このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】薄毛の予兆!? 軟毛化現象の症状と原因とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

「最近髪の毛がうまくセットできなくなってきた」「ハリがなくなったように感じる」「以前より髪が細くなったかも……」と感じるようになってきたあなた。もしかしたら髪の毛の“軟毛化”が始まっているのかもしれません。

男性の場合は部分的に、女性の場合は全体的に軟毛化するといわれています。特に男性に起きる軟毛化は“AGAの初期症状”ともいわれており注意が必要です。今回のAGAタイムスは、AGAや薄毛の初期症状とされる軟毛化現象の症状と原因、予防法についてご紹介していきます。

AGAのメカニズム

成人男性に多くみられる脱毛症の一種、AGA(男性型脱毛症)。AGAの主な原因は男性ホルモンや遺伝と考えられており、AGA自体は治療が可能な薄毛としても知られています。

AGAはテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質になることから始まります。このDHTは、「アンドロゲンレセプター」と呼ばれる受容体と結合し、髪の毛を育てる毛母細胞の細胞分裂を抑制してしまうため、その結果徐々に薄毛になっていきます。

本来であれば髪の毛は成長したあと活動を終えて脱毛します。するとその後にまた新しい毛母細胞が産まれ、毛乳頭細胞から養分をもらい、毛母細胞が細胞分裂によって髪の毛を生成するという成長サイクルに入っていきます。しかし養分を送るはずの毛乳頭の受容体にDHTの蓋がかぶさると、髪の毛の生成が阻害されてしまいます。その結果、十分に成長していない細く短い毛、つまり軟毛が多くなり薄毛が目立つようになるのです。

軟毛化とは?

通常のヘアサイクルは大きく3つの周期に分けられます。まず毛母細胞が分裂を繰り返し髪の毛が成長する「成長期」があり、その後髪の成長が徐々に止まっていく「退行期」に入ります。そして最後の「休止期」に入ると髪の成長がストップし、下から新しく生えてくる毛によって、古い髪の毛が抜け落ちていきます。これが髪の毛が抜ける一連のサイクルです。

ところがヘアサイクルが短くなると新しい毛母細胞がどんどん作られます。すると、毛根を保護している「毛包」がどんどん小さくなっていきます。この現象は“毛包のミニチュア化”と呼ばれており、毛包が小さくなることで髪の毛一本一本に栄養が行き届きにくくなってしまいます。すると毛根や髪の毛が成長しづらい状態になり、この状態のまま退行期や休止期に突入してしまいます。その結果、ひょろひょろとした弱々しい髪の毛が生えてくるようになるのです。このようにヘアサイクルが短い段階の髪の毛が増え、この状態が「軟毛化」といわれる現象です。

軟毛化が起きると「髪の毛にハリやコシがなくなる」「抜け毛の量が増えはじめ髪全体のボリュームが少なくなる」といった症状を実感する人が増えます。その原因は主にDHTの増加によるものです。しかしほかにも偏食や睡眠不足、運動不足なども要因になるといわれています。こうした生活習慣の乱れが自律神経の異常などを生じさせ、結果として頭皮環境全体の活力が低下し、軟毛化が起きやすい状況になってしまいます。もし生活習慣が乱れがちで、かつ軟毛化の症状に心当たりがある人は、一度ご自身の生活スタイルを見直してみるとよいかもしれません。

軟毛化はAGAの前兆だった!

AGAはその症状の状態によって大きく7段階に分けられます。これを「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼び、AGA治療の際に進行度をはかる基準として用いられています。

まずⅠ型の症状は、見た目には問題のない程度に生え際が後退するといったもの。髪型によっては非常に気付きにくいため、AGAの初期症状が現れている自覚がない人もいます。

次にⅡ型の症状として現れるのが“軟毛化”です。Ⅰ型で起こる生え際の進行に加え、髪の毛からハリやコシがなくなる、髪全体のボリュームが減っていくという症状が出てきます。また軟毛化だけでなく頭頂部が脱毛するO型、額から脱毛するM型も目立つようになり、この段階で気付き始める人も多いようです。

Ⅲ型では額部分が徐々に後退してくる状態になります。また頭頂部の脱毛が進行してきている段階をⅢvertexと呼びます。このようにⅢ型ではAGAの特徴でもあるO型とM型の薄毛が顕著に現れはじめ、他人からも変化に気付かれるようになる段階です。治療されるのであればⅢ型までに開始することをおすすめします。

Ⅳ型では頭皮部分の面積がより広くなってきたと感じるようになります。ただし生え際と頭頂部は分かれている状態です。髪の毛が徐々に減ってしまっており、治療効果が出にくくなってきます。

Ⅴ型では脱毛範囲がさらに広がり、AGAがかなり進行している状態です。生え際と頭頂部がかろうじて分かれている状態になります。この段階まで達してしまうと、人によっては治療効果を実感しにくくなるでしょう。

Ⅵ型、Ⅶ型になると額と頭頂部の薄毛が完全につながり、どのタイプの脱毛症か判断しにくいほど薄毛部分の割合が大きくなります。発毛が難しくなるため、薄くなった部分に人工的に髪を増やす増毛という方法を選ぶ人も増えてきます。

また欧米人向けであるハミルトン・ノーウッド分類を、日本人向けにアレンジした「高島分類」という分け方も存在します。高島分類ではⅡ型vertexという分類が追加され、日本人に多く見られる「生え際の進行はほとんどなく、頭頂部に若干の透けがみられる程度」の症状がこれに該当します。

このようにAGAの症状を段階的に見ていくと、Ⅱ型の症状として現れる軟毛化の時点で、早めに治療を始めることが賢明な選択といえることがよくわかります。

軟毛化が始まった!これ以上の進行を防ぐには?

「最近髪の毛にハリがなくなった」「髪全体のボリュームがダウンしてきた」など軟毛化の症状が現れ始めたら、一度AGAの可能性を疑ってみてもよいでしょう。基本的に薄毛治療を行う場合、髪の毛がまだ生えている状態でスタートした方がより効果を実感しやすくなります。軟毛化は「まだ髪の毛がたくさん生えているけれども、細くなってしまっている」状態。髪を太くする治療を行えば、髪の毛が健康な状態に戻りやすく、効果も出やすいとされています。健康な髪の毛を長く保つためにも、軟毛化の自覚症状がある場合は、できるだけ早くAGA治療の専門クリニックで診てもらうことをお勧めします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、AGA治療薬を各種取り揃えております。AGAの予防から改善まで、患者様の状態やご希望に合った治療プランをご提案します。ご相談・診察はいつでも何度でも無料ですので、是非当院へご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について