このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】フィナステリドよりもデュタステリドの方が効果的? その理由とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

これまでAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用されてきたフィナステリド。フィナステリドは一般的に「プロペシア」と呼ばれ、AGAに対する治療・予防としてこれまで広く使用されてきました。しかし、最近ではAGAの治療にはフィナステリドよりもデュタステリドの方が効果的ということが分かってきています。では、なぜデュタステリドの方が効果的なのでしょうか?

今回のAGAタイムスでは、フィナステリドとデュタステリドの特徴などを、AGAのしくみと合わせて解説します。

AGAのしくみや発症の原因

AGAとは「Androgentic Alopecia」の略で、日本語で男性型脱毛症と言います。主に男性ホルモンのバランスが乱れるなどの影響によって薄毛が進行する症状のことを指します。

【1】AGAの仕組みと特徴
・成長期(約2〜6年)……毛乳頭細胞が活発に働いて毛母細胞が細胞分裂をしながら髪が成長する時期
・退行期(約2週間)……髪の毛の成長がストップする時期
・休止期(約3〜4ヶ月)……次の髪の毛の素(毛芽)が発現するまでの準備時期

髪は上記のような3つのサイクルを繰り返していますが、AGAを発症するとこのサイクルが短くなってしまいます。そうなると髪が十分に成長していない細くて短い髪が目立ったり、徐々に薄毛が進行してしまったりします。

AGAによる薄毛の進行には大きく分けて3つの特徴があります。1つ目は前頭部から進行するパターン、2つ目は頭頂部から進行するパターン、3つ目は前頭部と頭頂部の両方から進行するパターンです。女性の薄毛(FAGA)は髪が全体的に細く薄くなっていくのに対し、AGAは一部分の髪が薄くなっていくという違いがあります。

【2】AGAの主な原因
AGAの主な原因は、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という悪玉の男性ホルモンです。この物質は、体を健康に保つために必要な「テストステロン」という男性ホルモンが、「5αリダクターゼ」という還元酵素によって変換されることによって発生します。このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞に作用してヘアサイクルを短くしてしまうことで、AGAを発症します。

このほかにも、ストレスや偏った食生活、運動不足、睡眠不足といった生活習慣の乱れが、AGA発症の原因に繋がることも。AGAでお悩みの方は専門的な治療を受けると同時に、日頃の生活習慣も改善すると良いでしょう。

《詳しく知りたい方はこちらをご覧ください》

▶ 脱毛のしくみについて

5αリダクターゼI型・II型

テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があり、それぞれで分布している部位や特徴が異なります。

5αリダクターゼⅠ型は「皮脂腺」に多く存在します。皮脂腺とは、文字通り皮脂を分泌する器官のことで、主に皮膚の潤いを守る役割を持っています。そのため、皮脂が多く出る人は、5αリダクターゼI型による影響が高いと言えるでしょう。

5αリダクターゼⅡ型は、前立腺や頭頂部などの「毛乳頭」に多く存在しています。毛乳頭とは、頭皮の毛細血管と繋がっている部分のことで、主に髪の司令塔のような役割を持っています。Ⅱ型の影響を強く受けている人は、ヒゲや腕の毛、足の毛などの体毛が濃い傾向にあり、いわゆる「M字ハゲ」や、頭のてっぺんから薄くなる「つむじハゲ」の薄毛が多いようです。

フィナステリドはⅡ型にしか効かない!?

AGAは主に5αリダクターゼⅡ型に関係していると言われていますが、I型によって引き起こすケースもあり、フィナステリドが効かない人もいるのが現状です。これは、フィナステリドが5αリダクターゼⅡ型しか阻害できないという側面を持つことに起因します。

デュタステリドは5αリダクターゼI型・II型の両方に効く!

デュタステリドは、2001年にイギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン」によって発表された、比較的新しいAGA治療薬です。

デュタステリドはフィナステリドと異なり、5αリダクターゼI型とⅡ型の両方を阻害する働きを持っています。また5αリダクターゼⅡ型に対してもフィナステリドより強い抑制作用があるとされ、海外の研究では「フィナステリドよりも約30%高い発毛効果が得られた」という報告も。そのため、フィナステリドでは効果がなかった人に対しても非常に効果的な治療薬と言えるでしょう。

日本では2015年デュタステリドが含まれる「ザガーロ」が厚生労働省の認可を受けたため、これからますます普及されると予想されています。

デュタステリドの処方は専門クリニックで

これまで説明した通り、AGAの治療にはフィナステリドよりもデュタステリドを使用した方が効果的です。もちろん、フィナステリドも5αリダクターゼⅡ型が原因のAGAには効果があるため、まずはじめはフィナステリドを処方してもらうのもひとつの選択肢です。ただ、I型とⅡ型の検査に伴う時間や費用、治療薬としての効果をふまえると、最初からデュタステリドを処方してもらうのがベストと言えるでしょう。

ここで注意しておきたいのが、デュタステリドを扱っている病院は全国的にまだまだ少ないということ。外来の一つとしてAGAを取り扱っているような場合、デュタステリドを処方してもらうことは難しいかもしれません。しかし、AGAを専門に扱っているクリニックであれば取り扱いをしている場合が多いので、AGAでお悩みの方は専門クリニックに相談することをお勧めします。

デュタステリドは個人輸入のサイトを経由すれば、専門のクリニックを受診せずとも手に入れることが可能です。しかし、この方法は医師の診断を受けずに行う非常にリスクの高い方法でもあります。薬が体質に合わないという危険性もあるため、個人輸入は避けた方が良いでしょう。

東京・秋葉原にある薄毛治療専門の病院「AGAヘアクリニック(以下、当院)」ではデュタステリドを用いたAGA治療を行なっています。医師による診察や相談は何度でも無料なため、デュタステリドの効能やフィナステリドとの比較など治療薬の詳細が知りたい場合でも、お気軽にご来院していただけます。国内でも推奨されている治療薬のデュタステリドは医師の処方による購入をお勧めしております。個人輸入をお考えの方もぜひ一度当院へ無料診察にお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について