育毛効果がみられたことは確かだといえます。また研究者らは「この先も研究を続けることで毛乳頭細胞で起こる毛成長メカニズムの詳細が解明されていくかもしれない」と今後の可能性を示しています。

女性専用の薄毛治療について

低出力レーザー育毛器は個人での購入も可能

FDAに認可された低出力レーザー育毛器の中には、家庭用に作られ一般販売されているものもあります。そのため誰でも簡単にFDA認可の低出力レーザー育毛器を購入することができます。薄毛治療専門のクリニックでもレーザー治療を扱うところは増えていますが、クリニックなどでレーザー治療を受けると1照射あたりで費用が発生する場合もあるため、治療が長期間に渡るほど金銭的な負担が大きくなる可能性があります。価格や通院不要の手軽さを考慮するならば、家庭用低出力レーザー育毛器を用いる方が利便性が高いといえるかもしれません。

豊富な種類の家庭用レーザー育毛器

家庭用のレーザー育毛器は色々なタイプのものが販売されており、比較的安価ものから高額なものまで価格帯も様々です。また頭にかぶせるだけのヘアバンド形状のものや、ブラシ型で頭部を撫でるようにして使用するものまで多様な種類が販売されているため、ライフスタイルに合わせて使いやすいものを選ぶことができます。

一般販売されている家庭用の低出力レーザー育毛器は効果が懸念されがちですが、臨床実験の結果、効果が実証されたFDA認可の機器を正しく継続使用していけば育毛効果を期待できるでしょう。

一方、FDA認可を得ていない家庭用レーザー育毛器は効果の根拠が乏しいため、購入をご検討の際はFDA認可製品の選択をお勧めします。

薄毛や育毛の相談はまずクリニックへ

薄毛が気になり、何か育毛できる方法はないかと模索している中で低出力レーザー治療を見つけた方も少なくないでしょう。成人男性の場合、薄毛に悩む人のほとんどがAGA(男性型脱毛症)だといわれています。AGAの場合でも低出力レーザー治療で育毛が促進されることはあります。しかしAGAによる薄毛や抜け毛を根本から改善し、発毛を促すためには内服薬による治療が効果的とされています。AGAは主に男性ホルモンによって抜け毛が誘発されるため、男性ホルモンに働きかける治療薬が有用となるのです。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛治療専門の病院です。AGA治療の経験が豊富な医師が在籍しており、AGAを根本から改善するための内服薬などを取り扱っております。また当院では、低出力レーザー治療は内服薬治療と併用することでより高い効果を発揮する可能性があると考えており、今後は低出力レーザー治療の導入も検討しております。薄毛のご相談に気軽にお越しいただけるよう医師による診察や相談は無料で行なっておりますので、薄毛が気になり治療を開始したいとお考えの際は、ぜひ一度当院へお越し下さい。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について