このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】毛母細胞が髪の毛を作る! 毛母細胞を活性化させる方法とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛には成長のメカニズムがあり、1本1本で髪の毛が生え抜けていく周期(ヘアサイクル)も異なります。そもそも髪の毛は、頭皮内部の毛乳頭より栄養素や成長シグナルを得た毛母細胞が細胞分裂を行って生み出され、角化されたものです。

頭皮から表面に出ている髪自体は死滅している細胞で作られていますが、髪の毛を作る役割を持った毛母細胞を活性化させることは育毛にも大きな影響を与えると考えられます。

そこで今回のAGAタイムスは毛母細胞について、また毛母細胞を活性化させる方法についてご紹介します。

髪が生えるメカニズムとは

髪は皮膚の上に出ている「毛幹部」と、皮膚の下に埋まっている「毛根部」に分けられ、毛根部の中で細胞分裂を行っている部分を「毛球」といいます。毛球の中心には髪に栄養を届ける「毛乳頭」が存在し、さらに毛乳頭の中にある「毛乳頭細胞」は毛乳頭の周りにある「毛母細胞」に対して「発毛シグナル」を出します。

発毛シグナルを受け取った毛母細胞は細胞分裂を繰り返すことで徐々に表皮へと押し上げられ、角化作用が働くことで髪の毛を生み出しているのです。

毛母細胞の働き

髪の毛が成長するためには他の細胞と同様に十分な栄養が欠かせません。食事などによって摂取した栄養素は、胃や腸で吸収されたのち血液によって全身に運ばれます。毛細血管を通って運ばれた栄養素や酸素は毛乳頭細胞に供給されます。発毛や育毛に必要な栄養素や酸素を受け取った毛乳頭細胞が発毛シグナルを毛母細胞に送ることで、毛母細胞は細胞分裂を行い髪を育てるのです。

全身に張り巡らされる細胞の数は数十兆にもおよびます。これらの細胞の動きは加齢とともに老朽化していくといわれていますが、毛母細胞も同様です。また加齢以外にも細胞の活動はストレスや食生活の乱れなどが要因で低下する恐れがあります。そのため毛母細胞など体内の細胞の老化を早期に進行させないためには、これらの生活習慣が関わる部分を改善することも効果的だと考えられています。

毛母細胞を活性化させる方法

毛母細胞を活性化させる方法の一つとして考えられているのは生活習慣の改善です。生活習慣は少しの心がけで改善できる場合があります。細胞の活性化は育毛にも最適な健康体を維持していくためにも効果的だと考えられます。ここでは毛母細胞の活性化が期待できる改善策を2つご紹介します。

1. 血行促進

髪の毛の成長に必要な栄養素や酸素は血中に吸収されて全身に運ばれます。しかし血流が悪くなると頭皮の毛細血管に十分な栄養が毛乳頭に届きにくくなり、毛母細胞の働きが低下する恐れがあります。血行不良の原因は様々ですが、運動不足あるいは脂質の高い食事への偏食は血行不良を招く可能性が高いといわれています。そのため適度な運動やバランスの良い食生活を心がけることで血行不良を予防できると考えられています。また頭皮の血流を直接促す「頭皮マッサージ」も血行促進の効果が期待できるといわれていますが、あまり強くマッサージをしてしまうと頭皮にダメージを与える恐れもあるため注意が必要です。

2. ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整えることは体の様々な細胞の活性化に繋がりますが、過度なストレスによる自律神経の乱れはホルモンバランスに悪影響をおよぼす場合があります。ホルモンバランスの乱れは、毛母細胞の働きにも影響を与える恐れがあるため、自律神経を整えホルモンバランスを正常化させることが大切です。体を動かしたり体をリラックスさせる状態をつくることで、ホルモンバランスが整い毛母細胞の活性化にも繋がるでしょう。

また、体内機能の活性化や髪の毛の成長を促す成長ホルモンは睡眠時に最も分泌されやすいことがわかっています。成長ホルモンを促すには十分な睡眠時間と質のよい睡眠が効果的なため、毛母細胞を活性化させるためにも毎日の睡眠の質を意識してみるとよいでしょう。

AGA治療で毛母細胞を活性化

毛母細胞の活性化は育毛にも良い影響を与えるとされていますが、生活習慣や健康状態に問題がないにも関わらず髪の毛のボリュームが減ってきた、抜け毛が増えてきたという場合は「AGA(男性型脱毛症)」を発症している可能性があります。薄毛に悩む男性の多くが影響を受けているといわれるAGAは、髪の毛が十分に育たなくなり脱毛してしまう疾患です。AGAは内服薬や外用液などの治療薬の使用で改善が見込めます。AGA治療薬は主にヘアサイクルの正常化や毛母細胞の活性化を行い、正常に髪の毛が育つように症状を改善していきます。

東京秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、各種AGA治療薬を取り揃え、患者様のご希望や症状の度合い、体調面に合わせた治療プランをご提案しています。カウンセリング、診察は何度でも無料で受けられますので、ぜひ一度当院へご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴